母は今年6月に100歳になる。

要介護4、自宅介護を続けて2年半が過ぎた昨年11月、ショート先で具合が悪くなって、いよいよターミナルと訪問医にも言われて覚悟した。
ショートに出るのをキャンセルして様子を見てきたが、12月になって徐々に回復し、食事も、日向ぼっこもできるようになって、今まで以上に元気になった。2月19日、ショートを再開します、とケアマネさんに伝えた。

ところが、その日から、再び具合が悪くなり、唸ってみたり、認知?というような感じの、自分の状況がつかめない言動をしたり、また元に戻ったりの1週間。婿が来たので、試しに母にきいてみた。「この人、わかる?」「あら、だれかと思えば、… … だれだっけ?」にこにこしながら答えていた。具合が悪いと医師に言っても、数字的に異常が見られたりしない限り、よほどのことがない限りは、ほとんど取り合ってもらえない。それもわかるのだが… 今、やはりショートはキャンセルしますと連絡した。

次第に、その日に向かっている。玄関先にはフクジュソウが咲いている。このあたりで中山道に出て、少し気分転換したいところだが…
f0086426_14460625.jpg


[PR]
by rev_ushioda | 2018-02-26 14:38 | Comments(0)

昨日の教会員総会で、小会が考える今後の牧会体制について説明した。
すなわち、借入返済が終わる、今から8年先まで私との契約関係を続ける。補佐のために主事を雇用する。その間、良い引継ぎができるようにする、という方向性だ。
小会で、この数か月にわたって考えてきたもので、私自身、いい提案だと思っている。おそらく教会員の皆さんにも、牧師が定年を迎えて、今後どうなるのかと不安があったので、安心を与えたに違いないだろう。この考え方については、諸方面でさらに詰めていかなければならないが…

ところで、私自身、まず、まだ先と思っていた定年に直面したとき、まことに妙な気持ちになった。退職金を受け取るに至っては、まだこうして現役なのにという思いと錯綜して、事態を受け止めるのに時間がかかった。今は、それでも何年先までは出来るだろうと見つめている自分がいる。定年などと言わなければ、普通にしていたものを、何年先まで出来るかしらと、思う(不安を感じるようになっていく)のである。
ちょうど車が車検になったので、80歳で運転を辞めることにして、では逆算して残り13年、今が買い替え時だと車を新しくしたことも、ある。延長線で考えてみたり、逆算で考えてみたり、いったい、今の自分はどこにいるのだろうか、体力はどのくらいなのだろうかと、何だか自分がわからなくなったりする。


[PR]
by rev_ushioda | 2018-02-19 14:47 | Comments(0)