タグ:私の散歩道 ( 44 ) タグの人気記事

境川ウオーク。きょうは月曜日、思い立って、前回の続きを歩くことにした。前回はいつだったっけ? 調べたら去年の2月11日。ほぼ1年前だった。
今回は瀬谷から町田駅までの3時間(休憩を入れたら4時間)コースだ。川に沿って歩くのは、景色がいいから、気持ちがいい。ただ、写真を撮ろうとふらふらしていると、前回も書いたが、後ろから自転車が音もなく追い抜いて行くからドキッとする。車こそ通らないのだが、寒いので耳当てをしていると、通り過ぎる自転車の音は余計に聞こえにくい。この道、バックミラー付のヘルメットをかぶるべし。

途中、教会員のミリアムさんのお宅に立ち寄らせていただいた。やっと訪問が実現。一つ荷を下ろして軽くなったので、残り1時間、一気に町田駅まで。

前回の記事

               
[PR]
by rev_ushioda | 2014-03-03 22:42 | Comments(2)

8~9日、心を聴く市民ネットワークで、箱根に旅行。
実は、色々立て込んでいて、ここで旅行を入れるのはきついなという週であった。計画した後から次々と他の予定が入ってきて「しまった」と思ったが、結果的には、ここで一旦、体を休める意味で、良かったのかもしれない。参加者は私たち夫婦を入れて、6名。
土日の嵐が去って、快晴の二日間、以下のコースをドライブした。1日目は、熱海までの海岸線を走り、熱海から箱根峠を越えて芦ノ湖スカイラインでの富士山、沼津・三島、芦ノ湖と仙石原などの眺望を楽しむ。2日目は、湿生花園の散策や、箱根プリンスホテルの庭で芦ノ湖畔の散策などを楽しむ。これが私の定番のコース。そして、あちらこちらで食事を堪能するという、気分的にリフレッシュできる旅であった。
泊まった場所は、仙石原の「ホワイエ箱根」 (四季倶楽部の一つの宿)で、全館貸切りのプチホテル。和室、洋室、和洋室など、全6室。10人まで5万円、朝食付きで全館貸切というのは、めったにないオリジナルプラン、快適環境を皆で楽しむことが出来た。
f0086426_20511687.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-04-09 19:43 | Comments(0)

2月11日の休日、境川の散策を楽しんだ。いずみ中央と長後の中間から、厚木街道(瀬谷)まで1時間半。お天気がいいのでツーリングが多いこと。写真なんかふらふら撮っていると、横をすーと通っていく。危ない、危ない。

スタート地点動画

f0086426_052894.jpg
f0086426_052331.jpg


動画


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-02-11 23:53 | Comments(2)

「スマホモード」

牧師会の帰り道は、歩いて帰宅した。
南林間から自宅までちょうど2時間だった。小田急線に沿って大和駅まで南下、そこからは相鉄戦に沿って横浜方向に進んだ。最短の道案内は、スマートホン。歩行モードを選んだら、今まで通ったことのない細い道や、(歩行なので当然)一方通行も、通らせる。へ~、こうなっていたんだ、と車で幾度も通る道のそばを並行する道を進み、町の中を通る。スマホを手にすると、いつもの町も、未知になる。そして、未知が道になる。そこを歩く爽快な気分を味わえる。楽しい2時間だった。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2013-02-05 23:52 | Comments(0)

10日前(10月30日)に大山道を歩いた。(忙しかったり、風邪をひいたりで、なかなか書くことができなかった)。
今回は、母の病気のために屋久島から帰っている妹も連れて、3人で出かけた。
大山もいよいよ目前にした石倉(前回、終点)からの出発。こんなところでバスを降りるのは、二度とないだろう。コスモス、菊などが咲き、柿、カラスウリが生る田舎の景色を堪能しながら、今回はバスの終点まで歩く。この道を車では何度も通ったが、歩くのは初めてで、風景といい、老舗の店や旅館といい、へえ~という連続、とにかく忘れ去られた景色が歩いてみると飛び込んでくる。戸塚から歩いてきてさえ感動するからには、「江戸」から来た昔の人々は、ここに来て、一気に感慨を新たにしたに違いない。ここは、ぜひ、仲間の皆さんと歩きたいコースであった。

f0086426_18392992.jpg
f0086426_18394859.jpg




これが前回と今回の「2回分」のコース。ネットから借用。私たちが歩いた2回分を合わせた行程にほぼ一致している。私たちの始点は国道246号、終点は「大山ケーブル(バス終点)」なので、全体を右に移動させれば一致する。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-11-08 18:40 | Comments(0)

神経痛は、結局、鍼灸治療によって(あるいは「痛散湯」によって)すっかり良くなった。少なくとも、7月後半に鍼灸治療を受け始めた翌日から、この1ヵ月半は痛みがまったくない。普通に歩けることのうれしさを、実感している。というわけで、本当に治ったのだろうか、歩いても大丈夫なのだろうか、ためしに前回も試しに歩いた「柏尾通り大山道」の続き(2回目)となった。前回はためし歩きの後が大変だったが、今回はどうだろうか。
さて、行程としては前回の終点、教会のある和泉町から「用田」までの2時間40分。結果は、疲れはしたが、とりあえず痛みはなく、良好である。中山道への出発も、当初の期待が回復してきた。

以下、何枚か写真を添付しておこう。

まず、これは和泉町の大山道。教会のすぐ近くを通る、いずみ中央駅に向かう道である。この道が教会のそばを通っていたので、大山道を歩こうと思い至った、その道である。
f0086426_20403791.jpg


旧道は、最近拡幅工事で片道2車線の大きな通りに変身した長後街道とぶつかった後、いずみ中央駅を過ぎて、再び、このような風景となる(上飯田町)。
f0086426_20414662.jpg


境川にて。
f0086426_20444368.jpg


一般道から右手に入る道が旧道。まっすぐに伸びる新しい道路が、くねくねと延びる旧道を至る所で寸断している。あるいは、旧道のその細い道を飲み込んで、昔の面影をなくしている。実は、長後に向う左手の一般道自体も、今は旧道となって、街中を避けるように作られたもう一つの道(バイパス)を、ひっきりなしに車が走り抜けている。
f0086426_20492395.jpg


旧道に入って振り返ると、藤沢湘南台病院が見える。
f0086426_20463130.jpg


小田急線長後駅の踏切を渡り、果樹園の中を抜け、引地川を渡る。写真は、両脇に新しい道が出来て車が頻繁に行き交い、今は取り残された橋。生活圏ともつながっておらず、ほとんど不要になったように見える。
f0086426_20453921.jpg


上土棚南。旧道を歩いて行くと、だいたい道幅は同じである。
f0086426_20475678.jpg


f0086426_2049033.jpg


久しぶりに歩いて疲れたが、大山に詣でる人々は疲れもものともせず、この道を歩いたのだと思う。私たちの信仰の道はどうなのか。勝手気ままに歩いていたのでは、このような道を作ることはできないだろう。

ゆきなれた路の
なつかしくて耐えられぬように
わたしの祈りのみちをつくりたい
(八木重吉)

自分が
この着物さえも脱(ぬ)いで
乞食(こじき)のようになって
神の道にしたがわなくてもよいのか
かんがえの末は必ずここへくる
(同)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-09-17 20:50 | Comments(0)

「またまた脚に痛み」

1ヶ月前に脚の神経が痛み、病院でもらってきた痛み止めの薬を飲んだり湿布をしたりしたが、秀子さんが旅行から帰ってきたらピタッとおさまってしまった。それみたことかと言われたが、1ヶ月ぶりに、また、痛み出した。時々、脚に痛みが「走る」。
秀子さんが原因ではないことが証明された! なんて、喜んで?いられない。飲みかけの薬を持ち出し、湿布薬を貼り、十字式に連れて行けと何だかんだと大騒ぎしている理由は、来週、楽しみにしていた中山道にいよいよ出発する予定があるからである。1月は、風邪で中止した。今度こそはと思っていたら、この痛みである… それに加えて、またまた、のどが痛い。熱っぽい感じで、今日は不調な一日を過ごした  ┐(´~`)┌
明日、どうするか判断する。


一日過ぎ、以下、加筆。

脚に痛みが走る。観念して、1月に続いて再び、中山道、近江八幡に連泊で予約したホテルをキャンセルした。007.gif

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-04-24 21:19 | Comments(0)

「戸塚から大山道に」

脚の痛みは、本当に治ったのだろうか。試しに、少し歩いてみよう。
というわけで、「柏尾通り大山道」に。
(YouTube では、タイトルが「大山通り柏尾道」になっているが、これは不覚にも間違い)
大山道はたとえば国道246号線も、「大山道」と重なっている。何本かあるので、大山道の頭に「柏尾通り」とつけ、「柏尾通り大山道」と言われるのである。今日のコースは、戸塚から教会のある泉区和泉町まで、試しにはちょうど良い5.5キロである。



江戸を出た人は、戸塚で東海道を離れ、この道に分岐し、大山を目指した。これは東海道(権力によって出来た道)と違い、信仰の道、庶民の道である。

今回は、戸塚(柏尾)から、教会のある泉区和泉町までのほんのわずかの行程である。まず瀬谷方向に向うが、そこは阿久和川に沿って歩く気分の良い散歩コースになっている。途中、この方向、真正面に、チラッと大山が見えた。
永明禅寺別院の門前で左折し丘陵地帯に入る。この辺りから少しの間、旧道の面影が残る道となるが、すぐに開発された西が岡の町となる。今回のコースで旧道らしい雰囲気が残っていたのは、この1ヵ所のみであった。
国際親善病院の横の急坂を登ったら、そこからは丘陵地帯となって、大山道では多分、最高地。箱根までの山並みと共に、大山がどーんと見渡せるのだ。残念ながら、ガスでうまく写真には撮れなかったのと、何本もの電線が、ちょうど山の稜線に重なり、どっちみちいい写真にはならず、残念であった。

さて、この道を歩き始めたということは、当然であるが、「その1」ということだ。続きがあるということで、やがて、大山に至る。
なぜ、こうした街道に関心があるかと言えば、古来より人が通った道には、時間軸を越えて人の息遣いがあるから。しかも、大山道は、信仰の道。キリスト者の礼拝の道と重ねながら歩くことができるのがよい。
今回は、一人でゆっくり、きょろきょろ景色を見ながら、5.5キロ、2時間半の行程であった。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
[PR]
by rev_ushioda | 2012-04-03 00:20 | Comments(0)

教会のすぐ横を「大山道」が通っていることから、興味が出て、「ホントに歩く大山街道」という本を買った。残念ながら、これは「赤坂御門」からスタートするほぼ国道246を行くルートであった。私が期待したのは、もちろん和泉町を通る、東海道から戸塚で分岐する「柏尾大山道」である。
しかし、欲しかった本ではなかったが、思いがけない発見をした。この本にある「大山街道」は、246号線と重なっているということは・・・ 私が前にいたさがみ野教会の横を通っていた旧道となった246号線。まさにそれが「大山街道」だった。ああ、あの道がそうだったのか、今さらながら、驚いた。座間にいても、和泉町に来ても、横を大山道が通っている。大山道は、そんなに何本もあるのかと言えば、確かに、あることはある。しかし、そんなに、どこに行ってもあるかと言えば、そうでもない。それがたまたま両方にある、というのは、なかなか面白いではないか。

ところで、

私がなぜ大山道とか、大山街道に関心を持ったかと言えば、それが信仰の道、庶民の道だからである。県内に何本もルートができたくらい、それは、庶民の信仰の道であった。私は牧師として一つの町にとどまり、そこで伝道する者であるが、こうして信仰の道を作る生き方があったことに、いろいろと考えさせられるものがあるのだ。「点」を「線」にする生き方、さらには「面」にもしていく生き方があり、しかも信徒がそういう道を作る。これはいったい何か。もちろん、礼拝への道を作っていることは事実である。彼らの言葉で言えば、それは「お参りの道」「巡礼の道」というのだろう。そういう道作りがある。大山道は、なにやら大事なことを訴えている気がする。

『いずみ いまむかし(泉区小史)』という本の中に「暮らしと信仰の道・大山道」という記述がある。

大山道や大山街道と呼ばれている道が、神奈川県内には幾筋かある。その中で泉区を通っているのは「柏尾通り大山道」と呼ばれ、東海道の柏尾を起点とすることからこう名付けられた。
この道は横浜や東京東南部の人たち以外に、千葉方面からの人たちが舟で海を渡って神奈川の港や杉田あたりにあがり、武相国境を越えて柏尾から利用した人たちが多かったようである。
大山は丹沢山塊の東端に聳える1,246mの山で、円錐形の端正な山体は山岳信仰の対象になるに相応しい美しさを持っている。また相模湾から上がってすぐの山岳であるため、海からの気象的影響を受けやすく、雲が巻き起こって雨を降らすことに由来して、雨降山(あめふりやま)や阿夫利山の別名があるように、農耕を営む人たちには、水を司る水分(みくまり)の神としての信仰があり、また伊豆から湘南一帯、千葉方面の漁労民には、船からの方向を確認する山であり、また山林にかかる雲の様子で、気象の変化を知るなど、航海安全の守護神としての信仰もあつかった。
この道が使われた時代の庶民の信仰は、物見遊山の言葉を生んだ時代にふさわしく、現代のように複雑ではなく明るくおおらかであった。大山信仰は歴史も古く、関東の名山として庶民の厚い崇敬を集めてきたが、江戸期には山頂にあった巨岩を男根に見立てて子授けの祈願をしたり、遊女はこれに商売繁盛を祈ったり、また任侠の徒は刀に見立てて一家の守護神として崇めたりもした。
「商売繁盛」「家内安全」「大願成就」「豊漁祈願」「航海安全」「病気平癒」「武運長久」と、余りこだわりもなく賑やかであった。

以下、さがみ野駅/さがみ野教会(S)~ 厚木(G)
戸塚(S)~ 泉教会(「中田町」左)~ 長後(G)
クリックすると拡大可





にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-03-26 23:11 | Comments(0)

「大山道」

今、新型の教会案内を作っている。まあ、見たらびっくり、教会案内とはおよそ分からない編集である。出来上がるのが楽しみだ。
f0086426_2352975.jpg

さて、その編集に入れるのが、「大山道」の記事である。教会のすぐ近くを通っている古道なので、取り上げようと思った。そもそもこういう編集が、「新型」の意味である。さて、記事の内容をそのまま転載する。

見出し:
 和泉町は旅人で賑わった!

小見出し:
 和泉小学校から いずみ中央駅に抜ける細い道は、「大山道」という古道で、江戸時代に大山詣と遊山を兼ねた旅行をする人たちで、たいへん賑わった。

本文:
 この道は、戸塚(不動坂)から始まり、国際親善病院横から住宅地を抜け和泉小学校入口信号~和泉小学校~いずみ中央駅~長後を経て大山に至る道です。江戸から東海道で来た人々は、戸塚の柏尾から「大山道」に入り、和泉町内を通って行くわけです。なるほど、写真の庚申塔から、元ナリタヤさん辺りまでだけでも、探せば4つもの古い道標、供養塔が見つかります。
江戸から来た人々が私たちの和泉町内を往来したと考えると、ロマンを誘います。
東海道などは、時の権力によって出来た政治と産業の道。そういえば東海道四百年を機に一気に東海道ブームで、東京(江戸)から京都まで歩いていこうという人が多いのですが(筆者も完歩!)、一方、大山道は大山詣と遊山を兼ねた旅行目的の道で、「庶民の道」と言って良いでしょう。
写真は「和泉小学校入口」交差点にある庚申塔。
f0086426_0101218.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-02-22 00:07 | Comments(2)