タグ:教会 ( 441 ) タグの人気記事

「出て行く教会」

教会に人が来ないのなら、こちらから出て行こうと祈りの中で思いたち、テアトルフォンテで隔月開催として1年間、「古典としての聖書 おもしろ読み」と題して、初心者向けの聖書会(伝道聖書会)を続けてきました。礼拝においでにならない方でも、このような場所だと5、6人が来てくださいます。その多くは、心を聴く市民ネットワークで受講された方々ですが、家庭集会の関係者、教会のコンサートに来られた方も、おられます。信仰にはなじみのない方が多いですが、聖書を通して、そして教会員の方の証しを交えながら、いろいろ会話が弾みます。楽しい時間です。
こうしてこの1年間、隔月で開催してきましたが、9月からは毎月一回の開催とします。いつか礼拝に来てくださることを祈りつつ、泉教会の大切な伝道の働きになりました。
来年はさらに、日曜日の午後、月に一度、テアトルフォンテ会議室で礼拝しようと、計画しています。教会で朝の礼拝をし、午後、テアトルフォンテで伝道礼拝をするのです。聖書に触れて戴くためには教会という建物に来なければならないとか、また、礼拝のために教会という建物に来なくてはならないということはありません。こちらから出て行って多くの人に出会えるなら、教会が出て行くまでです。
泉教会は、伝道のために聖書をたずさえ、出て行く形を具体化しています。このようにして仲間と一緒に出て行く先も、また、泉教会なのです。私たちは今、挑戦的に、新しい伝道の形を試みています。



[PR]
by rev_ushioda | 2016-07-31 21:40 | Comments(0)

世界各地で民族的、思想的、宗教的、経済的、その他さまざまな原因で対立が深刻化しています。テロは頻発し、クーデターが起こり、日常的発砲事件はアメリカで後を絶ちません。そういうアメリカで、白人警官が無抵抗のアフリカ系アメリカ人を容赦なく殺害するという事件が波紋を呼んでいます。「壁」は、私たちが思う以上に厚いのです。
そのような中、カンバーランド長老教会の総会がアメリカ南部(すなわち、かつて奴隷制を支持した地域)テネシー州ナッシュビルで開かれ、重要な決議がされました。「アフリカ系米国人の兄弟姉妹への謝罪」(仮題)です。
カンバーランド長老教会では50年にもわたって、同じカンバーランドでありながら別組織になっている(させられた)アフリカ系アメリカ人教会との「合同」を推進しようという試みがされて来ましたが、まだ、実現していません。しかし、今回、次のような謝罪がなされたのです。
…私たちは、過去、アメリカの奴隷制を糾弾することにおいて、曖昧であり、かえってアフリカ系アメリカ人の会員を分離、隔離してきた。奴隷制度が廃止された後でさえ、教会員として受け入れることを拒み、分離を推進してきた。それゆえ今、私たちは、自分たちのあらゆる残虐な行為について神の赦しを求め、悔い改めることを決意した。また、アフリカ系アメリカ人の兄弟姉妹に謝罪し、赦しを求め、私たちの罪が原因となった壊れた関係の修復に向けて、働いていくことを決意した。…
この決議の場に代議員として居合わせた饒平名長老は、帰国後、この時のことを深い感動をもって証しされました。
教会は、間違ったなら、その事実を悔い改め、謝罪し、新しい歩みを作る決意をします。「宗教とは、この世の理屈を超えた『物語』を信じる営みだ」(2016年7月17日朝日新聞「ローマ法王の挑戦」)。この世の理屈を越えた物語とは、たとえ負の事実であろうともそれに向き合い、悔い改め、謝罪し、決意の歩みをするときに、始まるものです。この世の理屈でものを言っているうちは、何も始まりません。その理屈を超えるためにこそ、私たちは礼拝者であり、キリスト者であるのです。


[PR]
by rev_ushioda | 2016-07-21 16:52 | Comments(0)

「教会籍と葬式」

葬式とは自分の人生を終い、葬る式であり、式と言えば教会では礼拝のことですから、葬式は、葬りの礼拝、葬礼拝です。(日本中会の礼拝書は、葬式を礼拝とはっきり位置づけています)。ですから、その教会の教会員であるということは、いつもそこで礼拝しているように、自分の人生を閉じる礼拝、葬礼拝もその教会でする、ということになります。もちろん、その時になってみないと分からない事情(転居、会員籍異動、家族の意向)というものはありますが、教会は、一人の会員を受け入れる時、もとより、その人の人生の最期を引き受ける覚悟で受け入れているのです。逆に、洗礼を受けるときは、自分はこの教会で人生を終うのだ、というほどの気持ちが大事なのです。
ですから、たとえば他教会の方が自分の葬式をここでしたい、という願いを出される方があっても、教会は、簡単にその願いを引き受けることはせず、教会籍がある教会に必ず戻すのです。教会籍は、そのくらい重みのあるものです。教会籍のある教会で礼拝し、教会籍のある教会で月定献金し、教会籍のある教会で人生を終うのです。アメリカの教会を訪ねたとき、礼拝堂の隣に教会の墓地がありました。日本ではお寺がそうですが、しかし教会の場合、土地事情からいって敷地に墓地、納骨堂を持つ教会は少ないのです。しかし、その場合でも教会はどこかに墓地を所有していて、その教会の会員が、必ずその教会で人生を終うことが出来るようにしているのです。そのように、そこに籍を置き、人生を最期までそこに置いている仲間だから、互いに真剣に人生と向き合い、真剣に話が出来るのです。通りすがりの気持ちでは、その程度の質にしかならないでしょう。どうぞ、人生の終い方を賭けた教会生活をなさってください。


[PR]
by rev_ushioda | 2016-07-01 15:18 | Comments(0)

「信仰告白に生きる」

 絵画や映画を見ると、意図して、事実に即して描こうとしていない(・・・)ことに気づきます。典型的なのがダヴィンチの『最後の晩餐』。当時、ユダヤではあのような部屋やテーブルで食事をしなかったくらい、承知の上で描いています。レンブラントは『十字架を立てる』絵の中に十字架を立てている自分を描き込んでいます。聖書に関係した絵のほとんどは黒人は黒人のイエスを、日本人は日本人のイエスを、というように自分の国の顔立ちで人物いています映画、直近の『エクソダス』ではモーセ手に杖ではなく、剣を持たせ『復活』は、ローマの司令官の目で(すなわち監督の目で)見た創作です。音楽となれば、私たちのイメージ聖書でいないだけに、まったく独創的な世界が広がっています。小説言わずもがな私たちは、すぐに、これは事実に即している、いや違うと、評論家のようになって話をするのですが、芸術の世界では、そういうことはおかまいなしに事実を正確に描こうとなく・・聖書を読んだ者実存的な受け止め方、彼らの信仰告白をその絵に、映画に、音楽に、小説に、伝えているのです。

 私たちは言葉で教会的な信仰告白を告白するのは言うまでもありませんが、しかし、私たちの、聖書を読んだ者としての実存的信仰告白はどうなのだろうと考えます。絵が描けたら、私はイエス・キリストにこのように従うのだという絵を描きたいし、映画だったらそのように舞台に立ちたいし、音だったらその音の世界に生き、小説ならその主人公として生きたいのです。そこにおいては、他の人と違う生き方があります。その告白を実存的に生きる仕方は人によって違う。そのような人の信仰告白に、だれも異をとなえることはできない、そういう告白的な生き方を、私たちは、持っているだろうか。教科書的な信仰告白をただ繰り返すだけの生き方を、主イエスはのぞんではいないでしょう。また、何かの基準(ファリサイ的基準)に、あっている、あっていないと他人の信仰をそのように見る評価的な生き方は、なおさら、主イエスは望んではいないでしょう。イエス・キリストにぶつかっていく実存的な信仰、その人の、その人らしい告白をこそ求めておられるに違いないと、私は信じています。そこにおいては皆違っていい。私たち泉教会は、その違った信仰告白が一つにされ、神の国を形成する仲間です。




[PR]
by rev_ushioda | 2016-06-14 12:18 | Comments(0)

「説教への反応」

 説教を聞いて、少なくとも、以下の13の反応があります。説教がどの反応を期待しているかは、すぐお分かりと思います。それが、説教の聞き方です。

1.眠気を催し、眠りこける。

2.つまらない話だ。

3.馬耳東風。自分とは関係ない。

4.ほうっておく。

5.あざ笑い、いつかまた聞こう(もう聞かない)、と言う。

6.当惑と興味と半々。

7.実にひどい話だ。だれが、こんな話を聞いていられようかと言って去る。

8.言葉じりをとらえてどうにかしてやろうと思って聞く。

9.説教者をわきへ連れていき、私の理解と違うと言って、いさめる。

10.説教者を始末しようとする。

11.難しい…

12.素直に受け入れ、新しく聖書を読む生活を始める。

13.では、どうしたらよいのかと、尋ねる。

14.今日の説教は私のためであった。みことばによって心が動いた。

ちなみに、1、2、5、12番目は、あの使徒パウロへの反応です(使徒20:9、第2コリント10:10、使徒17:32、同17:11)。また、3、6番目は、洗礼者ヨハネへの反応です(マルコ6:20、ルカ7:3132)。4、13番目は、ペトロへの反応(使徒5:382:37)。7、8、9、10番目は、主イエスへの反応です(ヨハネ6:60、ルカ20:20、マルコ8:32、ルカ4:29)。1114番目は、同じ日に私の説教を聞いた、お二人の人から実際、私が聞いた言葉です。

私は、駆け出しの頃、色々な人の批判も一生懸命聞こうとした時がありましたが、しかし、批判した人はある時、私の説教の聴き手をやめる時が来ました。礼拝においでにならなくなり、私は取り残されたのです。聞き手は、気にいる説教を自由に選ぶことが出来たのです。私は悟りました。私は自分の説教を語り続けるしかないこと、また、そういう聖書の読み方をするしかないことを。以来、人の批判に対して、私は相当に頑固な人間になったと思います。感想なら喜んで聞きますし、また、牧師会のような説教の研鑽を通してなら喜んで自分を変えたいと願いますが、批判に振り回されるのはやめようと心に決めています。そして、上の121314番目の応答をこそ期待し、語り続けてきました。私の説教の聴き手である泉教会の皆さんは、そのことをよく分かって、良い礼拝をささげてくださっています。






[PR]
by rev_ushioda | 2016-06-11 12:43 | Comments(0)

「あかし言葉を」

荒井献とか、大貫隆と言えば、日本の聖書学の大家です。たまたま泉教会に出席されているお一人が昔、同じ教会だったという話になりました。さぞかし難しい話が飛び交っている教会だったでしょうという話になると、「いいえ、教会では難しいことは何もおっしゃいませんでした。教会で教えようという態度は見せず、荒井先生などは、古着の叩き売りが上手だったんですよ…」という日常を紹介してくださった。私は、この先生にしてそうだったのかと、大層感心しました。
そういえば、ある時、仲間から聞いた話ですが、礼拝にその教会の牧師の恩師が出席された。恩師であることは伏せ、一人の礼拝者として紹介。本人も、礼拝で短く「自分は何も取り得がない者です…」と挨拶されたそうです。礼拝が終わると一人の人が近づき、励まそうとしたのだと思いますが、「そんなことはない、聖書には、神は…」と、とうとうと話し始められた。牧師はあわてて、「この方は…」と説明しようとしたが、やめたという。なぜならその恩師の方は、言われるままに「そうですね。本当にそうですね。」と耳を傾けていたからだと。
教会の営みの中で何が必要なのかといえば、聖書の言葉をもって自分が教えられたことを語り合う、「あかし」の空間を作ることを私は大事にしていますが、改めて、その思い新たにいたしました。あかしとは、私はこう生きて来たけれど、聖書によって、礼拝によって、こういうことに気づき、キリスト者になった、キリスト教信仰に生きるようになったし、今後もこの信仰を大事にして行きたい、という言葉です。教会の秩序を教えたパウロは賜物の違いを述べていますから、主語が「あなたは」という指導や教えはその賜物を持った人に委ね、私たちは、もっぱら主語を「私は」にした、「あかし言葉」を教会に溢れさせたい。
信徒が信仰の大事さに気づくのは、人に実際起った神のわざに触れた時です。また、初めて来た人が、聞いて、心動かされる言葉は、神がその人に何をされたかという、あかしの言葉なのです。私に実際起ったこと、私が実際動かされたことを語る、主語が「私」である「あかし言葉」は、泉教会で大事にされ、これからも大事にしていく言葉なのです。 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-06-03 10:53 | Comments(0)

「聖書に読まれる」

私たちは聖書を読みますが、聖書を読んでいると、やがて、聖書に読まれ(・・・)ている自分に気づくのです。
聖書を読むとき、私たちは少なくとも注解書1冊くらいは傍に置き、分からなければ調べるという、いきおい、勉強の体制をとると思います。分かろうとするのは大事なことですが、しかし、分かるというのは、聖書の言葉を自分の理解できる器に入れることです。果たして、このちっぽけな頭や心という器に聖書の言葉が入る(分かる)でしょうか。分かった瞬間、あなたは分かってない、と言われるのではないでしょうか。
大事なのは、聖書に読まれることです。聖書に私たちが読まれる時、同じ聖書の個所でも、前と違ったメッセージになります。私は、説教において私たちが聖書に読まれることを、大事にしたいと思っています。同じ個所でも、前に読んだ(説教した)同じことは多分、語っていません。説教においてこの個所はこういうメッセージだろうと聴き手が期待、予期した内容とも、違う言葉になっていると思います。すなわち聖書は生ける神の、生ける言葉ですから、神は、1年前、10年前と同じことを語っているはずはないのです。神は今、ここにいる人に向かって、その聖書個所から、今、ここで語る言葉をもっているのです。私は、その言葉に読み込まれた人間として、その言葉を語ろうとしています。「今は神を知っている、いや、むしろ神から知られている」(ガラテア4:9)とパウロが言う通りです。パウロは、神を知っている、聖書を知っている自分ではなく、神に知られている、聖書に読み込まれている自分に気づいたのです。その時、聖書は、パウロに新しいメッセージを放って来たのです。
私は皆さんにも、聖書を知っているのではなく、聖書に知られている、聖書に読み込まれている自分を発見してほしいと思っています。それが私の説教です。そういう意味で、私だけでなく誰の説教を聞いてもですが、期待が外れたことは、たくさんあると思います。神は、(誤解を恐れずにいえば)私たちの化石化した聖書の理解や期待を、はずしているのです。その挑戦を真っ先に受けているのは、もちろん説教者であることは言うまでもありません。説教は、そこから生み出されているのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-05-29 23:46 | Comments(0)

「異なる言葉を」

先週はペンテコステでした。この世界に新しい共同体が生まれ出たことを祝う日でした。そのきっかけは聖霊によって「ほかの国々の言葉で語り出した」ことにあります。「ほかの国々の言葉」の直訳は「ほかの舌」「異なる言葉」です。教会は、今までと同じ言葉を話すのではなく、異なる言葉を話すようになったのです。それは、神が何をしてくださったか、という証、伝道の言葉でした。キリスト者は、今までと同じ言葉を語るために洗礼を受けたのではありません。神を証しする言葉、伝道の言葉を語る者として、この世に新しく生まれたのです。
泉教会は、ここに集う者、皆で出来る様々なユニークな伝道ツール、方策を考え、生みだしました。それらをもって神が語ってくださると信じて伝道しています。私たち教会員は、依然としてこの世と同じ関心を持ち、この世と同じ言葉を語っていくのではなく、差しあたって教会の持っている伝道ツールを手に取り、それを紹介するという、新しい言葉を語り始めて行きたいのです。
教会員の皆さんは、以下、どのくらい活用しているか、チェックを入れてみましょう。半分以上、チェックが入るでしょうか。
 
□「聖書おもしろ読み」(於テアトルフォンテ)を人に紹介する。
□「気持ちの聴き方」(牧師の外部講座)を関心ありそうな人に紹介する。
□「賛美の会」を関心ありそうな人に紹介する。
□「電話メッセージ」(週報折込みの紙)を読んで欲しい人に手渡す。
□「ライフライン」(第2週の放送で泉教会の広告が出る)を観るよう、紹介する。
□カード(聖書おもしろ読み、電話メッセージ、礼拝等の案内)を常時携帯し、機会があれば人に手渡し、紹介する。
□泉教会の口コミを投稿する(方法は、受付にある赤いカードのアドレスに直接、またはホームページから、アクセスする)
□初めて礼拝に来た人に、用意されている当日の説教原稿を差し上げる。
□「元旦礼拝」「イースター」「泉区民クリスマス」「コンサート」などの特別な機会に人を誘う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-05-20 10:44 | Comments(0)

「教会を信ず」

「わたしは…きよい公同の教会…を信じます。」これは、「使徒信条」の言葉です。このような簡潔に信仰を体系化した言葉は、洗礼準備のために必要だったと言われています。
しかしまた、このような信仰を表明する背景には、現実にはそうではない状況があったこともまた、想像するに難くありません。聖書を読んでも、生まれたばかりの教会には、不道徳、無秩序など、この世に起こるのとまったく同じ世俗の問題があり、それに加えて異端の侵入など、すでに様々な問題があったことが分かります。そういう事柄への対処、信仰訓練、教育のためにパウロは手紙を書き、それが新約聖書になったのです。そして、大事だと思うのは、パウロはそのような教会を「神の教会」と言い続けます(コリントの信徒への手紙1:2ほか)。教会を信じたのです。混乱ばかり引き起こす人を、それでもキリスト者だからと言ってその人を信じたのではなく、「神の教会」であると言って、教会を信じた。ここが大事なのです。
どこかに行ったら、問題のない教会に出会えるでしょうか。そんなことはありません。教会には物理的な意味で社会との境界線はありませんから、社会がそのまま教会の現実になります。教会に人がいるかぎり、人は罪のゆえに問題を引き起こします。社会の問題は、そのまま教会の問題になります。そして、社会の問題がそのまま教会の問題になっている教会こそ、キリストの教会、世に生きる「神の教会」だったのです。
問題が起こるから問題なのではありません。問題を仲間と共にただしく解決できない時、それが問題なのです。問題を引受け、共に担い、そこにキリストのおられたことを見出すまでは確かに辛い経験もするでしょう。しかし、パウロが「神の教会」と信じた教会も、同様の苦闘を経て、そこで信仰を証ししたことに、私たちの目を向けたいと思います。パウロが生きた教会以上の教会を、私たちは作ろうとしていません。「神の教会」は、問題のただ中にこそありましたし、これからもそうなのです。皆さんの目に「神の教会」が見えているでしょうか。もちろん、見えていると思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-05-18 23:57 | Comments(0)

「聖書の自由読み」

こんな話を聞いたことがあります。戦争が終わって、軍人さんが村に帰ってきた、物資が不足している中で、リヤカーがほしい。そうだ、あの人は軍隊で戦闘機を作っていたそうだから、設計は得意だろう。リヤカーを設計してもらって、自分たちで作ろうということになった。出来上がったのですが、ところがどうも具合が悪いのです。村のガタガタ道を走ると、揺れが大きすぎるのです。理由は、ガタガタ道を走るようなリヤカーは、車軸に「遊び」という、いわゆるガタ、余裕を設けなければならないわけです。ところが航空機の設計屋さんだから、そういう「遊び」のことは考えなかったのです。その結果、ガタガタ道に対応できず、乗り心地が悪くなってしまい、使い物にならなくなったというわけです。どんな良いものも、これでは意味を失います。
私は、教会の「設計」にも同じことが言えると思います。人の心は、改めて言うまでもなく、けっこうガタガタ道なのです。そこで聖書の読み方にも、いい意味で「遊び」が必要で、それをなくしまうと、生きにくくなり、人の居場所を奪います。人は教会に集まらなくなります。聖書を読む人がいなくなっては、いくら聖書があっても何の役にも立たない、本末転倒でしょう。
よほど破壊的な読み方でない限り、間違ってはいてもその人の読み方に感心し、「ナルホド、あなたはそう読むか。」と当座は間違いも包含し、読み方の幅の広さを楽しむのが良い。聖書の自由読みを楽しみながら、仲間と出会い、そしてここが大事ですが、聖書の自由読みを楽しむ者が、ついには下に記した聖書の言葉に出会うことが出来、その言葉自身に教えられ、導かれていくのです。私の40年にわたる牧会姿勢は、何の前提も持たず、何によっても支配されず、「遊びという設計」を最大限発揮してみると、そこで聖書から聞こえてくる言葉に教えられ人が変容するということでした。教会はこの世の悪魔的な動きに対しては「教理」を働かせて命をかけて戦いますが、個人個人に対してはまったく違う出会い方が求められています。私は聖書の言葉じたいが人に働くことに信頼していますので、思い違いをした聖書の読み方をする人に出会っても、何も驚きません。あわてて否定もしません。そういうわけですから、泉教会に生きる私たちは、人が聖書に出会う機会を「設計」し、そのような「後方支援」をこそ大事にすればよい(これが疎かであっては何をかいわんやですが)。あとは、聖書の言葉がその人の内にあって働く働きに委ねるのです。
「というのは、神の言葉は生きており、力を発揮し、どんな両刃の剣よりも鋭く、精神と霊、関節と骨髄とを切り離すほどに刺し通して、心の思いや考えを見分けることができるからです。」ヘブライ人への手紙4章12節

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-05-01 21:09 | Comments(0)