タグ:私の散歩道 ( 44 ) タグの人気記事

今週、Xデーで忙しくなりそうな… でも、先のことを心配していても仕方ないので、休日なので、近場ウオークに。電話をいつ受けてもいいように気にしながら…
きょうは、前回も「横浜で唯一の渓谷コース」お世話になった「散策ガイド」(保土ヶ谷区役所)によると、「やすらぎを求めて公園めぐりコース」で、星川駅から南に向かう、ほぼ1時間半の道のりである。
星川駅出発、もちろん、夫婦二人である。保土ヶ谷公園内を通り、「神奈川坂」を経て、JR横須賀線ガードをくぐる。そこで、3年前にそこを通過した、なつかしい旧東海道にぶつかるが、すぐに分かれて、そのまま国道1号線に沿って「権太坂」に。その先にある「横浜市児童遊園地」を過ぎると、目的地「英連邦戦死者墓地」である。妻が、中に入れるのか心配していたが、パスポートはないが、「パスモ」はある ^^?

中は、http://www.i-love-yokohama.net/common_wealth_war_cemetery_yokohama.html このブログでよく分かるように紹介している。
第2次世界大戦の初め、まだ日本が優勢の頃、日本軍の捕虜となった連合軍兵士14万人以上は、戦争遂行目的のために酷使され、約三分の一の捕虜が獄中死したとされている。特にアジア各国の収容所に収容された捕虜が日本に連行され、炭鉱や土木工事などの労働は過酷を極め、こうして国内で亡くなった1800余名が、この墓地に葬られている。
「戦没者墓地」というと戦闘中の戦死者が想像されるが、この墓地に眠る人の大部分は、捕虜として異国・日本で亡くなった(殺された)将兵たちである。
墓地は、横浜の真ん中にありながら、うっそうとした緑の森に囲まれ、世俗的な世界から切り離された、神秘的な雰囲気を醸し出している。横浜の「外人墓地」は有名だが、ここにも、こんな広大な土地に手入れも行き届いて存在していたことは、私は知らなかった。
この中には、映画「戦場に架ける橋」で知られる、泰緬鉄道(旧日本軍がビルマ・インド侵攻作戦のため建設)の工事に従事した捕虜も含まれているそうであるが、見つけられなかった。
きょうは、重たい歴史に踏み込んだ、しかし、貴重なウオークだった。

墓に刻んだ一言ひとことに、心がひかれる。読める人はどうぞ。
f0086426_2261333.jpg

f0086426_226503.jpg
f0086426_227422.jpg
f0086426_2272277.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ お願いします。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-11-03 21:34 | Comments(0)

「帷子川親水緑道へ」

本当は旧東海道に立ちたいところであるが、それができない。少し時間がとれるたびに、近場の散策でがまんしている。
今回は、相鉄が出している「駅からさんぽ」を見ていて気になった場所、「帷子川親水緑道」に行ってみた。コースとしては、相鉄線 鶴ヶ峰駅から西谷駅までの2時間である。
印象としては、鶴ヶ峰に、こんないいところがあるのだと思った。緑に包まれた池や昔なつかしいせせらぎと、その横に続く遊歩道。ある人の記事に「木々に囲まれたせせらぎは500Mぐらいの散歩道です。ここは鶴ヶ峰の奥入瀬です。」とあった。奥入瀬か、大目に見れば、まあ、そんな感じである。吊橋もあった。
そこを抜けてから、16号を渡って、白根不動に行く。おぼろげに、小学校の時に来た記憶があるので、50年ぶりに来たことになる。そこにも、うっそうと茂った森と、川と、滝とがあった。(写真の最後は、白根不動の白糸の滝)
そこから西谷に抜ける途中も、帷子川に沿って歩く。コース案内には、「水辺のマイナスイオンで生まれ変わる」とあった。それはどうか分からないが、散策コースには、とてもよい。旧東海道には年3回くらいしか立てないので (前回の終点に行くまでが遠くなったので)、最近は3年前までそうだったように、時間があれば近くの散歩道を楽しんでいる。
f0086426_10405.jpg
f0086426_1042041.jpg

f0086426_19265044.jpg

f0086426_1043762.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく
[PR]
by rev_ushioda | 2009-10-19 23:04 | Comments(0)

教会への1時間の道。思い立ってから1年半、今も(まだ?)、時々(1ヶ月に1、2度であるが)片道は歩くことにしている。途中の景色がいい。今は失われた40年前の景色に出会える場所が、何個所かある。それに魅せられていると言ってもいいのかも知れない。
遠くに、一瞬ではあるが、小高い山の連なりが見える場所。季節ごとに植えてあるものが変わる畑の中の道。柿の実が鈴なりの家の傍を通る。山の傍を通れば、下の写真のように草の実が艶やかに輝いている。(残念ながら蛇が出た小路は、それ以来通っていないので、気に入っていた景色が一つ、失われてしまった)
急ぐのは、よくない。ゆっくりがいい。見える景色が違う。人間らしいものが見えてくる。
f0086426_21183549.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-10-13 21:19 | Comments(0)

「横浜唯一の渓谷へ」

月~水曜日の理想的な連休だ。東海道へ、と思ったが、そこに行くまでの東名高速は大渋滞が予想されるため、断念。結婚式のあとの疲れが残っていたので、それはそれでよい決断だったのかも。
そこで、昨日は市川伝道所の候補地を見に行くことにした。現地を見、M先生御夫妻と食事を共にした。今は現地に行かなくても、インターネットで自在に歩き回ることができる。しかし、やはり現地の人にしてみれば、来て、見てほしいというのが心情であろう。
その後、木更津までドライブ、そこから、混むのを承知でアクアラインを初めて通ってみた。急ぐことのないドライブなので、渋滞も、余裕で通って来た。

今日は、突然思い立って、以前から気になっていた「横浜市内唯一の渓谷」というところに行ってみることにした。それも、午後3時頃に… というのも、目指す「陣が下渓谷」は、上星川と西谷の間、意外な近場にあるからだ。
陣が下渓谷は、帷子川の支流にあたる市沢川の渓谷である。私の家の近くに長屋門公園があって、やはり森の中に湧水があり小川が流れているが、また帷子川の源流の一つとされる泉の森があるが、さすがにそれとは比べ物にならない、確かに「渓谷」と言えるほどの場所であった。森に入るとひんやりする。清流が流れる川に出ると、さらに空気が違う。付近に住宅地が迫っているのに、町の喧騒は何も聞こえない。ただ、水の音だけだ。この渓谷を、しばらく川に沿って歩いたり、川のそばを通る歩道を散策できる。横浜に残された貴重な自然だと思った。
f0086426_2284080.jpg

渓谷を歩いていくと、やがて次の写真のように、ちょうどその渓谷の真上を環状2号が通っている。この工事に伴い、2004年、渓谷は「陣ヶ下渓谷公園」として整備されたそうである。面積15ha。環状2号が渓谷の上を通る部分は、桁下への採光性、既存樹木の保存など、自然と道路の共存が工夫されたそうで、何とかという賞を、とったそうである。渓谷はずいぶん変容しただろうに、そういうものかと思った。
f0086426_21223156.jpg

f0086426_21314375.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ 今日もよろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-09-22 21:29 | Comments(0)

「蛇はきらいです」

今日、教会からの帰り道、細い山道で、蛇が車に踏み潰されていた。
動かないのは分かっていても、見た途端、足がすくんだ。細い道なので、その脇を通らなければ先に進めない。30秒くらいだろうか、遠くに蛇を見ながら途方にくれていたと思う。
ブログ用に写真を撮ろうかと思ったが、今にも動くのではないかというイメージが離れず、

何をしたか。

駆け足で、目をつぶってその横を走り抜けた。
蛇は、死んでいても苦手である。もう一つ、足がたくさんある、赤黒い、ムカデ。そして、先に書いた、熊。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-07-12 17:49 | Comments(0)

「箱根にいい宿あり」

箱根の塔ノ沢温泉に、良い宿(ホテル)がある。良い、という意味は、まず、安いということだ。1泊2食、しかも夕食は本格フランス料理で5,775円! かつ、部屋は広いし、少し古くはあっても清潔で、窓は早川に面して大開口となっていて景色は抜群というキャトルセゾンだ。
ただし、渓谷にあるホテルなのでエントランスやロビーは非常に狭いし、大浴場と言っても小さめなので、そういうところに空間とくつろぎ感を期待する人には、紹介できない。
でも、近くの姉妹館、江戸時代から続く老舗旅館である「一の湯本館」の温泉が使えるのが、いい。とにかくお勧めは、フランス料理、部屋の広さと部屋からの景色、そして極めつけの低料金だ。 → 料金は、残念ながら4月から8,400円に改定だそうだ (>_<;
日曜日、その日の全てのことが終わってから、5時に出発しても6時には箱根に着く。そして温泉に入って、フランス料理を楽しむ。夫婦二人でひとつのグラスワインが、料理にちょうどよく合う。早川の流れの音が心を癒す。
翌日は、箱根の風情溢れる無人駅(駅には階段と山道でしか行くことができない) 塔ノ沢駅 までの山道を散策、そのまま登山鉄道で湯元に行き (動画では、湯元から塔ノ沢に向かっている)、湯元辺りをぶらぶらしながらおそばを食べ、歩いて塔ノ沢に戻っても15分くらいか。そして、午後1時には自宅に戻っている。(または、塔ノ沢でベゴニア園、ひめしゃらの湯を楽しむのもいいし、宮ノ下まで行って富士屋ホテルの、あのカレーを食べてもいい)。
これが、私たちの、ちょっとした休養の仕方である。月1回は行こうと決めたまま、数年行かれずじまいだった箱根は、今年、今のところ順調である。年齢だろうか、以前は気にも留めなかった休養が(そうして妻に迷惑をかけてきた)、今はとても大事になってきた。
写真は、手前のトンネルと、向こうの山に入って行くトンネルに挟まれ、山の中にホームだけ出現する「塔ノ沢駅」。
f0086426_17294493.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ よろしく。

[PR]
by rev_ushioda | 2009-03-09 16:53 | Comments(2)

「牧師会の帰り道」

今日、牧師会が相模原の田園教会であった。例によって、帰りは徒歩。今回は、2時間半であった。
海老名シオンの丘教会から4時間、さがみ野教会から3時間である。ちなみに泉教会からは1時間、希望が丘教会からは15分、高座教会からはまだ歩いてないが、多分3時間であろう。そういう場所に、わが家はある。6教会に、徒歩圏内である(^O^)
自宅近くに来て、夕焼けがきれいだった。このような景色は30分ともたない。ちょうど町の中を歩いていたために、この輝く雲と一緒の富士山は、撮ることができなかった。…が、実は右下の家並みの影に、富士山はちらっと見えている。
f0086426_6332924.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ
[PR]
by rev_ushioda | 2009-01-13 23:23 | Comments(4)

牧師会の帰りは、前回に続き、徒歩で帰宅。厚木の海老名シオンの丘教会3時15分発、希望が丘の自宅に7時15分に着いた。ちょうど4時間、4里、16キロということか。(いきなり後日談…さすがに歩き放しは疲れマシタ。最後の1時間はきつかった… 次の日も、足が痛かった (>_<)
途中、何枚かの写真をゲット。最初のものは、海老名の田んぼの案山子。次も海老名の里山で見かけた、巨大なサボテン。次は目久尻川のすすきで、ここは遊歩道がよく整備されていた。
気持ちよく歩いていたが、5時を過ぎるとすっかり暗くなる。海老名から綾瀬市役所、厚木飛行場の脇を通り、小田急桜ヶ丘駅付近を通る、車がひっきりなしに走る大きな道なのに、歩いていて後ろが気になるのは、なぜだろう。最近、いろいろな事件が多いからね… 何度、後ろを振り返っただろう。恐いのは、人間… 

f0086426_2051581.jpgf0086426_20512326.jpg


f0086426_20513586.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-11-10 20:53 | Comments(0)

「秋の陽射しの中を」

週に2、3回、教会までの1時間を歩くのだが、最近はCDを聴きながら秋の道行きを楽しんでいる。大好きなフィルカルターの曲を聴く秋の道は、最高だ。そして、時には英語の学習も…。家にいて、1時間何もせず座って音楽を楽しむなんて、まず、あり得ない。それが、秋の、そして田舎風景のバックスクリーン付で聴けるわけだ。最近は、夏の間、見えなかった丹沢の山々も見えてきた。そして、おまけに、健康が付いて来る。

1石3鳥だ。

今年の一般健診で、「あなたは、一日何時間歩いていますか」の質問にギョッとして(ほとんど何も歩いていなかった)、そこで一大決心して歩き始めた結果、日常が変った。どんな質問をされるかは大事だと言い続けてきたが、こんなふうになるんだと、わが身をもって実感。
東海道のほうは、というと、経済的な事情から4~6ヶ月に一度となっているので、こちらはほとんど肉体的健康には、寄与していない…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へにほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-10-09 08:46 | Comments(0)

「自宅-教会 1時間」

7月3日、「宣言」して以来、1週間に2、3日、「片道」だけ歩いて、教会に行く話は、続いている。1里、・・・おっとこれは旧東海道の単位だ、4キロ、ぴったし1時間だ。急ぐ日でなければ、歩くには適当な時間であり、途中の風景を楽しめるのがいい。車だと限られた風景が、歩くと、100通りにも変化する。まず、道を自由に選択できる。山道、けもの道、農道、どこだって通れる。40年前に見たような、懐かしい景色のところもある。歩くと、目線が違うのだ。
何よりも、今まで点と点でしかなかったものが、歩くことで線で結ばれるから、いつもの世界が、別の世界になる。線というのは、・・・ここで話が飛んでしまうんだが、蜘蛛の糸。お尻から適当に長く出して、風を見計らってつかまっていた場所からパッと手を(足を?)離す。すると風に乗って空中を移動するのだそうだ。線というのは、空中を自由に移動する道具にもなるのだ。
そういうわけで、私もずいぶん線を引いている。けっこう楽しんで、週2、3日(すなわち週2、3時間、一日平均にすると20分くらい)歩いている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-08-13 00:29 | Comments(0)