タグ:教会 ( 435 ) タグの人気記事

「礼拝を大事に」

「イエスは…いつものとおり安息日に会堂に入り…」(ルカ4:16)。

いつものとおり、いつもの場所で。このことは大事なことなのだ、と気づくのです。教会は、いつものとおり、いつもの場所、日曜日の礼拝を大事にします。

私たちの生活にはいろいろなことが起こります。外からの試練、内からの試練、襲って来る不安、恐れ、失意、落胆。そういうものによって、自分を情けなく思っているかも知れません。ひょっとしたら、憎しみ、怒りがあるかも知れません。湧き上がる欲望、傲慢、人への裁きに支配されるかも知れません。支配されていることさえ、気づかないかも知れません。イエス・キリストだって、誘惑を受けましたし、苦しみ悶えて祈りましたし、怒ることも、涙を涙されることもありました。そのような中で、いつもの通り、礼拝の場に立たれたのです。不安、恐れ、失意、落胆、憎しみ、怒り、湧き上がる欲望、傲慢などの克服の秘訣は、いつものとおり日曜日にはいつもの場所、礼拝堂に入ることなのです。淡々と、祈りの道に立つことこそが、すべての誘惑からの勝利の秘訣なのだ、ということです。

ティーリケという人の「主の祈り」という本を読んで、驚いてしまいました。この本は、戦争中、日曜日に礼拝堂で話された説教集なのですが、いたる所に次のような挿入文があるのです。「この説教はサイレンと空襲によって中断された」「この説教はこれを行う直前に教会堂が空襲のために廃虚となり、場所を移して行なった」…破局のただ中で、人の心はすさみ、希望をなくし、どんどん心を閉ざしてしまうのが当たり前です。しかし人々は集まり、祈りの生活を作り続けた。礼拝をまもることで、すさみ、閉じていく心を、逆に彼らは押し広げていったのです。この説教集は、原題が「世界を包む祈り」となっています。爆弾で礼拝堂が吹き飛ぶ中でさえ、いつものとおり、いつもの祈りができるとき、心の視野は、世界を包むほどに押し広げられる、と言うのです。

「いつものとおり」祈りの生活を作るとき、祈りは、私たちの貧しい心を、世界を包むほどに開くことが出来るのです。

礼拝への道がまもられますよう、祝福を祈ります。


[PR]
by rev_ushioda | 2017-07-01 17:46 | Comments(0)

「日曜日を盗むな」

日曜日は、教会では「主の日」と言います。「私の日」ではありません。「主の日」、礼拝の日です。キリスト者は、洗礼を受けた時に誰も皆、そのように教えられ、洗礼の誓約で「礼拝を大事にしますか」と訊かれて「はい」と答えました。ですから、日曜日には何を置いても礼拝に行く人を「キリスト者」と言うのです。

それが、いつから「私の日」にしてしまったのでしょうか。仕事や試験、子育てなどが重なって、気づいてみたら「私の日」になったのではないでしょうか。気分で、行きたくないから行かない。こうして「私の日」にした人もいるのではないでしょうか。いろいろあって、「主の」ものを「私の」ものにしてしまったのです。

エデンの園で、アダムとエバが、取ってはいけないと言われた木の実を取って食べ、主のものを自分のものにした結果、どうなったか、皆さん、御存じでしょう。神と人とのコミュニケーションを破壊しました。神の前から隠れ、人間関係において責任転嫁し、子どもたちは、殺人事件を起こす。やがて人間が神のようになったと、「バベルの塔」はあらわしているのです。主のものは、私のものではないのです。それをしたら、すべてが歪み始めるのです。破綻するのです。

キリスト者にとって、日曜日は主の日です。主の日なので、私の日ではありません。私たち、日曜日は主の日として、私の手を開いて、主にお返ししようではありませんか。

子は父を、僕は主人を敬うものだ。しかし、わたしが父であるなら/わたしに対する尊敬はどこにあるのか。わたしが主人であるなら/わたしに対する畏れはどこにあるのかと/万軍の主はあなたたちに言われる。

…あなたたちは言う/我々はどのようにして御名を軽んじましたか、と。あなたたちは、わたしの祭壇に/汚れたパンをささげておきながら…/あなたたちが目のつぶれた動物を/いけにえとしてささげても、悪ではないのか。足が傷ついたり、病気である動物をささげても/悪ではないのか。それを総督に献上してみよ。彼はあなたを喜び、受け入れるだろうかと/万軍の主は言われる。(マラキ書1章6~8節)


[PR]
by rev_ushioda | 2017-06-01 17:50 | Comments(0)

「牧師の定年」


牧師にも定年があるのですか、と驚かれることがあります。確かに、規定では定年を謳っていますが、「教職者は、定年後も中会に所属するものとする」となっているのです。つまり、定年した教職者は、継続的な責任や任務から解かれますが、教職者であることに変わりがない、ということなのです。一般社会では、定年したらその会社とは関係なくなり、その身分も失われるのですが、そういう仕組みとは、違うのです。定年を迎えたら継続的な責任や任務には就かない、ということですから、当然、今まで働いていた教会を去ることになります。しかし教職者としての身分はそのままなので、場合によっては一時的な教会への責任や任務が与えられて、協力牧師、その他の関わり方ができるのです。例えば、ある教会の牧師が主日を前に急病になったとか、海外に出張することになった場合、招かれてみことばの説教をすることができます。牧師が不在の、無牧の教会のために、定年した教職者が牧師としての働きに就くこともできます(その場合、任期がなければ代務者と呼ばれ、任期があれば臨時牧師や臨時代行と呼ばれる)。単に小会議長をつとめるだけの場合もあります。

牧師と言っても年齢的な身体的、精神的な衰えがあり、教会との関係を維持するのが難しくなっても、教会は、なかなか言い出せないものです。しかし、定年や、短く区切った契約延長の仕組みがあれば、問題なく処理できるという意味で、定年制があるのです。だから、教職者は、定年後も教会との正規の契約関係ではなくても、余力があれば、可能な限り、教会に仕えていくのです。

『日本中会教職者定年および退職金規定』

第3条 教職者の定年は、満65歳に達した年末とする。ただし、小会は

教職者の健康その他の諸事情を勘案したうえで、教職者の定年を満70

まで延長することができる。

2 前項の延長は、2年ごととし、最後の延長は1年とする。

第4条 教職者は、定年後も中会に所属するものとする。


<a href="http://philosophy.blogmura.com/christian/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/christian/img/christian80_15.gif" width="80" height="15" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ" /></a>



[PR]
by rev_ushioda | 2017-04-09 06:30 | Comments(0)

礼拝のプログラムを見て気づくのは、神との対話は、このようにするのか、ということです。

まず、「招詞」は私たちを礼拝に招いてくださる神の言葉ですから、これを上から下の矢印(↓)で表わすことにします。次の「賛美」は、神をほめたたえる私たちの言葉ですから、下から上の矢印(↑)で表わすことにします。
以下、「罪の告白」は↑ 「赦しの確証」は↓ 「交読(十戒)」は↓ 「賛美」は↑ 「祈り」は↑ 「沈黙」は神の言葉を待つ私たちの姿勢ですから↑ 「聖書朗読」は↓ 「説教」は↓ 「賛美」は↑ 「信仰告白」は↑ 「奉献」は↑ 「主の祈り」は↑ 次の「報告」は礼拝が終わってから行うのではなく礼拝の中に入れているのは、神が私たちの中でこのようにしてくださった(してくださる)という意味ですから↓ 「共同の祈り」は↑ 「賛美」は↑ 「派遣の言葉・祝福」は↓ というようになります。
これが礼拝、すなわち神との対話なのです。相互に行き来していることが分かるでしょう。何よりもまず、神の行動、神の招きから、始まるのです。人間のほうから自分の都合によって一方的に語り出すのではありません。まず、神の行動、神の招きから始まり、それに応答するところから対話が始まっているのです。以下、矢印の向きは行ったり来たりします。これが大事です。私たちは、礼拝で、このように神と対話しているのです。

このように神との対話を学ぶ者は、次に、人との会話がどのようなものであればよいか、おのずと分かるのです。まず、相手の言葉に聞いていただろうか。また、相互の言葉との「遣り取り」を大事にしていただろうか。相手の言葉を聞こうともしないで、一方的に、自分のことを話しまくり、相手の時間を奪っていたのではないか。あるいは、大声で言えば、暴力的な方法を使えば相手に通じると勘違いしていたのではないか等々。私たちは、毎週、礼拝に集う度、話し方の基本を神との対話、礼拝から学び取っています。礼拝をまもる私たちお互いの会話が祝福され、豊かな広がりを持ったものになりますように。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2017-01-23 09:56 | Comments(0)

「主語は、主」

私は、私が、私の、そのような「主語」を自分に置くことから離れて、「神」、「主」、「主イエス」を「主語」にして考える、これを信仰と言います。
たとえば、泉教会の事を考えてみると、主語を「私」にして言うと、このようになります。 ― 泉教会は、潮田牧師が開拓伝道によって開設した教会である。潮田牧師は、いずみ中央の駅の近くが良いと思って、そこを中心に家を探していたが、たまたま現在の家に出会ったのである。駅からは離れているし住宅地の中でもあるので、当初、難色を示したが、来てみるとしっかりした家だし、二つの駅に等距離で、町の中心に位置するということが分かり、ついに決心し、ここで教会を始めることを決心した。
これを、「神」または「主」を主語にして言い換えます。 ― 主は、潮田牧師に開拓の志を起こさせた。主は、ご自身がすでにこの町に進み出ておられることを示すために、町の真ん中に一軒の家を用意された。主は教会が地域に開かれるために町の真ん中に礼拝の場所を用意し、私たちの目を主に向かって高くあげることを学ばせたのである。
この「主」である神の物語の中に自分を置くことを、信仰と言うのです。皆さんも一度、自分の人生を「主」を主語にして文章にしてみたらいかがでしょうか。そのように考える者として、皆さんはこの世に生まれたのです。キリスト者であるなら、主語は「主」です。何事につけても、主は、主が、主の… となります。
もちろん、いいことばかりではなく、思うように行かないことも起こりますが、その時も、この言い方は何も変わりません。そういう時は「主は、いったい何を教えようとしておられるのか。主は、私たちをどこに導こうとされているのか」という、祈りの道を作るのです。そのようなキリスト者が、そしてその共同体が、世界に現われた。それが教会です。

記事とは関係ないですが、自宅から見る富士山
f0086426_1621150.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2017-01-15 22:52 | Comments(0)

「信仰の冒険」

先日、ささげられた献金の袋に「十一献金」とありました。
「十一献金」とは、字の通り、十分の一献金のことです。十分の一献金とは、収入の一割は神さまのものだから神さまに「お返しする」献金です。もちろん、教会にそのような決まりがあるわけではなく、この人は、自発的にそのようにされているのですが、「十一献金」というくらい、教会ではこの言葉は昔からよく使われてきました。
それがどこから来たかを考えると、やはり旧約聖書の、あの御言葉に思い至ります。 - 「十分の一の献げ物をすべて倉に運び/わたしの家に食物があるようにせよ。これによって、わたしを試してみよと/万軍の主は言われる。必ず、わたしはあなたたちのために/天の窓を開き/祝福を限りなく注ぐであろう。」(マラキ書3章10節)
聖書は、神を試みてはならないと言っているのですが、この個所は唯一、神を試してみよ、と言っているのです。しかし「試してみよ」と言うくらい、そんなに献げたら生活が成り立たないと、聖書の人々も考えたのです。だからこそ、神さまは「わたしを試してみよ」と、信仰は、「冒険」だと言われているのです。水泳を学ぶ者が、水に飛び込まないで泳ぐことを習得出来ないように、神のふところに飛びこまないで(信仰の冒険をしないで)、天の窓が開かれ、祝福が限りなく注がれるという体験は出来ないのです。
つまり、十分の一であろうがなかろうが(それが問題なのではありません)私たちキリスト者にとって、信じるとは「身をゆだねる冒険である」ことに、この「十一献金」は気づかせてくれるのです。神さまに任せ切れないでこの世の価値観との間を行ったり来たりせず、きれいさっぱり、主なる神さまに身を委ねましょう。そして、「身を委ねる冒険」をする者に、主は、言われます。「必ず、わたしはあなたたちのために/天の窓を開き/祝福を限りなく注ぐであろう。」
今年、私たちキリスト者は、信仰の冒険者になろうではありませんか。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2017-01-07 10:08 | Comments(0)

「教会の暦に生きる」

年末になると、いろいろなカレンダーが届きます。クリスマスはもとよりですが、復活祭と書かれているものも見られるようになりました。しかし、よく見ると、細かい字でいろいろ書かれているものがあります。「六曜」(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)が書かれたカレンダーは、どの家にも一つや二つは、あるのではないでしょうか。「友引」に葬式・法事を行うと、誰かが死ぬとの迷信があり、友引の日は火葬場を休業する地域は多いのです。建築関係者の大凶日とされる「三隣亡」と書かれているものもありました。大工さんは、その日の仕事は避けるようです。

すると、カレンダーというのは、ただ日を追うためのものでなく、日の巡りに意味を与えようとするものだと分かってきます。教会(キリスト教)のカレンダーでは、日曜日は「主の日」という1週ごとの節目から始まって、1年に「降誕日」「復活日」「聖霊降臨日」という節目を与えて、イエス・キリストの恵みと愛と支配のもとで生きよう、と意味を与えています。

今日という日を、上に書いた「六曜」とか、あるいはほかの迷信的な意味づけで生きていくのか、それとも、キリスト教のカレンダーで人生に意味を与えて生きるのか、大事なことになります。言い方を変えれば、何に支配を受けるのか、です。繰り返しますが、世には、迷信をはじめ、他の思想が組み込まれたカレンダーが、溢れかえっているのです。この世のカレンダーに支配され、縛られて、人間としての自由や意味を失うのではなく、今日というどの日も良い日にしていくのがキリスト者の持っているカレンダーなのです。このような節目のつけ方から、キリスト者は、離れてはいけないのです。

「あなたがたは、いろいろな日、月、時節、年などを守っています。あなたがたのために苦労したのは、無駄になったのではなかったかと、あなたがたのことが心配です。」(ガラテヤの信徒への手紙4章10節)


[PR]
by rev_ushioda | 2016-12-30 11:56 | Comments(0)

「淡々と」

素直な信仰を、淡々と生きている人がいる。
難しい話は分からないと言う。しかし、礼拝が大事なことだけは分かっている。周りがどんなに騒ごうとも、「この道に生きることは自分で決めたのだから、決めた事はやめてはならないでしょう」と言う。日曜日が来れば、「今日は日曜日、さあ礼拝に行きましょう」と、礼拝への道に立つ。大事なことは大事なんだと、文字通り理屈抜きで、問題があろうとなかろうと、今も、これからも、キリスト者を生きていく。

素直な信仰を、淡々と生きている人がいる。
教会の暦がアドベントになれば、礼拝堂の4本のローソクに1本、1本、火がともるのを見つめてクリスマスを待ち、受難節になれば1円、5円、10円の節約献金をして主の受難をしのびつつイースターを待ち、ペンテコステには、礼拝堂に子どもたちがまくバラの花を見て、聖霊が私にもくだったと言って喜ぶ。

素直な信仰を、淡々と生きている人がいる。
今日は雨/雪だから礼拝に行く人がきっと少ないだろう、寂しい人がいるといけないからと言って、いつもより少し早く家を出て、礼拝への祈りの道を作る。風邪でお休みされた方のためにお手紙書きましょうと、牧師に住所を尋ねる。初めて礼拝に来られた方のそばに歩み寄り、よくいらっしゃいましたと多くを語らずに控えめなひと声をかける。

素直な信仰を、淡々と生きている人がいる。
誰にも気づかれないところで、今日も良い日だと言って、次の礼拝に向けて祈りの道を作っている。

その人を、この世の悪、この世の艱難であっても、押しつぶすことは出来ない。その人は、すでに世に勝っているからだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-11-27 22:37 | Comments(0)

「女性のつどい」

躍動する教会! 女性会の研修会に出席して、私たちカンバーランド長老教会に対して改めて感じた思いです。歴史を振りかえってみても、現在の教会の動きを見ても、伝道のために躍動している。それがカンバーランド長老教会です。
私たちは一つの教会で礼拝をまもり、交わりをし、教会の印象を持ちますが、大事なのは、その教会がどういう共同体に属しているか、ということです。目の前の教会が高齢化だとか、建物が貧弱だとか、経済が厳しいとか、当座のマイナス印象はあるとしても、どういう共同体に属しているか、それが大事です。
カンバーランド長老教会は、国単位で教会組織を作らない、めずらしい教会です。教会はアメリカ合衆国から始まりましたが、すぐに海外に宣教師を送り、今日ではアジア地域にも宣教地域が広がり、名実ともにグローバルな教会となっています。研修会では、私たちは境目を作らない、多様さを含んだ一つの教会、グローバルな教会であると言われていました。つまり、インターナショナルではないのだと。インターナショナル、つまり、ネイション(国家)があって、その境目をつないでいるという意味で、私たちの教会は一つなのではないのです。私たちの教会は、国境を越えて一つなのです。境目を作らない、「一つの」教会なのです。
それを後押ししたのは、女性たちの組織でした。男性は組織とか枠組みとかを大事にしますが、女性的な感性はそういう枠組みを自然に超えたのかも知れないなと、私は講演を聞きながら思いました。泉教会も、女性たちのキリスト者としての感性が、生き生きと用いられる教会でありたいと思っています。
さて、「共同宣教」試論は、そのような考え方を私たちの教会にあてはめて具現化するためにはどうしたらよいかということの投げかけです。この時のために私たちの教会があったのだ、と言えるものを、見えるものとして現したいのです。パウロが「渡って来てわたしたちを助けてください」という幻を見て、すぐ、トロアスから船出したように。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-10-06 22:01 | Comments(0)

「教会の壁を越えて」

CCC (キリスト教カウンセリングセンター)交友会からの『原稿依頼があり、以下のように書いてみた。

当時、3年間の学習が修了した時、CCCの修了証に「カウンセラー2級」と書いてありました。この「お墨付き」をいいことに、開拓伝道に出た20年前、地域との出会いを求めて傾聴講座(注1)を始め、現在は教会と別組織でNPO法人化し、教会が地域に出て行く足がかりにしています。すると、これをきっかけとして、以下のように牧師がこういうところに招かれて講演するだろうかという、おもしろい経験をさせてもらっています。事業所を対象とした第三者評価委員の講演会、成年後見人(行政書士会)の講演会、子どもの相談を受けるチャイルドラインの研修会、病院の看護師研修会、地域の公立小学校PTAの講演会等々。いつも「ただの牧師です。心理学を勉強したわけではありません」と言いながら、教会と地域との接点は1回でも多い方がいいと考えていますのでお招きに与ります。CCCでの学びと体験がこんな展開になるかと驚き、また、そのような機会を与えてくださったCCCとの出会いを感謝しています。
CCCで学習し始めた2期目、当時、そこでエンカウンターグループが用意されていました。早々に私は、これはまずいことになった、と思いました。皆さんが言っていることがまるで分からないで、一人取り残される感覚。3回目で、「気持ちがわかりません。ついていくことが出来ない」と言うと、すかさずファシリテーターの大西先生が「潮田さんの両脇の人、潮田さんの手をたたいてください。」(パチッ!)「どうですか?」「痛いです。」「“気持ち”が、言えたではないですか!」― 気持ちの言語化とその受容・共感。たったこれだけのことが、その後の私のすべてを方向づけました。
教会で出会う子どもたちは限られています。しかし、子どもの電話を受けるチャイルドライン(注2)のリスナーの研修に招かれて、牧師だったらこのように聴く、という聴き方を5年にわたり共有できたことは幸いでした。教会に来る人だけを相手にするのではなく教会の壁の外の人にいかに主イエス・キリストの慰めを届けるかを考えると、福音伝道こそ教会の働きですが、牧師はこのように話を聴くということをお伝えできることは、これも、福音の多様な現われの一つと考えています。

注1.カウンセリングの学びを生かした「気持ちの聴き方」という市民講座。内容は、「聴くこと」、共感・受容、会話記録分析、ロールプレイ。全10回。現在まで20年間で受講生400人。現在「NPO法人 心を聴く市民ネットワーク」。
注2.「いのちの電話」の子ども版。電話にかかって来る子どもの話を共感的・受容的に聞く。神奈川県では、県内公立小・中・高等学校の子どもたちに学校を通して約75万枚の案内カードを配布、月に500件の着信がある。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-10-05 17:26 | Comments(0)