タグ:随想 ( 303 ) タグの人気記事

「復活の朝と茶色の朝」

イースターの朝、主イエスは「おはよう」と言われ、希望の朝を指し示されました。では、主イエスが声を響かせている「この世の朝」は、いったいどういうものでしょうか。
「だれかがドアをたたいている。こんな朝早くなんて初めてだ。…外は茶色。」 遂にその朝がやって来た、ゾクゾクっとするところで、その本は終わっています。そこまでたった29ページの『茶色の朝』という小さな本です。この本には、どこにでもありそうな街の淡々とした日常が、制度や法律によって少しずつ茶色に染まっていくという話が書かれています。茶色に染まるというのは、他の色は認めないという法律によって国民が支配されていくことです。
最初の頃、茶色じゃない猫をすべて始末するという「ペット特別措置法」が出された時、主人公の「俺」は違和感を感じ、胸を痛めながらも、何もしなかったのです。「茶色に守られた安心、それも悪くない」と思ったのです。しかし、そのうち気づくと犬、新聞、ラジオ、本… 次々と茶色以外のものは認められなくなり、とうとう昔、茶色ではない犬を飼っていたという理由で友人が逮捕されてしまう。どうして最初の頃に感じた違和感にきちんと向き合って抵抗しなかったのか、と後悔するのですが、すでに遅かった。ついに自分も、その朝を迎えたのです。

この本は、1998年、フランスの統一地方選挙で、排他主義的極右政党が躍進するに至り、危機感を抱いた著者が、出版したものです。そして2002年の大統領選挙で、なんと決戦投票にこの極右政党の党首が最終候補に残るに至り、危機感を持った人々が読んだのがこの本だったのです。
よその国の出来事ではありません。本の中だけの話でもありません。私たちの国で、たとえば「国旗国歌法」で信教の自由の侵害が起こっています。「秘密法」で、知る権利が奪われています。「戦争法」で他国と一緒に戦争が出来る国になりました。さらに、政府は改憲によって緊急事態条項を導入、基本的人権に制限をかけようとしています。…今、日本で、この本の通りの事実が着実に起こっているのです。
「だれかがドアをたたいている。こんな朝早くなんて初めてだ。…外は茶色。」キリスト者としての信仰の自由、そして私たちの持っている人間性が奪われる、その「茶色の朝」が来た時では遅いのです。主イエスが「おはよう」と言われ、新しい希望の朝を創造されたのは、どのような状況であったかをよく知っておきたいと思うのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-04-01 12:04 | Comments(0)

38年前の1978年3月、私たちは東京都東久留米市にあった「日本基督神学校」を卒業しました。卒業して10年くらい経ったある年から始めたので、以後30年近く、私たちは毎年、同級会を開催してきました。集まるのは、高本律子姉、大竹海二先生、木内伸嘉先生、熊田雄二先生、池田勇人先生、そして事情により中退した橋本綾子姉と、私、潮田です。神学校時代から、夫婦で親しかったこともありカップルで参加する人も多いので賑やかになります。この同級の友たちと出会うと、思いは東久留米の「日本基督神学校」に戻って行きます。初心と言いますが、この仲間たちと出会う度、初心にいつも引き戻され、今日まで来たのだと、つくづく思います。
やがて、橋本綾子姉はお連れ合いを天に送り、3年前には池田勇人先生が召されました。今回、大竹海二先生がご自身の身体的事情、お連れ合いの要介護のこともあって、やむなく教会を辞され、息子さんのところへ行かれることになったため、定例同級会の時機を早めて3月中に開催しました。

私の手元に卒業式のときに録音したテープが保存されていて、38年経っているのにもかかわらず極めて良い音質が維持されていましたので、今回、40年の節目には2年早かったのですが、大竹先生の送別に際して、それを皆で聞くことにしました。聖書個所はテトスへの手紙1章1節から3節、「神の命令によって」と題して、小畑進先生の説教でした。あの時、東久留米の学び舎からこの言葉で送り出されて38年、この間の波乱の旅路を思いつつ、今、ここで改めてその言葉を聞くことに、一同、どんなに深い感慨を覚えたことか。

テープにはレセプションのときの「卒業生のひとこと」も録音されていたので、聞かないわけにはいかず、あの時の自分の「ひとこと」を聞きました。改めてじっくり自分の言葉を聞いてみると、今もそれほど進歩していないとか、息子の声と同じだとか、話に花が咲いたのは言うまでもありません。

大竹先生ご夫妻とのお別れもありますし、そろそろこうして毎年集まるのは無理かもしれないとの思いを持ちながら、「神ともにいまして」を歌い、手を結んで輪になり、主の祈りを祈って散会しました。

今年の東京基督教大学の卒業式で配布された理事会報告に、今年度をもって退任する者として丸山忠孝先生、大竹海二先生のお名前が並んでいました。私たちにとって、ひとつの時代が過ぎていくのでしょうか。

御手にゆだねて…

f0086426_12142252.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-03-15 12:01 | Comments(0)

映画「小さき声のカノン」を観た。
監督は言っている。
「2011年3.11以後の世界を生きている私たちはかつてない放射能汚染を受けることとなりました。時の経過と共に大きな声に流される人々が多数を占めていく中でこのような母親たちの小さな声がかき消されていこうとしています。今、子どもたちを守ろうとする母親たちの声に耳を傾けていただきたい、とこの映画をつくることにしました。」

映画の中で女性が言っていた。「(親戚を頼って)逃げることはできるのです。でも、逃げることができないのです。」生活の場とは、そういうものだ。生活の場に生きようとする人の言葉が胸に突き刺さる。
また、そこで生きることを決断した人たちは、自分で除染をおこなわなければ、子どもたちの将来を守れないという、国の無能、無策。放射能の安全基準を引き上げて安全だと言うが、その数字は3.11以前は放射線管理区域内レベルとされてきたものだ。また、安全も確保できないのに、学校教育をスタートさせる。避難先の人たちは少数派になりたくないから、安全ではないと知りながら帰郷せざるを得ない。人々にこうした行動をとらせる国の欺瞞に、いまさらながら、腹が立つ。
今回、放射線に特に弱い子どもたちを、「保養させる」という、息の長い活動のあることを知った。志を持って助ける手を差し伸べる民間の力を知って、救われる思いがした。5年がたち、今、何ができるだろうか考えさせられる良い映画(ドキュメンタリー)だった。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-03-08 19:00 | Comments(0)

「和泉ジャム」

f0086426_2227984.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2016-03-06 22:28 | Comments(0)

「眼鏡がない」

20年来の愛用の眼鏡を、去年12月に無くしてしまった。大騒ぎして探したが、見つからなかった。(T_T)
とほほ…

間に合わせに百均の眼鏡を使ってみたら、6、7個のうち、一つが今までとほぼ同じ感じで使うことができたので、眼鏡なんて100円でいいんだよとかうそぶいていたら、数日前に、それも、また無くしてしまった。またまた、大騒ぎして探したが、見つからなかった。(++)
とほほ…

たまらず、眼鏡屋さんに行って、1万円の眼鏡をゲット。

翌日、

それがどうしても見つからない。(-"-)
とほほ… 再び眼鏡屋さんに行ったら、1,000円値引いてくれた。(2個目だから?お見舞い?)

数週間後の後日談。
何と、それがまたまた、見つからない… (-"-) (+o+)

何? 認知の始まり?? いつ頃から?と訊かれる日のために、メモっておこう。^^;
今、65歳1か月。

後日談の後日談。
100円の眼鏡と、二つ目に作った眼鏡は、何とかみつかった。前者はコートの内ポケットに、後者は玄関先の泥除けの隙間に落ちていた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-02-09 14:28 | Comments(0)

「関東学院大学と私」

私は47年前の1969年、学生運動まっただ中、関東学院大学に入学しました。その年の1月には東京大学では世に言う「安田講堂事件」があり、関東学院大学も例外ではなく、大荒れの中、入試も他の学校を借りて行われましたがデモ隊乱入によって試験が中止になり、書類選考に替わったのです。入学してみれば校内は立て看板の乱立、旧1号館(事務棟)はバリケード封鎖されており、7号館前の中庭では、連日ヘルメットをかぶった学生が集会を開き、ジグザグデモを行っていました。関東学院大学は、共産同赤軍派の拠点校とか聞いていました。とにかく色々なセクトが活動していましたから、大学前を流れる侍従川の川向うに機動隊が待機、また火炎瓶が飛び交う様も、見たことがあります。当然のことながら一年次は、毎日が、討論会。授業など、まともにできませんでした。
そういう中で、私を誘う友があり、出会った仲間数人と共に祈り会(聖書研究会)を始めることになりました。校章のオリーブにちなんで自分たちの活動を「かんらん聖書研究会」と名付けました。こうして学生運動で殺伐としたキャンパスの中庭で、数人の小さな祈りの集会が始まりました。時には、当時はまだあった木造校舎の教室を借りたこともありました。また、当時の神学部チャペルで伝道集会を開催したこともあります。チラシを配っていたら、どこかのセクトと間違われました。小さな集まりに終始しましたが、短大のYWCAとも交わりが生まれ、卒業時にYWCAの友が佐渡に帰郷する際、一緒に行って佐渡伝道を試みたことは、今は遠い記憶です。結局、「かんらん聖書研究会」には後継者を残すことが出来なかったと悔やんでいましたが、どういう次第か分かりませんが、何と、この活動はその後45年間、現在も続いており、現在は大学宗教センターに所属しているサークル活動となっているのです。
最近分かったのは、その同じ年、実は教職員の中にも、学校の実情を憂えて、教職員の聖書研究会が発足していたのです。そして、学院長の坂田祐(たすく)先生が亡くなったのも、その年だったということを、今回、宗教センターで伺いました。一つの祈りが二つの活動に引き継がれたのだと語る言葉は、喜びに溢れています。はからずも初代院長の祈りが、それぞれに何の脈絡はないものの、こうして今も二つの小さな枝に受け継がれて今日に至っていることは、不思議と言うほかありません。
私は1年次に洗礼を受けキリスト者になり、大学を卒業して2年後に神学校に進み、牧師になって今日に至っていますが、思えば関東学院大学では学生運動の嵐の中、友を得て、まだ誰にも認知されていない聖書の学び会を共にしたことは大学時代の熱い思い出です。

(1973年3月 工学部機械工学科卒業)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-02-02 23:20 | Comments(2)

今日、母校 関東学院大学のチャペル説教に招かれた。
昨年、かんらん聖書研究会の初期メンバーとして話を聞きたいということで、卒業以来42年ぶりに母校を訪れたが、その関係で今日のチャペルでのご奉仕となった。
下の写真、キャンパス中央の大きなビルの右手にあるのが礼拝堂である。これで見ると小さいが、非常に大きな礼拝堂である。

f0086426_20441619.png
f0086426_20452235.jpg
f0086426_2045561.jpg

f0086426_20472319.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-01-12 20:54 | Comments(0)

次の写真、最初は、お正月にふさわしい言葉。
この文字を作ったのはカナダ出身で、現在は日本の名古屋に住んでいるというRay Larabieさんである。日本の文字を知っているからこそ、この文字が生み出された。まさに日本人だけが読めない(読みにくい)字である。
一つの世界観、見方の中にいると、融通が利かなくなる良い例である。
昨年は、三つ目の写真にある「Tパズル」に出会って同じことを考えたことを思い出した(下の図で残りの3つのピースを使って“T”を完成させる)。共に、ポイントは、一つの世界観、見方から離れることだ。

教会の週報に、以下のように書いた。

聖書に、主イエスの言葉に、ニコデモが次のように答えた記事があります(ヨハネによる福音書3章3~4節)
「人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」
「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか。」

これなど、主イエスの言葉をニコデモは「カモレレロ」と聞いた典型です。先入観から離れることができないニコデモに、主イエスは、風は思いのままに吹くように、あなたの身を一旦、風(霊=神)に委ねてみなさいと言われたのです。人は、自分の体験、自分の知識や考え方を握りしめていて、だから、「時は満ち、神の国は近づいた」にも関わらず、新しい物語に生きることが出来ないのです。主イエスはニコデモに言われました。「あなたはイスラエルの教師でありながら、こんなことが分からないのか。」教師だからこそ、分からないことがあるのです。私たち、今年、自分の考え方を一旦ご破算にして、キリスト者だからこそ主イエス・キリストの前に、そして聖書の前に、素直に立って見たいのです。そこで何が見えて来るでしょうか。何が聞こえてくるでしょうか。

f0086426_14162928.jpg

f0086426_192884.jpg

f0086426_2235441.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-01-03 22:00 | Comments(0)

「なまけものに」

なまけものぶらさがり見る去年(こぞ)今年

元日の『折々のことば』(朝日新聞)に有馬 朗人(ありま あきと、物理学者、俳人、政治家)の句が紹介されていました。
言われているのは、動物の「なまけもの」のことですが、この句の選者は、「時流から外れ世を逆さに見る感覚だけは内に養っておきたいと年始に思う。」とありました。
最近は時間の切り売りと言いましょうか、携帯の料金だけでなく、バイキング形式のレストランで「分単位」で食事料金が計算され、駐車料金もかつては1時間単位だったのが10分単位、細切れ化が進んでいます。時間がない現代人には、分単位で物を売るのが流行るのでしょうか。何か忙しく、せち辛い。
そういう中で、西サモアにあるウポル島、酋長の演説集「パパラギ」という本が訴えています。パパラギというのは、彼らの言う、白人のことです。白人は一日を細切れに刻み、時間というものに追われ、時間がない、時間がないと言って生活している。また、職業というものを持っていて、一人の人が毎日、同じことをする。だから仕事のことを話す時、ため息をつく。しかし、サモアの若者は、歌を歌いながらタロイモを掘りに行ったり、ほかのこともする。時のくるままに時を愛してきたし、十分な時間を持っている。このように、書いてありました。
同じ時間を持っていながら、私たちは、時間を細切れに刻み、時間がない、時間がない、と言っているのに、サモアの人々は時間と時間をつなぎ合わせて十分な時間がある、と言うのです。私たちはお互いばらばらですが、サモアの人々は、違ったものを結び合わせて、一緒に生き、一緒に働き、一緒に休むのです。つなぐ発想、結ぶ発想で終始しています。
聖書を開けば、40年もの間、荒れ野の生活をしなければならなかった人々のことが書かれています。しかし、こう言っています「あなたの神、主は・・この広大な荒れ野の旅路を守り、この40年の間、あなたの神、主は共におられたので、あなたは何一つ不足しなかった。」(申命記2:7)

この世の時間に支配されず、礼拝の時間くらいは確保するなまけものになって「ぶらさがり見る」と何が見えて来るのでしょうか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-01-02 00:33 | Comments(0)

「今年最後の書き込み」

9月以降、投稿が少なくなってしまった。

振り返ってみると、母の介護が影響したようだ。投稿をバロメータとして、やはりあちこち余裕がなかったということだろうか。
そういう中でも、果物は季節になれば実をみのらせる。梅、夏みかん、ゆず等、我が家の庭になる。最近は、下処理をして冷凍し、時間をみつけては解凍してジャム作りをしたことで、少しは気分転換になっただろうか。趣味の旧街道にも立てない毎日だから、何も考えないでジャムを作ることが、一番いいリフレッシュになる。
問題は買ってくれる人がいることだが、年末、年始は人と出会うチャンスがなくなるので、作っても買ってくれる人がいない。しばらくストックが増えるだろう。

今年は安保法案が通過した歴史に負の節目を作ってしまった年で、私自身も相当力んだ1年であったが、最後の1週間は、力を抜いて過ごしている。しかも、2016年は元旦礼拝がない。かつ、希望としては週の前半、― 妹がいる間に ― 思い切って街道に行こうと思ったから(実現はできなかったが)、説教も目星をつけていたため、今年最後の週は比較的余裕をもって過ごしている。会計処理、その他、事務処理の合間に月曜日にはジャムをつくり、今日も普段できなかった家の周りの木の枝の処理をした。

来る2016年は、私の規定上の定年の年である。さらに延長はするが、ついにそういう年を迎えるかという、あれこれの思いを巡らせながら、今年はこの書き込みを今年最後にする。

f0086426_17464759.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-12-30 18:10 | Comments(0)