「蛇はきらいです」

今日、教会からの帰り道、細い山道で、蛇が車に踏み潰されていた。
動かないのは分かっていても、見た途端、足がすくんだ。細い道なので、その脇を通らなければ先に進めない。30秒くらいだろうか、遠くに蛇を見ながら途方にくれていたと思う。
ブログ用に写真を撮ろうかと思ったが、今にも動くのではないかというイメージが離れず、

何をしたか。

駆け足で、目をつぶってその横を走り抜けた。
蛇は、死んでいても苦手である。もう一つ、足がたくさんある、赤黒い、ムカデ。そして、先に書いた、熊。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-07-12 17:49 | Comments(0)

「さくらんぼ狩り」

教会の一日旅行で、さくらんぼ狩りに行った。(うん? 先日も、八木重吉記念館に行ったばかりのような?)。南アルプス市の観光農園。I 姉が10年来行っているという、お勧め農園である。参加者9人。写真は、説明を受けているところ。しかし、仲間はすでに、設定された40分以内に食べまくるぞ、、、と、すでに、さくらんぼよりも目が(らんらんとして)真っ赤に燃えていた。案の定、この銘柄は何々で…という説明は、帰りには何も覚えていなかった。
少し高いところに実がかたまっているので、脚立を立てて取った。上のほうがおいしい。お昼時間に重なって、昼食をどうしようかと考えていたが、何と、さくらんぼでおなかがいっぱいになった。清里で昼食をとる3時頃まで十分、満足したおなかであった。
f0086426_1942211.jpg

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-06-12 19:42 | Comments(0)

ある新聞に1枚のカラー写真が載っていました。想像していただきたいのですが、みずみずしい緑色をした、草の新芽の写真です。しかしそこは森の中でしょうか。まだ冷たそうな水の流れの中に、その新芽は出ているのです。その新芽は、その流れの中で流されまいと懸命に頑張っているように見えます。オオウバユリと書かれています。どうしてこんな川の中に芽を出したのかな、と思う写真です。説明がありました。
「雪解けの季節。溢れた水が、森に幾筋もの沢の流れを作る。こんな時に、たまたま流れの筋道に芽を出してしまった草は、ちょっと苦労を強いられることになる。この日も、芽を出して間もないオオウバユリが急な流れに翻弄されていた。揺さぶられ傾きながらも、根を踏ん張ってひたすらこらえている。見ていて気が気ではない。ついつい、流れの向きを変えてやろうかなどという、人間の思いが脳裏をよぎる。いけない、いけない。ほんとにせっかちだ。不都合な事態を力づくでねじ曲げてでも、好転を図ろうという方向に、すぐ考えを走らせてしまう。オオウバユリはおそらくそんなことは願いもしない。ただひたすらあるがままで耐えようとしているに違いない。彼女(?)は、茎の太さから、もう何年かここに根を張って過ごしてきたと見られる。必ずこらえきって、水が引いた後、さらに深く根を伸ばして育っていくことだろう。」
そしてこう言っています。「堤防を作ってあげようとか、流れの向きを変えようとか、これはとりもなおさず、わが身のいかに、じたばたしていることかの証である」
このオオウバユリは、流れの中に根づいてしまったことを運命のいたずらと思ったかも知れない。しかし、そのことで「彼女」はさらに深く根を伸ばして育つことにもなるわけです。私たちは、すぐにでも良い方に、と思う。でもそのままの状況であっても、そこから起こること、始まるドラマもまた、あるのです。キリストは「神の業がこの人に現われるため」と言われて、将来の私たちの姿に注目していることに気付いておきたいと思います。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ 押してから退出してくださるとうれしいです。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-01-27 21:50 | Comments(0)

「秋の風物詩」

わが家のゆずの木に、実が、300個くらいなった。とげだらけなので、棒のようなもので落とすしかない。娘が妙に頑張って、取っている。下で孫が見ている。「かっこいい」ママに見えているんだろうな… それはどうであれ、ゆずの実が落ちてくるので、近寄らないほうがいい。辺りには、落ちたゆずのかおりが、ただよっている、わが家の秋の風物詩。
f0086426_19142471.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-12-12 19:19 | Comments(0)

先日、文化の森のNさんが、「森に、このくらいの…動物が、いたんです。何だと思います? 猿ですよ」と言われた。いったい、どこからやって来たのだろう。森から出てきたのにはわけがあるのかな、と思った。
時を同じくして、どこから送られてきたか、それが分からなくなったのだが、その封筒に一緒に入っていた「クマともりとひと」という小冊子に目が留まった。「日本くま森協会」と書かれている。一読して、これだ、と思った。森が荒れて、熊がえさを求めて里に下りて来る。人間は、大騒ぎして、射殺する。だいたい、もともとは動物たちのねぐらを提供し、餌を提供した豊かな自然森を、人間は、拡大造林という政策で、人間に有用な杉やヒノキだけを植えた。森は保水力を失い、土砂崩れを起こすようになった。そして、動物たちはねぐらと餌場を失い、里に降りてくるようになった。動物が増えたのではない、奥山に住めなくなったから、里に降りてきたのだ。奥山には、もはや動物がすめなくなったのだ。これでいいわけはない、とこの冊子は訴えているのだった。
ちょうど、礼拝説教で今度、取り上げる聖書の個所は、「わたしたちに必要な糧を今日与えてください」だ。「わたしたち」には、動物も含まれているのだろう。この小冊子「クマともりとひと」をさっそく20冊、注文した。この実態と、そのために頑張っている人たちがいることをたくさんの人に知ってもらおう。そう思った。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-11-21 19:56 | Comments(0)

牧師会の帰りは、前回に続き、徒歩で帰宅。厚木の海老名シオンの丘教会3時15分発、希望が丘の自宅に7時15分に着いた。ちょうど4時間、4里、16キロということか。(いきなり後日談…さすがに歩き放しは疲れマシタ。最後の1時間はきつかった… 次の日も、足が痛かった (>_<)
途中、何枚かの写真をゲット。最初のものは、海老名の田んぼの案山子。次も海老名の里山で見かけた、巨大なサボテン。次は目久尻川のすすきで、ここは遊歩道がよく整備されていた。
気持ちよく歩いていたが、5時を過ぎるとすっかり暗くなる。海老名から綾瀬市役所、厚木飛行場の脇を通り、小田急桜ヶ丘駅付近を通る、車がひっきりなしに走る大きな道なのに、歩いていて後ろが気になるのは、なぜだろう。最近、いろいろな事件が多いからね… 何度、後ろを振り返っただろう。恐いのは、人間… 

f0086426_2051581.jpgf0086426_20512326.jpg


f0086426_20513586.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-11-10 20:53 | Comments(0)

「教会一泊旅行」

毎年、心を聴く市民ネットワークか、教会か、主催はまちまちだが、一泊の旅行を計画している。今回は結局、教会主催になって、行き先は河口湖。私のお勧め観光地である。
お天気が心配だったが、雨は夜だけ、両日ともすばらしい晴天に恵まれ、赤や黄色の輝くような紅葉に感嘆。「いやしの里」「与勇輝記念館」「オルゴールの森」など、行った先々、すばらしい体験をすることができた。宿泊した富士ビューホテルの庭の紅葉は、また一段とすばらしかった。
BGM付スライドショー (パスワードizumi) 
f0086426_17532822.jpg

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-11-08 20:57 | Comments(0)

大豊作のはずだったが、現実は、そう甘くはない。
今年初めて教会の庭で実が成った10房ほどのぶどうは、実のつき方がまばらの上、粒が割れている。そして、隣はみかんだが、これも今年は40個ほど実をつけたが、よく見ると半分は割れている。なぜ、割れるのだろうか。まあ、ぶどうにしても、みかんにしても、育て方の本の1冊も読まないし、肥料もやらない。何もやらないで、期待だけして、この結果は当然といえば当然なのだが。
f0086426_22265382.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-09-19 22:26 | Comments(0)

「季節はめぐり」

最近の2枚。
教会から家に向かって歩く途中にある栗林の写真。ミンミン蝉が鳴いているのに、季節は、確実に秋に向かっている。
もう一枚は、孫の写真。「じいじ」「じいじ」と言って、呼びかけてくる。そんな風に呼びかけられるつもりはなかったが、季節は確実に・・・ 
意味ありそうな、2枚の写真。

f0086426_11165551.jpgf0086426_111773.jpg











にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-09-03 11:18 | Comments(0)

「初めてのぶどう」

教会のぶどうに、初めて実がついた。比較的良い11房の袋かけをした。粒は不揃いだが、収穫が楽しみだ。
f0086426_22442724.jpg

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-08-01 22:41 | Comments(2)