「帯状疱疹?」

5月20日はペンテコステだった。その週はきわめて忙しく、月曜日以外、連日、神学校の評議員会、NPO講座、テアトルフォンテ聖書会、NPO継続勉強会、召天者記念礼拝と続いた。しかし、何か疲れが取れず、役割がない最初と最後のものは欠席した。
1週間後、今になって、左側に偏頭痛があり、髪の毛に触れると違和感があり、左目のまぶたにも違和感がある。病院に行ったら帯状疱疹の疑いがあるが表面に発疹とか異常は見られないので、所見としてはまだ、何ともいえない… 発症まで数週間かかる人もいる、とのこと。う~ん、体だけでなく気分も嫌な感じだ。ネットを見ると、次のように書いてある。

どういう病気か

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こります。一度、水疱瘡(水ぼうそう)にかかるとほとんどの方は神経の中にウイルスが長く潜伏した状態になっています。そのウイルスが疲れやストレスなどがきっかけで動き出し、今度は神経を伝わって皮膚に出てきて水ぶくれを作ります。それが帯状疱疹です。多くの場合は一本の神経に沿って出ますので、左右のどちらか一方に水ぶくれが集まってできます。

痛みやかゆみなど

赤い斑点があらわれる数日前から1週間ほど前に、痛みや違和感、かゆみなどが出ることがありますが、皮膚の症状が先に出る場合もあります。痛みの程度やどのくらいの期間痛みが続くかは個人差が大きいですが、痛みが最も強く出るのは発症から2週間位までのことが多いです。

皮膚の症状

皮膚には赤い斑点が現れ、その後、小さな水ぶくれが集まって出てきます。

(おおしま皮膚科さんのHPより)

部位は頭部を含め体の半分に出るとか、また、原因は「過労」「ストレス」に加え、「加齢」もだそうである。その通りか… (+_+)  違ったらいいなあ…

3日後の受診で、先生いわく
「やっぱり帯状疱疹ですね」
幸いに今のところ、それほど重い症状ではなさそうだ…

5日後の教会で
「あのこと」で、大変だったのですね、と。
NPO勉強会の受講者のことで、少々… ^^;



[PR]
by rev_ushioda | 2018-05-29 10:55 | Comments(0)