2018年 02月 26日 ( 1 )

母は今年6月に100歳になる。

要介護4、自宅介護を続けて2年半が過ぎた昨年11月、ショート先で具合が悪くなって、いよいよターミナルと訪問医にも言われて覚悟した。
ショートに出るのをキャンセルして様子を見てきたが、12月になって徐々に回復し、食事も、日向ぼっこもできるようになって、今まで以上に元気になった。2月19日、ショートを再開します、とケアマネさんに伝えた。

ところが、その日から、再び具合が悪くなり、唸ってみたり、認知?というような感じの、自分の状況がつかめない言動をしたり、また元に戻ったりの1週間。婿が来たので、試しに母にきいてみた。「この人、わかる?」「あら、だれかと思えば、… … だれだっけ?」にこにこしながら答えていた。具合が悪いと医師に言っても、数字的に異常が見られたりしない限り、よほどのことがない限りは、ほとんど取り合ってもらえない。それもわかるのだが… 今、やはりショートはキャンセルしますと連絡した。

次第に、その日に向かっている。玄関先にはフクジュソウが咲いている。このあたりで中山道に出て、少し気分転換したいところだが…
f0086426_14460625.jpg


[PR]
by rev_ushioda | 2018-02-26 14:38 | Comments(0)