今週、やっとのことで少し余裕が出来た。今だ・・・と、土曜日になって、目をつけておいたホテルに「じゃらん」から予約。
今回は、箱根は雪が心配なので、温泉ではないけれど、江ノ島にした。と言っても、江ノ島の中は、高くて無理。江ノ島が対岸に見える、国道沿いのプチホテル。例によって、夕礼拝が終わってから行ったので、到着は、夜9時過ぎ。窓の外が江ノ島の海岸で、向かいに江ノ島。灯台がライトアップされている。一度、泊まってみたかった場所だ。忙しかった日曜日の疲れがいやされていく。
翌日は、二人で江ノ島水族館へ。子どもがいない、二人だけの水族館って、妙な感じだね。もう、自分の世界だ。水槽に見入って動かず・・・ こうして、昼過ぎに帰宅。プチプチ休暇であった。

写真は、窓から見る江ノ島。窓の下は国道だが、視界に入らない。二重サッシで、音も気にならない。海は、いいね。
今、コメントへの返信を書きながら思ったのだが、同じ景色でも道路をせわしく歩きながら見るのと、部屋に入って落ち着いて窓越しに見るのとでは、同じ景色でもずいぶん違うのだ。フレームの中で、まるで、高級絵画のようにも見えてくる。問題が多い日常の「景色」も、そのように客観的に見る見方が、きっとあるのだろう。歩き回って見るのではない、別の方法が。そうしたら、景色はずいぶん違うことだろう。このように数ヶ月に一度のささやかなプチ休暇も、街道を歩く旅も、まさにそういう意味での違う景色を見るためのものである。
f0086426_215949.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-01-30 22:00 | Comments(2)

「不安病」

不安病について、NHKの「あさイチ」で取り上げていた。
朝の忙しい時間であったが、思わず見てしまった。最後は孫のじゃまが入ったが、バンジージャンプに挑戦したときの普通の人と、寺の住職との心拍数の比較が、なるほどと思うところであった。直前の5分間、騒ぐ心を何とか落ち着かせようとしたのが「普通の人」。川の音を聞いていたのが、住職。そこで、話は「客観視」というテーマに移って行った。
状況を客観的に見ることが大事なことだと、認知行動療法に触れられていた。自分自身と川の音(周りの状況)をそのままに受け止める作業が大事なんだと、私自身が今までしてきたこと、時には自分自身が心理的な異常を感じて心理クリニックにも行ったこと(・・・十年前、ごく初期で気づいたので良かったがカウンセリングを受けるのに・・・十万円もかけた)、こうしてここまで何とか無事に来たことを、はからずも振り返る番組であった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-01-25 09:39 | Comments(0)

「年賀状」

「年賀」とは、新年の祝いである。
元旦礼拝までは良かった。夕方から下降気味となり、2日、3日は寝正月となった。「黒ニンニク」の効果は、この1年間、確かに手ごたえはあったのに、ここに来てダウンとなった。
中山道歩き始めであるが、ホテルを予約はしておいたが滋賀県下の雪情報からやはり止めておいた方がよさそうだと思い、2日~4日の近江行きを取り消しておいて良かった。まさかの風邪による寝正月となった。いや、ブログを読み返していて、「黒ニンニク」を食べ始めた去年を除いてはずっと、正月は風邪をひいていたのだから、予想通りだったか。
そんなこともあって、いつもは10日過ぎに準備していた年賀状を、今年は、自分の誕生日前に無事、投函できた。

いただいた欠礼通知の中に、「・・・は、3月11日に永眠いたしました」という葉書が1件あった。宮城県からであった。

f0086426_2050860.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-01-04 11:11 | Comments(0)

日曜日、夕礼拝が終わってから(8時過ぎ)出発。1時間半くらいで、つまり夜10時前に、箱根湯元に着く。
ホテルでゆったり温泉につかり、朝もゆっくり過ごし、月曜日の昼頃には帰宅する。1泊朝食付きのプラン(わけありプラン、5500円/ひとり)を見つけたことをきっかけに、2ヶ月に一度くらい、夫婦でこんなことをし始めた。疲れた心身を癒し、リフレッシュするには、今のところ、いい方法だと思っている。
いいホテルでも、自分たちの生活パターンに合ったプランを見つけると、安く泊まれるわけで、どういう「わけあり」かと言うと、部屋が、箱根の景色が見える開けた側ではなく道路側に向いていて、部屋からの景色は期待できない、という「わけ」である。夜10時、暗闇の中で到着する我々には、まったく関係ない。
そろそろ61歳、結婚35年になろうとしている。なぜか最近、体の疲れが非常に取れにくい。妻のほうは来年、一足先に65歳定年の年・・・ ここで先に辞められても困る。というわけで、日常に「隙間」を見つけては、“ちょこっとの”リフレッシュで、召しに応える長い道を、これからも歩んで行きたいと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-10-31 20:48 | Comments(2)

「暑い」

暑い!
今日も特別集会「講談」のチラシ配布に出かけたが、どうも体調が、いつもと違う。顔中から汗が溢れ、体力を奪われるという感じである。そういえば、今日は横浜35度になるとか天気予報で言っていたことを思い出し、このまま続けたらまずいのではないかと思った。一緒に別のところを配っている妻に電話し、今日は止めよう、ということにした。
教会に戻っても、体中がほてっている。水で、扇風機で冷ましても冷ましても、体から熱が出てくるという感じ。熱中症って、こんな風にしてなるのかなと、頭をよぎった。私は、しばらくしたら回復したが。
この時期、外を歩くときには、冷却機能付き帽子、クールタオル、クールマフラー、サングラスが欠かせない。すごいいでたちになるので、写真は、カット。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-08-11 18:35 | Comments(0)

「和泉川散策」

やっと、風邪が良くなってきた感じがし始めたので(何と、2週間も引きづってしまった)、今日は、休日を利用して、妻と二人で和泉川散策をしてみようと思い立った。前にも一度、二ツ橋からいずみ野まで歩いている。あれは、東海道に旅立つ前だったかな。
今日は、和泉川に沿って、いずみ中央までと思って出かけたが、何となく調子もいいので、もう少し先まで行くことにし、結果、飯田牧場辺りまでの、ゆっくり4時間コースとなった。和泉川の起点は、今回は、宮沢である。

途中、いずみ野で、カラスの大営巣地?(何百~千羽ほどが木という木に、高圧線の電線に群れ、そしてそれが一斉に空を飛び交い…)があって驚いたり、遊水地に大量のこいのぼりを上げてお祭りをしている横を通ったり(どうも政治団体主催のようだった)、何よりも、川沿いの花の美しさにみとれたり、田園地帯で深呼吸したり。楽しい散策であった。→ 地図

あとから聞いた話によると、この日、一部同じコースに重なって、さらに先まで、S夫妻も歩いていたとのこと。以前、鎌倉でもぱったり出会ったご夫妻である。行く先々、よく重なりますねえ、と。

f0086426_2117281.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-05-03 21:00 | Comments(0)

「大変」

娘夫婦に二人目の子どもが与えられた。

・・・のはよかったが、次の日、つまり昨日になって、上の子が風邪かなということで幼稚園を休ませて、夕方になってからである。ひきつけ、けいれんを起こした。ひきつけは、1年半くらい前が最初で、これで、3度目。熱が急に上がるとき、38度あたりで、ひきつけをおこすようだ。最初のときは、これは大変と救急車を呼んだが、(一番パニくっていたのは妻であったが)今回は皆、何とか冷静に対応。10分くらいで落ち着いてきたが、結局、熱は39度越に。今朝、病院に行って、インフルエンザA型と言われた。タミフルが夜になっても効かず、熱が下がらないのが、心配である。
娘は、入院中。私たちも含めて家族はできるだけ病院には来ないほうがよいと医師から言われるし、当然、娘のつれあいは、ぐったりしている子どもの世話をみなければならない。今日は、夜の学校を休んで、明日は仕事も休まなければならない事態に。(感染は)あきらめてます、と。

重なるときは、重なるものだ。そして、私たち家族はといえば、特に保育士の娘など、発症した家族がいれば、本来、出勤停止だそうだ。いつ自分が発症するかと、戦々恐々である。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-02-15 20:25 | Comments(2)

「健康第一」

今年の冬は、異変が起きている。体調が、つまりおなかの調子が、「いい」。風邪をひかない。
11月頃から始まって数ヶ月間、おなかの調子がダウン、微熱が続くという状況が、ここ何年も続いていて、 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)のお世話にならない時はなかった。おなかの調子の悪さと風邪の症状には、まったく辟易していた。ところが、どうしたわけか、今年の冬は、ずっと「普通」を維持している。

例年と何か違うことをしたかと言えば、ひとつだけある。

f0086426_17314093.jpg

http://item.rakuten.co.jp/saladcosmo/kuro_nin001/

を食べていることだ。黒酢にんにくについて、ネットを調べると、次のような説明に出会った。
・にんにくには強力な殺菌作用もありますので、インフルエンザや風邪、肝炎、0-157といった感染症の予防になります。これはにんにくの含有するアリシンの働きによるものです。
・黒酢のクエン酸が腸の活動を促します。オリゴ糖などと一緒にとって便秘解消して、いつも腸をすっきり快適にしておきましょう。腸が元気なら体の至る所が元気になりますね。

どうやら、私の体が実証しているようだ。
(今回は「楽天市場」になってしまった・・・ 良いものを紹介したくなるのは、福音と同じ。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-01-31 17:21 | Comments(0)

「還暦」

吾十有五にして学に志し
三十にして立つ
四十にして惑はず
五十にして天命を知る
六十にして耳順ひ
七十にして心の欲する所に従ひて矩を踰えず

今日、60歳の誕生日である。思えば、どこかで待ち望んでいた「節目」であった。区切りというか、いや、折り返し点という意味かな。さて、人生、ここからだという思いと生活を、今日から、構築していこう。次の「古希」 (数えの70歳≒満69歳) を目指して。
それにしても、耳順か。そういえば、若いときは自分の意見を押し通してきたような気がする。最近は、人の意見をあわてないで受け止めることが、何とはなしにできているのかな。

娘たちからネクタイを贈られた。上が次女からのもので、下が長女からのもの。下の娘が意外と古典的感覚であることに意表をつかれる。
f0086426_9442954.jpg

f0086426_9441860.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2011-01-07 09:45 | Comments(4)

昨日、小学4年生が洗礼を受けた。私の33年の牧会の中で小学生への洗礼は2人目である。4年生は、最年少となる。うれしい日であった。
f0086426_21185054.jpg

そして、祝会、区民クリスマス聖歌隊の最終練習と続き、夕礼拝は、朝にほとんどの方がおいでになったのでなかったが、今日の和泉短大のクリスマスメッセージの準備が未完成だったので、それに集中。そして、今日、それも終わって、短大から帰宅し、一息ついたところである。
金曜日の家庭集会、土曜日のYMCAいずみ保育園での子どもたちへのクリスマスメッセージ(大きな絵を描いて、お話する) そして主日の準備と、連日続いた忙しさと緊張から、ひとまず解放された。

ほっ ♪ (^^)

このあとは木曜日の泉区民クリスマスの準備(今年は私がメッセージ担当、聖歌隊の歌の練習)、クリスマス礼拝の諸準備(プログラム作成、メッセージ準備)と続くが、数日の余裕がある。何とかクリアできるかな。次の礼拝は神学生の奨励だから、私は木曜日、金曜日のために全力投球だ。

今日は、合間を縫って、これから病院に。前に診断された「逆流性食道炎」と同じ症状が… 体調維持も課題である。といっても、原因は加齢だということらしいが。最近、加齢が原因の「飛蚊症(ひぶんしょう)」も、出ている。目の前を飛んでいる何かを追い払おうとして、はっと気づいた。これが、加齢による目の症状なんだと。「加齢」。最近、自分の体のことで、よく聞くようになった言葉である。あと2週間で、還暦である。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-12-20 16:03 | Comments(0)