タグ:私の散歩道 ( 44 ) タグの人気記事

「1時間は歩くと決め」

一般健診を受けたとき、調査項目があり、「一日どのくらい歩いていますか」とあった。この質問で、相当まずい、と思った。実際、ほとんど歩いていない。限りなくゼロに近い。東海道を歩くと言っても、遠くなればなるほど、行き来のために “かさむ” 旅費を考えると、回数は減ってくる。これからは年に数回になるしかない・・・ しかも、前回は腰に痛みと言うか力が入らない状態になり、途中でリタイアしたが、検査の結果、異状はなかったものの、今も腰のその状態は続いている。不安を残したままだ。・・・これではダメだ。未来がない。
そこで一大決心。教会まで片道1時間、週に数回でも歩いて行こう。ただし、無理はしない。帰りは、車がある日に限る。当面、これで行こう。今週は、2日クリアした。3日ぼうずにならないために、ここに記録しておくことにした。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へにほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-07-03 14:29 | Comments(5)

「円覚寺に」

思い立って、妻とふたりで北鎌倉の円覚寺に行って来た。
1282年の創建だという。
散策するのに1時間はかかるる、その広さといい、その自然景観も、また700年の歴史を感じさせる趣のある建造物といい、植栽といい、どれをとっても、やはり人を集めるだけのものがあると思った。
街中に後から建てられた多くのプロテスタント教会は、さすがに、この「趣き」にはかなわない。

境内に植えられた梅の花が満開であった。
傾いたり、幹が裂けたりして手当ても受けている、大変な老木である。
しかし、その老木に美しい花を咲かせている。
木の前では、たくさんの人がカメラを向けていた。

私たち人間も、そうありたいと思った。

北鎌倉駅から鎌倉駅まで歩き、小町通りの、すっかりリピーターになっている店で食事をして、帰って来た。

f0086426_1748389.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2007-02-12 17:32 | Comments(2)

「富士見百景のひとつ」

これは、泉教会のすぐ近くの写真。
f0086426_950155.jpg

実は、国土交通省が出している関東富士見百景のひとつが泉教会のすぐ近くにあるのだ。
初めてこの地に立ったとき、感動した。以後、晴れた日には、お客さんをできるだけ案内している。住宅地の中の教会だけでは泉教会を半分しか知らない。
昔、東京ー大阪間を航空機で運ぶための夜間飛行ルートがあり、そのための航空灯台があったところ。高いところに位置している。さすがに180度の視界。この写真ではわからないが、右には丹沢、アルプス、左は箱根の山々が連なっている、何も遮るものがない景色には、言葉がない。特に夕景、夜景はまったくすばらしいの一言に尽きる。今日も、カメラマンが三脚もち込みで6、7人。ほかに10人くらいが車で見に来ていた。私も、その一人となった。

f0086426_9501160.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2006-12-29 21:19 | Comments(0)

去年は、連休を利用して、境川サイクリングロードで、江ノ島までのサイクリングに挑戦。
風が強くて、途中(藤沢橋)で挫折。
秀子さんと一緒だったから…という理由でなく、風が、強かったのだ。

そしてこの連休は、再度、しかし今度は徒歩で、挑戦。江ノ島まで完歩した。
…が、どこから歩いたかが問題。
藤沢からだった… (^_^;

藤沢からの道は、去年、自転車で走った、それまでの風景とはガラッと変わって、田園地帯から、松が目立って、海に近いという風景になり、川幅も広がり、そこにボートが係留してあり、それらを見ながら、楽しく歩くことができた。

江ノ島の近くに、カトリック片瀬教会があった。
お寺のような外観の、純和風建築。大きな灯篭が庭に何基もあり、中に入ってみると、和風の礼拝堂は、落ち着く。200人は集まるような、大きな教会だった。思わぬ休息の空間と、時をいただいた。

江ノ島はちょうど干潮で、海が地続きになり、島まで砂浜を歩いて渡ることができたのには感動した。駅も、橋の上も、ものすごい人、車。しかし、ゆったりと川べりを歩いて、くつろぎの一日であった。

海岸に、羽を痛めて飛ぶことが出来ないカラスがいて、ピョン、ピョン、人の中を歩き回っていた。それが、妙に、記憶から消えない。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-05-04 23:44 | Comments(0)