「憲法記念日を前に」

私は、信仰上、殉教者の「孫」に当たると、再三、お話しています。80年近く前、私の信仰上の「祖父」を含む7人の牧師は、教会に踏み込んだ刑事に連行され、投獄の末、結局、国家によって殺されました。根拠となったのは「治安維持法」という悪法でした。
昨年、この「治安維持法」と全く同じ性質を持つ法律(「共謀罪法」)を政府が強行採決したことは皆さん、御存じでしょうか。また、今年からは学校で「道徳の教科化」が実施されます。しかし、国が定める「道徳」とは、国のための個人、ということが根底にあるのです。歴史を振り返れば、この道徳に反する人は「非国民」となります。こうして歴史は繰り返されます。
このように今、国が、個人の内面に影響力をもって迫ってきているのです。時代は確実に逆行しています。だからこそ、個人の内面を監視して国の意向に沿わない者を「非国民」として密告するような時代になるのを止めるために、憲法が大事だと、さかんに言われているのです。なぜなら、憲法は「国」つまり為政者を制限するものだからです。(今の政府は次々と法律を定めることで憲法を骨抜きにして、ついに自分に制限を加える憲法をさえ変えようとしています)
「憲法」と聞いて、私たちが感じるのは、私たちが守らなければいけないことが書いてある、ということではないでしょうか。しかし、憲法は誰が守らなければいけないかというと、国(総理大臣などの為政者)なのです。私たち(国民)ではありません。為政者は、憲法によって命令されているので、自分勝手な政治はできないことになっているのです(日本国憲法99条)。しかし、これを窮屈に感じた政府は、10年前、その憲法を変えやすくするための法案を通しました。自分に都合の良い憲法を作ろうとして外堀が埋められたのです。このまま進むと、国が私たちの心を自由自在に操作することが出来るようになってしまいます。私の信仰上の「祖父」が連行された「茶色い朝」が、再びやって来るだけでなく、平和の根幹である「9条」が変えられてしまい、私たちの子ども、孫たちが、戦争のために徴兵される時代が現実になります。

憲法の話をすると引いてしまうのは、「法」という字があるからでしょう。しかし、もう一度言うと、憲法を守らなければいけないのは私たち国民ではなく、国(政府、為政者)なのです。それが日本国憲法の根幹、「立憲主義」というものなのです。
主イエスの時代、ローマ帝国皇帝が、また日本では明治時代以降、天皇が国家によって神にして主であると教育されました。イエスが神、また主であると告白したキリスト者は迫害を受けました。そういう時代を再来させないため、私たちキリスト者は、信仰者の良心をかけて、政府の都合の良いように憲法を変えさせない戦いをするのです。


[PR]
by rev_ushioda | 2018-04-20 11:53

2012年のブログに「殉教者の血が私にも」という記事を書いた。ネットの検索で知った自分の信仰上の血統について気づいたときの衝撃を書いたものだ。

しかし今日、書類を整理していて出てきたのが、「過ぎゆかぬものー私の6・26事件」と題した、『羊群』1991年6月号のコピーである。1991年といえば、ブログに書いた時より20年以上もさかのぼる。コピーをとっておいたにも関わらず、知識として知った、というただそれだけの話で、その時は何も考えなかった、ということである。
20年も経って、検索にかかった記事を見て、自分がどういう人間かということにはじめて気づいたのだ。召命感に一撃をくらい、もう堰を切ったようにしてあちらこちらでそのこと(自分は殉教者の信仰上の孫にあたること)を堰を切ったように話している。しかし、あの時は、あの時点でコピーを取っていながらも、自分に当てはめることをしなかったのだ。知識と、気づきは、このように違うものかと、唖然とする。

f0086426_21514394.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2018-04-19 21:53 | Comments(1)

きょう、立場地区センターで開催された、「平和な泉区を目指す宗教者と市民の交流の集い」に参加した。まあ、宗教者と言われたら、行くしかないが、このような企画に大いに期待もあったわけで。呼びかけたら、教会からもほかに3人が参加してくれた。
当日は、他の宗教の方としては、金光教 横浜西教会の教会長さんだけで、あとは横浜緑園教会の牧師と、そして私、ほか教会から3人であった。お寺の住職さんは楽しみに予定していたそうであるが、急用ができたとのこと。それでも会場に全部で30人以上は集まっただろうか。「宗教者」も含めて、それぞれの立場と背景の話、また、現在の取り組みを2時間にわたり、語りあった。
つまりは改憲反対の3000万人署名のことで、泉区内で25,000の署名を集めるためにはどうしたらよいか、という話が中心にあったようだが、しかし私としては、他宗教の方とも出会えるこのような集会を企画して戴いて良かったと思った。署名の数を集めることも目標として大事であるが、そういう草の根の関心を集めることが大事なのだ。

f0086426_11403429.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2018-04-18 23:40 | Comments(0)

「ある日の景色」

自宅から見る富士山。この日は雲が垂れ込めていて、しかし、富士山の辺りは晴れているのだろう。見ると、光っていた。

f0086426_22024719.jpg


[PR]
by rev_ushioda | 2018-04-12 22:02 | Comments(0)

「つかの間の休日」

イースター、昇天者記念礼拝が終わって、ほっとできる月曜日。母もショートに行っているし、せっかくだからどこか行こうか。というわけで、道志から山中湖に行って、ほうとうを食べよう、ということになった。途中で、そういえば、去年も同じ時期に同じコースで一日の休暇をとったことを思いだした。去年の場合は、しかし、妻が転倒して中山道に行かれなくなった代わりに、このコース取りになったのだったが、毎年、ここの桜を見に来るのも悪くないね、ということになった。
道志は、今が桜の満開。しかし、少し高度が上がった山中湖はまだ先のようであった。もちろん神奈川は咲き終わっている。桜の開花は、高低差をはっきりと物語っていた。

f0086426_10412324.jpg


[PR]
by rev_ushioda | 2018-04-10 10:40 | Comments(0)

「イースター」

今年の泉教会のイースター礼拝では、洗礼式、信仰告白式が行われた。洗礼は小学校4年生になる男の子。自分の口で信仰告を白した、いわゆる成人洗礼である。信仰告白は、今春から中学生になる女の子。幼児洗礼を受けていたが、やはり自分の口で信仰を告白したのである。大人の言葉ではない、子どもなりの言葉が光る。すばらしい、感動の礼拝であった。
礼拝ではほかに賛美の会の皆さんの歌が2曲入り、聖餐もあり(上の二人の子どもたちは初めての聖餐にあずかり)、外ではガレージセールでイースターをアピール。という具合に、朝から、実際は先週1週間を通じて準備を重ね、それはそれは賑やかな、うれしいイースターの一日であった。ちなみに礼拝出席は、39人(夕礼拝を入れて40人、内ゲスト10人)に子ども10人であった。


[PR]
by rev_ushioda | 2018-04-06 18:01 | Comments(0)

昨日、牧師研修会があった。講師は、SNSの必要を強く訴えた。そこで思い出したのが、眠っていたツイッターアカウント。ずいぶん前にアカウントを取得したが、そのまま放っておいたのだった。若者にとって、検索にかからない言葉、組織は、この世にない、というショッキングなことを講師から聞いて、これではいけないと、さっそく引っ張り出して動かし始めた。60歳後半でも、ツイッターは出来る、という実感を得た。



[PR]
by rev_ushioda | 2018-04-04 19:58 | Comments(0)