タグ:大事なこと ( 63 ) タグの人気記事

 「教会に行かないクリスチャンは信用しない。」
 
某キリスト教団体につとめておられる一人のキリスト者の言葉でした。この方は、キリスト教保育の現場で、「なぜ、さんびかを歌うの?」という基本的なことに疑問を持つ先生方と向き合うことから始めました。「日曜日は園の行事を入れないで礼拝を大事にしよう」と言うと、キリスト者からさえも「熱心だなあ」という情けない(体たらくな)言葉を聞きながら、今は、その園の主任として、団体の生命線を維持しておられます。その団体の上司から、こう言われたと言います。「とにかくキリスト教保育を進めてください。最初に変えなければ、何も変わらない。」 それで自分の立ち位置を確信したそうです。
私は、以前、あるキリスト教学校のPTA会長をつとめ、キリスト者である校長のもと、後援会にも喜んで役員として残ったのです。ところが、あるとき校長が替わり、新しく校長に赴任した人は、信仰のない人でした。入学式では、聖書の言葉を適当に引用して、持論を語る態度に我慢しきれず、ついに役員辞任を申し出たのです。
「教会の礼拝に出席していない校長先生が、聖書の言葉を引用して生徒たちに語る言葉というものはいったい、どういう言葉なのでしょうか・・。そこで行なわれるキリスト教教育とは、どういう教育なのでしょうか。聖書の言葉は、そんなに軽かったのでしょうか。聖書の言葉を命がけで語って来たものとして、キリスト教教育を掲げる学校において、キリスト者でないばかりか、教会にも通っていない校長先生が軽々と聖書の言葉を引用することに、いえ、理事会がそのような人を校長に選任したことに、大変な危機感を覚えました。
入学式に出席させていただいて、私は学校の創設者が最も大事にして来たことが、いとも簡単に上辺だけのものになっていることを感じ、憂慮の念を禁じえませんでした。
今、私が置かれている立場は、目立たず、学校に対して何の影響力も持たない立場です。しかし、私の唯一の意思表示の仕方は、いただいている役目を辞することしかありません。創設者が培って来られた大切なものが崩れていくことに憂慮を覚え、隅のほうで、一つの役目に対して辞意をあらわした人間があったことが意味を持つ学校であるなら、幸いと思います。2007年イースターに。後援会相談役  潮田健治」

改めて、私たちはキリスト者としての生命線を守りたいと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-04-23 22:38 | Comments(2)

「祝福を願う者の歩み」

先日、委員会が終わって帰りがけに、A牧師が「そうだ、今日、車を新しくしたんです。先生、お祈りしてください」と言われた。新車のための祈りは… 正直、いまだ、したことがない。意表を突かれた感じだが、とっさに祈った。
「この車を祝福し、この車に乗る人を祝福し、運転者を祝福してください。車中の会話が楽しいものになるように、また、どこに行くにも宣教のために用いられるように。主の栄光をあらわす車としてください。そして、事故から守られますように。事故によって誰かを苦しめたり、悲しませたりしませんように」。そう祈らなかった言葉もあるが、そういう思いで祈った。
A牧師は、教会員から請われれば新車のための祈りをするのだと言う。そういえば、私たちが共同で手がけた『礼拝書』には、住宅等完工の祈り、入居の祈りなどもある。初めて礼拝に出席した嬰児のための祈り、新成人の祝福の祈り、ずっとくだって、動物の埋葬の祈りもある。礼拝だけでなく、このような人生の折々、牧師を呼んで/牧師のところに行って、祝福を祈ってもらうことは大事なことである。もちろん自分でも祈ることだろう。しかし、牧師は祝福を祈るために遣わされた者である。
『牧会百話』という本を読んでいたら、明治時代、衆議院議長をつとめたほどの人であるが、東京から帰郷すると家に帰る前に教会に立ち寄り、帰郷の報告をしたそうであるが、もちろん牧師に祈りを願ったであろうことは言うまでもない。プライベートなことだからと言って、教会の祈りから切り離してしまうのではなく、一つ一つをそのように牧師の祈りを求める、「祝福を願う者」の歩みを、ぜひ、作りたいものである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-05-30 14:56 | Comments(2)

「読んでほしい」

ここを読んでほしい

二十年間、原子力発電所の現場で働いていた者です。原発については賛成だとか、危険だとか、安全だとかいろんな論争がありますが、私は「原発とはこういうものですよ」と、ほとんどの人が知らない原発の中のお話をします。そして、最後まで読んでいただくと、原発がみなさんが思っていらっしゃるようなものではなく、毎日、被曝者を生み、大変な差別をつくっているものでもあることがよく分かると思います。
  以下、ページをお開きください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-02-28 13:59 | Comments(0)

「死も来た半島?」

下北半島・・・この半島は今や「核燃半島」とも称すべきものになりつつある(現地ではこのように言っている)。・・・ある人はついに「死も来た」半島だと。
私は「原発とキリスト教」という本を読みながら、地方、とりわけ過疎地の原発から送られてくる電気を都会が享受しているというところに、心が痛くなった。私たちが普通に生活している背後に、「死も来た」と言わなければならない、しかしそこに住み続けなければならない地方の、過疎地の人々があったのだ。
聖書は言う。「ゼブルンの地とナフタリの地、湖沿いの道、ヨルダン川のかなたの地、異邦人のガリラヤ、暗闇に住む民は大きな光を見、死の陰の地に住む者に光が射し込んだ。」
辺境の土地に住む人々にイエス・キリストの光が射し込んだと言っている。しかし日本では、そこに住む人たちが「死も来た」と言うのか。原発の、死の光だったのか。都会の私たちが、その原発の光を享受しているのか。
心を強く打たれた思いがした。私が属する9条の会では、自然エネルギーへの転換を訴えてチラシを配布しているが、また一つ、言いえぬ強い動機を与えられた。

友よ泣かないのか  森田童子

友よ
ぼくたちは 輝く陽射しを
目ざすべきでは なかったのか
風よ 泣かないのか
時よ 泣かないのか
友よ 泣かないのか
新しい 朝のために

友よ
君も一緒に だめになるなら
ぼくも だめになっていいと思ったのです
夜よ 泣かないのか
故郷よ 泣かないのか
友よ 泣かないのか
新しい 朝のために

友よ
ぼくたちの限りなく 悲しみに
近い朝明けの空は
終わりに 泣かないのか
荒野よ 泣かないのか
友よ 泣かないのか
新しい 朝のために

友よ
ぼくたちは 輝く陽射しを
めざすべきでは なかったのか
風よ 泣かないのか
故郷よ 泣かないのか
友よ 泣かないのか
新しい 朝のために



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-11-21 22:32 | Comments(0)

「原発災害」

私が大学を出て勤めた会社は、主に放射線によって非破壊検査をする会社であった。民間の、この種の検査会社では大手であった。
入社後すぐ、1週間程度の社内研修の後、各地に派遣されていったが、そのうちの一つに、福島第2原子力発電所の何号炉だったか忘れたが、その建設現場であった。一人で出向したら、すでにそこには一人の上司がいて、その人の下、二人で2週間ほどの仕事をした。原子炉のどこの部分だったかわからないが、その検査をした一人、私は、大卒の研修1週間、経験のない者であった。そういう人間が、実はたくさんいて、発電所が作られ、検査されていたのだ。考えても恐ろしい話である。

以下、その通りだと思って読んだ。
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-03-17 09:15 | Comments(0)

きょう、「なかわだ9条の会」の懇親会が開かれた。
20数名の参加者があって、私は、妻と一緒に参加、食事をしながら、良い交わりを持つことができた。
戦争は嫌です、という一点で結ばれた会の活動も、準備段階から、まる2年。2009年には会として立ち上げ、懇親会は去年に続き、2回目となった。活動は、月一回、駅前での150枚のチラシ配布。マイクは使わず、ひたすら地道に配り続ける。地道に、「子どもたちに平和な明日を」と呼びかけ続けている。

ビデオは、失敗して、接写レンズで撮影してしまった。そのため、よかったのか、悪かったのか、結果として霞がかかっている。
※以下のビデオ(4分半ほど)は非公開のため、そのままでは見ることができません。お手数ですがインターネットで YouTube を開き、⇒アカウントを作成、⇒そのアカウントをメールでお知らせください。このビデオを見ることができるようになります。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-02-22 20:08 | Comments(0)

「WATOTO コンサート」

「ワトト」 何のことかと思って、去年の来日のときもパンフレットが送られてきたが、多種多様なパンフレットが送られてくる教会という現場で「ワトト」という標題はインパクトがなく、事前知識もなかったこともあり、そのまま埋没の運命をたどった…
今回、よく読んでみたら、以下のようなことが書いてあり、やはり、よく読まないといけないなあと思った。
ワトトとは、スワヒリ語で「子ども達」という意味。アフリカでは、6,000万を超える子ども達が、エイズや紛争による被害により、ストリート・チルドレンや孤児となっている。そういう子どもたちを集めて、育てているのがウガンダのワトト村。村の子どもたち皆が、国(ウガンダ)の将来を担う人になるという希望を持って、生活している、との説明。
そのワトト村で作られたのが、ワトト・チルドレンズ・クワイアで、支援の要請をかねて世界各地にクワイア訓練を受けた子どもたちを派遣、コンサートを開催している。今回、2度目の来日で、横浜での公演になった。名づけて「希望のコンサート」。日曜日の夕方、行かれないが、献金にしてほしいという教会員から献金も携えて、妻と一緒に出かけた。
「生きて、皆さんに会うことができてよかったです」
子どもの自己紹介の一言に、最初から、ズシン!とくるものがあった。そうなんだ、この子どもたちは、死をくぐりぬけて来たのだ。「朝、目覚めたとき、あなたは、そこにいてくれますか」 たくさんのアフリカン・ゴスペルとダンスの中で、格別、この歌の言葉が私の心に今も響いている。
それにしても、イエスさまに出会った子どもたちの、何と、輝いていることか。エイズで親を亡くし、路頭に迷った子どもたち、あるいは子どもながら戦闘員にするために誘拐され、人を殺すことを強要され、それをしないと自分が殺されるという過酷な環境にいたとは思えない。主イエスさまは、トラウマを背負う、この子どもたちを本当に救ってくださったのだと心から信じる出会いだった。

ワトトホームページは、http://www.watoto.jp/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-11-02 11:28 | Comments(0)

「なかわだ9条の会」

今日、9条の会連絡会 「結成記念のつどい」が開催された。
同時に「なかわだ9条の会」準備会が、立ち上げられた。私も、平和を実現する足跡をわずかでも残せたらと、連絡先として、名前を連ねることにした。
呼びかけのコピーは、「子どもたちに平和な明日を」。これは、「9条の会」のアピール文にある「日本と世界の平和な未来のために」を、分かりやすく言い換えたものだ。

     ― 子どもたちに平和な明日を ―
        『なかわだ9条の会』にご賛同・ご参加ください

 
     私たちは、日本国憲法を守るという一点で手をつなぎ、「改憲」を
     阻止しようという「9条の会」のアピールに応えて、泉区の中和田
     地域に 『なかわだ9条の会』 (準備会)をスタートさせました。
     戦争をしないと誓った日本国憲法9条は、私たちの命を守ってくれ
     る大切なものです。
     “子どもたちに平和な明日を”と希(ねが)うすべての方、力を合わ
     せてご一緒に憲法を守りましょう。
     2009年10月12日

さて、この結成記念のつどいで、神田香織さんの講談「悲しみの母子像」が演じられた。32年前、横浜での米軍機墜落事故で母子3人の命が奪われたが、それを講談化したものである。

余りにも悲惨なかたちで一家が引き裂かれていったとき、役人はそれを「犠牲」と言った。何のための犠牲かと問うと、「国民の平和と安全のための」、という答えが返ってきた。「一家の平和な生活を奪っておいて、何が、平和と安全か!」 口をついて出た言葉だった。
国家の平和と安全を守るために、もっとはっきり言えば、軍隊を守るために、市井の人が犠牲になる。この構図は戦時中のものではなく、現代において起こることなのである。思い出した。座間にいたとき、教会員の弟が米軍車両にひき殺された。深夜の事故だった。家族に連絡が入ったのは、朝、米軍と警察で事故処理がすべて終わり、適当な理由をつけた文書まで作られたあとだった。遺族の言い分は、裁判で相手にもされなかった。「治外法権」と言う言葉が、頭をよぎった。明治時代のことではない。軍隊を守るために、市民は犠牲にされているのだ。
9条を、守り抜こうと思う。政治によって妥協を繰り返し、ついに骨抜きにされた9条の言葉を、確かに実現したいと思う。

9条、と言うと、「あ、政治のことはちょっと」と言う人の何と多いことか。政治ではない。平和を守ろうとしない、この無知、無関心が、子どもたちに再び、軍人を、戦争を、その悲惨を、見せることになる。
f0086426_182268.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ 押してください。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-10-12 18:03 | Comments(4)

f0086426_21583653.gif


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく
[PR]
by rev_ushioda | 2009-09-17 21:58 | Comments(0)

「9条の会」

「平和を実現する人々は、幸いである」というイエス・キリストの言葉に心が動く。

平和憲法を自分たちで守ろうという「九条の会」が、今や、全国的に、市民レベルで大きく動いている。そして、私たちの地域でも、立ち上げることになった。地域の方から声をかけていただいているので、私も、発起人に登録していく意志を表明している。

10月12日(月、祝日)午後1時30分、地元の公会堂で、9条の会連絡会「結成記念のつどい」が開催される。区内にあった小さな活動を、「連絡会」とう形で一つにしようという試みである。
そこで演じられるのが、講談「悲しみの母子像」。横浜市緑区での米軍機墜落事故で32年前、母子3人の命が奪われたが、それを講談化したものである。演じるのは、神田香織さん。主催 9条の会連絡会。
区外の皆さんも含め、多くの方の参加を期待したい。

以下、参考に…

f0086426_1755882.gif


絵本 「終わりの無い物語」

あの沢田研二による 「我が窮状」 作詞:沢田 研二,作曲:大野 克夫
                 ↑ クリックで歌が聴けます
(この歌詞の「窮状」は、憲法第「九条」のこと。九条の改憲を危惧し、平和を訴える内容)

麗しの国 日本に生まれ 誇りも感じているが
忌まわしい時代に 遡るのは 賢明じゃない
英霊の涙に変えて授かった宝だ
この窮状 救うために 声なき声よ集え
我が窮状 守りきれたら 残す未来輝くよ

麗しの国 日本の核が 歯車を狂わせたんだ
老いたるは無力を気骨に変えて 礎石となろうぜ
諦めは取り返せない 過ちを招くだけ
この窮状 救いたいよ 声に集め歌おう
我が窮状 守れないなら 真の平和ありえない

この窮状 救えるのは静かに通る言葉
我が窮状 守りきりたい 許し合い 信じよう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-09-12 08:26 | Comments(0)