「目指す地に」

礼拝の説教は、個人的なことは触れない。
しかし、困難と、健康が脅かされる仲間がいるとき、それを知らないような説教はできない。

以下、2007年4月22日の説教である。
(ヨハネによる福音書6:16-21 による一つの黙想)

同じ内容を伝えるにしても、ここでは、だいぶ簡潔に伝えている。
すると、伝えたいことが強調されている、ということです。
ここで、聖書は何を伝えたいのかと言うと、
湖の上を渡る主イエスを迎えるならば、目ざす地に着くということです。

湖が荒れ始めたのです。
この「荒れる」という言葉は、起き上がって来た、という意味です。
波が起き上がって、行く手を阻むのです。

私は、西丹沢を歩いたことがある。
雨の中、ひと山越えたところに妻を待たせ、一人で歩き始めた。
1時間くらい歩いたところにあった看板に「熊に注意」。
どのようにしたらいいのか途方に暮れた。
熊と鉢合わせし、大怪我をした、死んだ、というニュースが頭をよぎる。
生きた心地がしないとは、こういうことか。
妻はこの先にいるから、戻るわけにもいかない。
音を出せばいいことは知っているのに、
音を出せば熊に気づかれると思い、反対に、そっと歩くのです。
こうして、おそるおそる歩いて行くと、行く手で「ガサッ」。
「出たっ」・・・様子をうかがうこと数分、それは雨垂れの音だった。
雨だれの音さえ恐ろしい。

湖が荒れる。波が起き上がって行く手を阻まれるとは、そういうものです。

その時に「私だ」と呼びかける声があった、そこに、神がおられるという意味です。
その主イエスを迎えようとしたら、風はまだ止まないにもかかわらず、目的地に着いたのです。
風があっても、その風は、一瞬にして無力になったのです。

主イエスを我が神として迎える者になろう。
あなたは、確かに目指す地に着くのです。
[PR]
by rev_ushioda | 2007-04-23 09:25 | Comments(0)

「結婚式説教」

結婚式説教
2006.10.9

 結婚式に際して、今、読みました聖書の個所に基づいて、ひとこと、お勧めします。聖書の言葉は、こうでした。
 「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。愛は決して滅びない。」
 ここに、「愛する」とはどういうことか、書かれていると思います。結婚に際して大事なことなので、しっかり聞いて戴きたいのですが、一言で申し上げると、相手のために自分を変える、ということです。自分の考えはこうだ、と言って、「自分の考え」を持つのは良いのですが、だから自分のやり方を変えない。変わるのはあなただ、と言う・・それは、愛ではないのです。
 愛するとは、自分を変えることです。もっと具体的には、相手のために自分の計画を変更する、ことです。自分の考えが、あってもよい。しかし、相手のために自分の計画・行動を、変更するのです。
 結婚とは、「結婚式」で終わるのではありません。言うまでもなく、ここからが、始まり、なのです。どういう始まりかと言うと、愛することの始まり、自分の計画を相手のために変更することの始まりなのです。今日、ここから、自分の計画を相手のために変更することが、二人の仕事になります。
 人は、多様性を持っています。今、知っているお互いが、これから先もずっとそうかというと、そういうことはない。きっと、I さんも、H さんも、結婚生活の中で、お互いが知らない面が、当然出て来るだろうと思う。状況によって考え方が変わり、行動も変わっていきます。ここに多様性が生まれる、その多様性を、どのように受け止めていくのか。そこに、愛するということ、愛というテーマが出て来る。
 今は、「愛すること」、相手のために計画を変更することは、好きな人のためだから、喜んでできる。したいと思っているでしょう。しかし、受け入れることができる時(好きな時)に受け入れること位は、幼児、子どもでもできる。長い結婚生活では、やがて、どうしても受け入れることができない時が来るでしょう。意見が対立する時が来る/考え方も、話し方も、行動も、好きではなくなる時が来る。好きでなくなった時/相手のために計画を変えたくなくなった時/相手を受け入れるのに感情が反発する時/どうするか。そこで、愛というテーマが出てくる。愛が力を発揮するのです。
 結婚で一番大事なのは、好きという感情ではない。愛です。愛するということです。自分の計画を、多様性を持つ相手のために変更することです。

 考えてみれば、神が愛を示してくださったのです。私たちは、神さまを、悲しませてばかりいると思う。神さまをそっちのけで、好き勝手なことをしていると思う。しかし聖書を読むと、神さまはその私たち一人一人を愛してくださった、と。十字架が、その証しだと言っている。
 神は、聖なる方。天の上におられればよかった。しかし、全然清くない人間、神さまに向かって悪態をつくような人間のために、ひとり子を十字架にかけてまで、人間を受け入れてくださった、つまり、計画を変更したのだと聖書は書いています。私たちを、神さまはキリストによって包み込んでしまった。だから聖書は、ここに愛がある、と言っています。
 今日、二人は十字架のもとで結婚式を挙げています。十字架のもと、ここに愛があります。このキリストの愛のもとからスタートし、ふたりでキリストを見上げていれば、(神さまの愛を見上げていれば)、ふたりは愛によって結婚をつくることができる。この二人の結婚に、必ず愛が宿ると信じます。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-10-11 10:06 | Comments(0)