「那須に」

和泉短期大学後援会の主催の親睦旅行で、11人の参加者を得て、那須に行ってきた。大型タクシー2台を使用し、朝7時30分、海老名出発。

まず、私としては開通したばかりの圏央道に興味があった。海老名集合で東北道に向かったが、相模川沿いの実に景色の良い道に感動していると、あっという間に八王子ジャンクション。今まで16号の混む道路を走っていた時と比べ、中央高速にこんなに早く入れるのに感動だった。(そのあと、トンネルが続くのは残念だったが)

さて、行先の第一は、那須ステンドグラス美術館。イギリスの中世の貴族の館をモチーフに建てられた石造りの建物。工法まですべて本物にこだわって建てられているとか。そして館内には、礼拝堂が3つ。といってもそこで教会の礼拝が行われるわけではなく、いわゆる結婚式場である。ちょうどその一つで結婚式が行われており、すべて公開!パイプオルガンのすぐ横で、奏者の見学も。いや、演奏を楽しむこともできるという、そこまでの公開ぶり。礼拝堂には1800年代中心のアンティークステンドグラスが配され、壁一面のステンドグラスは、特に圧巻だった。
この美術館の館内は、ステンドグラスの光とアロマの香り、美しい造形物、パイプオルガンやオルゴールの音色があり、そして那須のやわらかな風に包まれた空間で、「五感を楽しむ」というコンセプトであった。ナルホド。

行先の二つ目は、藤城清冶美術館。影絵の世界、ひっくり返して言えば、つまり、光の世界に足を踏み入れ、目を見張った。その美術的価値、センス、遊び心。どれもが満足いくものであった。私が特に一番驚いたのは、男性トイレである。扉を開けた瞬間、私は「おっと」と足を引っ込めてしまった。なぜなら、床の黒いタイルに天井から白い照明が当てられ、そして、トンボの絵が映されていた。床がまさに大空のようで、その大空に吸い込まれる錯覚を覚えたのだ。美術館の建つ場所は、小川の流れる林の中。那須の自然に溶け込んだ、つまり、自然もまた展示にしたような志向に、感動であった。
聖書(創世記)に、「神は言われた。『光あれ』」とある。光は神の最初の被創造物であったことを思うと、この光を私たちが意識することはとても大事なことで、その作品には当然のことながら最高の価値があると感じた。今回は、2館を訪問したが、那須の自然の中で「光」を感じ、受け止め、楽しむという共通点があった。
残念なことは、ツアーに参加した一人が、絵葉書売り場で、「創世記の作品はありますか?」とお尋ねしたら、スタッフが、食べ物の作品を持ってきてくださったこと(「ソーセージ」と勘違いしたようである)。キリスト者の作者にある精神的な背景をある程度ご存じの上で館内の案内にかかわってほしいと思った。皆さんに愛される、より良い美術館になってほしいと願って美術館を後にした。林の中にある駐車場は、満杯であった。

帰宅は、連休最終日ということもあってか(ニュースでは自然渋滞とは言っていたが)混雑し、海老名に9時40分頃の到着であった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-09-16 11:15 | Comments(0)

「うしおだ発電所稼働」

我が家も、ついに太陽光発電にした。
稼働して1年は見ないと確かなことは言えないが、設備費のためにこれから15年間は電気代に換算すると月々1万円アップすると思われる。しかしその後は電気代がはるかに安くなるのは間違いない。それよりも何よりも、自家発電により、原発を推進する東電から電気を買わなくて済むというだけでも、気分は晴れやかである。
「うしおだ発電所」の稼働である。
f0086426_10211948.jpg

f0086426_10263939.jpg

この二つの写真は、8月8日(曇り)朝8時頃撮ったものである。
上は、左側の太陽光発電量0.8キロワットに対して、家の使用量は0.1キロワット。差引き0.7キロワットを東電に売りつけている(笑)ということを示している。
しかしなぜ家の使用料が(朝8時頃だというのに)0.1キロワットとこんなに低いのかと言うと、下の写真のように、実際は家では1キロワット使っているが、「電池」から、0.9キロワット供給されているからだ。そう、蓄電池併用システムなのである。夜間、安い電気を蓄電池に溜めておいて、昼間にそれを使っているのだ。結果、太陽光発電から0.1キロワットもらうだけで、家の電気は賄えている。曇りの日、太陽光発電が0.8キロワットと低い時でも、東電に0.7キロワット売ることが出来る、というわけだ。
まあ、冬場、太陽光が不足するとこんないうまくは行かないし、蓄電池の能力も半日分くらいだろうから、年間を見ないと、何とも言えないわけであるが。さしあたって、「得」することは、何も考えていない。設備費での支出の方が大きいだろう。しかし、東電から買いたくない、という一点を目的にしている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-08-08 10:15 | Comments(0)

f0086426_1814527.jpg


あはは、、これが今年の収穫。
う~ん、ぶどう作りは難しい。まあ、手間もかけなかったから、当たり前かもしれないが・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-08-02 18:15 | Comments(0)

「南房総に一泊」

安房自然村に一泊旅行で行ってきた。

南房総に行くのは、全員、今回が初めて。だれも土地勘なく、イメージがわかないまま、仲間と5人、連れだって、行きはアクアライン、帰りは東京湾フェリーを使って東京湾を一周するかたちの旅行。山の中の洞窟を通って行くめずらしい温泉に感動し、ゆったりしたホテルの和洋室の部屋に感動し(施設の維持管理の面では難点あるが)、何もない南房総に感動(?)し・・
忙しい毎日の中、何もない南房総に足を運ぶのも、よかったのかもしれない。箱根など、次はどこの美術館、次はどこに行こうかと忙しいが、ここは、本当に何もない、のだから。期待した南房パラダイスは、改修工事中のオチ。
行きの昼食は、観光案内で「さとみ」と決めていた。そろそろ右側に、と探していたが、「今、あったみたい」と、その文字を見つけたのは、どう見ても「う~ん」という店。観光案内になければ、横浜から来て食事でここに入ろうなどとは決して思わない外観。入ってみれば、味はよし。お昼時は過ぎているのに、次々、お客さんが来る。見かけにはよらないものだと。教訓をいただいた。
f0086426_1836799.jpg

f0086426_528880.jpg

f0086426_22162842.jpg

f0086426_22165976.jpg

http://www.awa-shizenmura.jp/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-06-10 18:29 | Comments(0)

「久しぶりの箱根」

中会会議が終わり、ちょっと開放的になろうと、また娘のお付き合いも兼ねて、ずいぶん前から予約しておいた箱根に出かけた。
この写真は泊まった塔ノ沢温泉「一の湯」の裏山、塔ノ沢駅に行く途中である。塔ノ沢温泉はちょっと階段を登っただけでこの絶景ポイントがあるので(下の方に温泉街の屋根が見え隠れする)、箱根の中でも大好きな場所。紅葉見ごろで、娘と写真を撮りまくり? これじゃ撮影会だね、と。
夜は前線通過で大荒れだったようだが、早川の渓流沿いの宿では大きな流れの音でかき消され、雨の音はまったく分からなかった。朝はすっかり晴れ渡り、気分転換の一泊二日。忙しかった自分へのプレゼントだった。

予約する時はここが空いている週のはずだったが、あとからどんどん入って来る予定で、結局、お休みを取ると自分の首を絞めることに・・パソコン持ち込みながらの箱根であった。
f0086426_17245764.jpg

f0086426_17364680.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-11-27 17:33 | Comments(0)

「枝おろし」

気分転換には効果てきめんだった。枝おろし作業のことである。
我が家には2階の屋根に届く大きな木、樫、タイサンボク、ヒマラヤスギ、ヒバなどが8、9本ある。この枝下ろしが毎年、問題である。植木屋さんに頼むと、年間13~4万円もかかる。今まではそうするしかなかった。
少し前に工具を購入したことを書いたが、この調子がすこぶる良い。電気ノコギリで枝おろしする。非常に具合がいい。木の上で、片手を伸ばした先の細い枝、太い枝、とにかく片手で切り落とせる。そして、落とした枝はシュレッダーで粉砕していく。結構太めの枝でも、この機械は、葉が付いたままの枝をばきばきとチップにしていく、この気分の良さ。そうだ、気分転換だ。最近、月曜日の午前中は、木に上り、枝をおろしては粉砕して、スカッとしている。最初体全体が痛かったのが、2週目からは痛くなくなった。体を動かすので、運動不足にも効果がありそうだ。
持つべきは、工具だった。ノコギリでギ~コギ~コとやっていたら日が暮れる。枝の処理をもたもたやっていたら、夜になる。翌朝はごみ置き場は枝の山。紙を貼られて置いて行かれ、あたふたするのが関の山。しかし、今は一瞬の処理でチップになり、庭にばらまかれている。

before / after
手前は枝おろし前、奥が枝おろし後の木。
f0086426_10231819.jpg

(後の写真は、後日掲載)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-11-12 18:00 | Comments(0)

「大島の災害」

台風26号のための土砂災害で、伊豆大島、元町で甚大な被害が出た。10月16日のことであった。2週間が経つ。
教会員の一人が大島元町出身であるが、その後、お父さまと、妹さん2家族が住んでおられることが分かった。お話を聞いて行くと、津波の心配はあった。しかし、山からの土砂災害は考えていなかったと。ご実家は、もし今のところに引っ越してなければ、流されていたところにあったそうである。その家に住んでおられるお父さまは、無事ではあったが、災害直後に心筋梗塞になられ、一時、周りの人はもう、なくなったと思ったそうだが、幸い一命はとりとめ、以後、病院のお世話になっている。
一人の妹さんのお宅は、窓を開けたら土砂が家の周りを流れているので必死で二階に逃げたが、結局、床下まで土砂で埋まった。土砂は家族でかき出したが、あの時の怖さが焼き付いて、今になって自律神経に変調があるらしいとのこと。
もう一人の妹さんの家は特に被害はなかったが、しかし危険区域に指定されたため、今後、引っ越しをせざるを得ないとのことだ。
支援も、ボランティアとか、東日本大震災の時のような盛り上がりがない。後から聞いた話では、支援物資も、必要としている人のところには届いていなかった、とか。島の人は、良くも悪くも、人に迷惑をかけてはいけないという思いが強いらしく、愚痴は何も言わないそうだ。ぐっと感情をおしこめている、と。
知り合いがいなければ、災害の実情はなかなか分からない。いや、本当は現地に立たなければ何も分からないことは、東北に何度か行って、感じたことである。

今、クリスマスに向けて何かプレゼントができないか、考えている。
FNNニュース

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-10-31 07:17 | Comments(0)

「植木の処理」

母親が電動のこぎりを買ってくれと言ってきた。家の周りのことが気になって仕方ないらしい。
母親は、95歳である。昨年、心不全で2度入院したが、その後は元気である。ただ、耳が聞こえないからと、それまで休まなかった教会の礼拝には行かなくなった。病院通いはするが、体は動く。家絵の周りの低木の手入れを盛んにしている。もちろん、電動のこぎりはとうてい無理で、危ないからダメだと言った。

ところで、我が家には屋根まで届く大きな木が何本かある。処理に困っていたが、もっと早く買っておけばよかったという優れ物に出合った。一つは、落としたその枝を軽々と粉砕してチップ状にしてくれるシュレッダー(粉砕機)。取り扱いが簡単で、音も静かというところがいい。25ミリは問題なくクリア。こんな太い枝でもいいの?という感覚。今までは枝を束ねてごみに出していたが、チップにしたものは、土の上にばらまいておけばよい。
もう一つは、先ほどの電動のこぎり。自分用に買ってみた。上のシュレッダーと同じく、ネットでは評価(口コミ)が出ているから、失敗しないためにまずそれを見て、この手のものでは一番高かったが購入。他社にはないAフレーム付。ザリガニみたいな形だが、これもまた、非常に使い勝手がいい。

問題は、木の枝を落とすには登らなければならない木があるわけで、今日は久しぶりに時間が空いたので一日その作業をしたが、しかし2本目までで体が動かなくなり、リタイア。足腰手足全部が、くたくたになった。例年、植木屋さんに頼んでいるが、日頃、運動不足の私には、やはり全部 自分でするには限界がある。それでもたまにこうした作業をするのは、健康的に(精神的に?)良いものだ。

(後日談 : 数日間、筋肉痛に悩まされる結果になった。)

f0086426_21181555.jpg

f0086426_6295356.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-10-28 21:10 | Comments(0)

「ぶどうの収穫」

教会の庭には、ぶどう、みかん、ゆずの木がある。
実がなる木があるというのは、楽しみがあっていい。ぶどうは、植えてもう5年くらい前になるだろうか、実がなるようにはなったものの、収穫はいまひとつである。日照の問題もあるが、手入れの問題もある。とても、房での収穫はできない。たべられそうな一粒一粒を集めるのである。それでも今年は、この数年の中では一番多く採れた(写真はその一部)。こうなってくると、来年が楽しみになってくる。来年は、1回分くらいの聖餐式には使えるようになるだろうか。

f0086426_2034819.jpg


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-08-12 20:43 | Comments(0)

「鳩のひな」

庭先の夏みかんの木に登って、みかんを取っていたら、そこに鳩の巣があった。いきなり目の前に現われた私を警戒して鳴いているようだが、ぎー、ぎーとかわいい声を出している。後ろに気配を感じて屋根を見ると、そこにいつからいたのか親鳥がいて、どうしていいかわからないような感じで行ったり来たりしている。「大丈夫だよ、いじめないから」。
巣の真上にも、みかんがある。熟して落ちたら巣を直撃しそうだ。その真上のみかんだけは、とりあえず取って、今年は周辺にある10個くらいは、そのままにしておこうと思う。
それにしても、そこは、わが家のまさに玄関先。天敵のカラスから卵を守るためには、人間のそばが一番良かったのだろうか。
f0086426_16142964.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-04-12 16:12 | Comments(2)