タグ:教会 ( 447 ) タグの人気記事

「おもしろい教会」

祈祷会に、しばしば会員(クリスチャン)でない方がこられる。
ほかには、牧師夫妻と会員が1人…そういう時が多い。
おもしろい教会だと言われる。
会員でない自分が祈祷会に出て、会員が祈祷会にいない。
しかし、それだけのことを言われたのではない。
今回、教会のプログラムで来日する青年たち(5人)のホームステイを受け入れた。
受け入れた…のは、皆、近所の家の人たち、つまり、会員ではない人たちであった。そのことを言われた時のことだ。おもしろい教会ですねえ、と。
そう言えば、他の教会から転会してきた方が、あるとき言われた。
前の教会は、会員だけが教会に来ていた。泉教会は、知らない人が、自分よりも教会のことは知っているようにして、日曜日になると来られる。(その人は、ネットワークの関係で平日によく教会に来られている方であった)「どっちが本当の教会?」と言われたことがある。

さて、本当の教会とはどっちだろう。

もちろん祈祷会に会員がいたほうがいい。
しかし、「おもしろい教会」がいい。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-07-20 02:09 | Comments(3)

「子どもとの出会い」

最近、外に出る機会が多いため、なかなか教会にいることができない。
きっと、子どもたち、来ているのだろうなあ…と思いつつ。
その子どもとの出会いも、伝道師がいてくれたので与えられた出会いだった。
かつて19年、教会に私たちは住んでいた。
マイナスもあった。家族に負担が大きかったのだ。
しかし、プラスもあった。
それは、子どもとの出会いという面だけではなかった。
どちらかと言われれば、即座に教会に住むことのほうを選びたい。

それを可能にするのは




[PR]
by rev_ushioda | 2006-07-17 11:36 | Comments(0)

「リッチな気分」

「アドイッシュ展」 あっという間に明日が最終日。
それにしても、あの空間といい、時間といい、何とリッチな贈り物を神さまはくださったことだろう。いつもの時間の流れとまったく違う、特異な4日間である。主催者は、十分、満喫できた。
また、
こうした機会に多くの協力者が与えられ、また多くの人との出会いも与えられ、ここでまた、泉教会という教会がどういう教会であるか、よく表わすことができたのではないだろうか。

パンフレットに、こう書いた。

「ADOISHU」(アドイッシュ)は、AD-O-ISH(U)と分解、Oをゼロと読むと「無」「混沌」となります。しかし、聖書では神の霊はその混沌の表にあったと記していますから、たとえ無、混沌であっても、そこから物語が始まることを、この文字列は意味しています。しかし、なぜ字余りの U が付いているのかは、後ろから読むと分かることになっています。

f0086426_10251380.jpg
f0086426_10252241.jpg


次の作品は、泉教会共同作品。細かい作業を何日も続けて仕上げた、泉教会の「宝物」である。
イエス様の顔は私がやります、なんて勢いで言っていたら、最後に残ったのが、そこだった。
せざるを得なくなった。仕上がったら、皆、自分のしたところが気になる。私も、である。

f0086426_10285266.jpg
f0086426_1029164.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2006-07-02 21:54 | Comments(0)

「adoishu展」

今月30日から7月3まで、4日間、教会ではいずみ中央のテアトルフォンテで、作品展「いずみADOISHU展」を開催する。
メイン作品は、K兄の作品「風が吹いて'06」。今年の第55回創型会展(上野)で、創型会賞に輝いた作品。
地元の彫刻家の作品を地元で紹介したいというのが、この作品展開催の動機であった。
その他、ジャンル、経験を問わない、様々な作品が集められる、めずらしい作品展である。
10時~6時(最終日は4時まで)ぜひ多くの人に来てもらいたい。
「ADOISHU」 とは、何か。
AD-ZERO-ISH (ゼロ、無から) という深い意味があるが、後ろから読むと、意外と、何かわかることになっている。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-06-07 09:47 | Comments(1)

「テーマソング 」

8月に行われる、アジア青年宣教大会のテーマソングが、次のURLから入って、"Psalm 117"を選ぶと、聞ける。
主題聖句である詩編117編を、英会話の先生、グレンさんが作曲したもの。

http://www.tokyobrother.com/2006/music

すべての国よ、主を賛美せよ。
すべての民よ、主をほめたたえよ。
主の慈しみとまことはとこしえに
わたしたちを超えて力強い。
ハレルヤ
(詩編117)
[PR]
by rev_ushioda | 2006-05-22 22:38 | Comments(1)

「大賞作品」

[画像]

これは、K兄の作品である。
作品は「風が吹いて’06」。
作品ではわかりにくいが、女性の髪が風に吹かれている。
氏は、創型会という会に所属して(同人)、永年にわたり創作活動を続け、今年、見事に創型会賞に輝いた。(第55回記念創型展、於上野、東京都美術館)
[PR]
by rev_ushioda | 2006-05-22 21:35 | Comments(1)

「説教準備スタイル」

30年近く、説教準備は手書きだった。
一年間、ワープロを使ってみたことがあったが、自分の原稿でないような気がしてやめた。

ところが最近、原稿作りがパソコンになった。
理由がある。

1.音声認識ソフトを入手したこと。
普通にしゃべると、即、文字変換してくれる。誤入力は避けられないので、補助入力で使用している。それでも60~70%は正確に入力するから、まったく楽だ。作業効率は、倍に向上した。

2.手書き文字ソフトを入手したこと。
入力した文字が明朝体では、自分の原稿でないようだったから、以前は、やめたのだった。今は、手書き文字ソフトがあって、自分の手書き文字を、パソコンに入れている。音声認識文字は、全部、自分の手書き文字として画面上に表示され、プリントも自分の手書き文字だ。

この両方を使うことで、紙の上に自分で書いているような感覚で、かつ、しゃべるスピードに近く、文字になる。今、土曜日の夜、牧師の部屋に行くと、準備中の説教が、「聞こえる」。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-05-01 00:45 | Comments(0)

今日は、市川グレース伝道所開設式。

泉教会から、工藤夫妻、野村さん、池永姉、井上姉、仁科姉、宮入姉、加奈姉、岩城姉、潮田夫妻、以上11人が出席。(今日の礼拝は20人という寂しさであったが、その半分以上が、市川に行くことになった。これは、うれしいことであった)

気づけば、泉教会の開拓は9年前である。今日、こうして新しい開拓伝道が開始されると、私たちは9年間、何をしてきたかな…と振り返るのは、自然な感情か…

行き帰りの1時間ほどの電車の中で、信仰のこと、仲間のこと、いろいろ話が行き交っていた。こういう交わりもいいものだと、半分疲れた頭で聞いていた。

そういえば、泉教会を通って行った人というテーマで、文集『ぱんくず』を作ろう、と加奈さんに頼んだ。快諾してもらい、さっそく宇佐美の井上明子さんのところに取材に行くことになった。そうだ、そのうち市川の木曜聖書会に飛び込みもいい。そして、高座教会の大井先生、国立のぞみ教会の唐澤先生、かおりも?だろうか。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-05-01 00:24 | Comments(0)

きのうのイースターは、さがみ野教会に招かれて、出かけた。
泉教会がイースターにもかかわらず牧師を送り出したのは、やはり、私の前任教会30周年を祝う思いがある。
さがみ野教会は、今、国際礼拝をしている。今回、合同ということでもあり、彼らの賛美があった。正面には賛美の文字が投射されている。何よりも、この8年で知らない人が増えた。きのうは、人数も多かった。そういうわけで、19年、牧会した群れという感覚がわかない…
しかし、礼拝が終ると、当時からの会員の方々となつかしい挨拶を交わすことができ、うれしかった。
教会は、人である。人は、動く。離れて行き、加わって来る。しかし、それが教会である。多くの人が通って行ったさがみ野教会は、今日も、教会のつとめを果たしている。

「公同の教会を信ず」。

心から告白した。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-04-17 15:03 | Comments(0)

「うれしい一日」

4月。
増田先生一家が市川開拓へ、伊佐山鷲君が沖縄の中学校に転校、娘は結婚で相手先の教会へと送り出し、泉教会の礼拝を、色々な意味で心配していた。
そして今日。
朝10時からの中学生分級と、礼拝後の小学生分級は、加奈姉(以後、工藤兄、仁科姉を加えた3人でローテーション)。礼拝の中の子どもメッセージは、仁科姉(以後、工藤兄、秀子姉、牧師を加えた4人+あと1人?でローテーション)。礼拝の2曲のピアノ伴奏は、由佳姉(以後、毎週担当)。そして今日の礼拝に、新来者2人(共にネットワークの関係者)。

うれしい一日だった。

教会は不思議なところだ。人は確実に備えられる。いや、時が熟したということか。
神さまのことだ。私たちは心配無用なのだ。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-04-09 20:02 | Comments(0)