タグ:コミュニケーション ( 48 ) タグの人気記事

礼拝のプログラムを見て気づくのは、神との対話は、このようにするのか、ということです。

まず、「招詞」は私たちを礼拝に招いてくださる神の言葉ですから、これを上から下の矢印(↓)で表わすことにします。次の「賛美」は、神をほめたたえる私たちの言葉ですから、下から上の矢印(↑)で表わすことにします。
以下、「罪の告白」は↑ 「赦しの確証」は↓ 「交読(十戒)」は↓ 「賛美」は↑ 「祈り」は↑ 「沈黙」は神の言葉を待つ私たちの姿勢ですから↑ 「聖書朗読」は↓ 「説教」は↓ 「賛美」は↑ 「信仰告白」は↑ 「奉献」は↑ 「主の祈り」は↑ 次の「報告」は礼拝が終わってから行うのではなく礼拝の中に入れているのは、神が私たちの中でこのようにしてくださった(してくださる)という意味ですから↓ 「共同の祈り」は↑ 「賛美」は↑ 「派遣の言葉・祝福」は↓ というようになります。
これが礼拝、すなわち神との対話なのです。相互に行き来していることが分かるでしょう。何よりもまず、神の行動、神の招きから、始まるのです。人間のほうから自分の都合によって一方的に語り出すのではありません。まず、神の行動、神の招きから始まり、それに応答するところから対話が始まっているのです。以下、矢印の向きは行ったり来たりします。これが大事です。私たちは、礼拝で、このように神と対話しているのです。

このように神との対話を学ぶ者は、次に、人との会話がどのようなものであればよいか、おのずと分かるのです。まず、相手の言葉に聞いていただろうか。また、相互の言葉との「遣り取り」を大事にしていただろうか。相手の言葉を聞こうともしないで、一方的に、自分のことを話しまくり、相手の時間を奪っていたのではないか。あるいは、大声で言えば、暴力的な方法を使えば相手に通じると勘違いしていたのではないか等々。私たちは、毎週、礼拝に集う度、話し方の基本を神との対話、礼拝から学び取っています。礼拝をまもる私たちお互いの会話が祝福され、豊かな広がりを持ったものになりますように。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2017-01-23 09:56 | Comments(0)

「教会の壁を越えて」

CCC (キリスト教カウンセリングセンター)交友会からの『原稿依頼があり、以下のように書いてみた。

当時、3年間の学習が修了した時、CCCの修了証に「カウンセラー2級」と書いてありました。この「お墨付き」をいいことに、開拓伝道に出た20年前、地域との出会いを求めて傾聴講座(注1)を始め、現在は教会と別組織でNPO法人化し、教会が地域に出て行く足がかりにしています。すると、これをきっかけとして、以下のように牧師がこういうところに招かれて講演するだろうかという、おもしろい経験をさせてもらっています。事業所を対象とした第三者評価委員の講演会、成年後見人(行政書士会)の講演会、子どもの相談を受けるチャイルドラインの研修会、病院の看護師研修会、地域の公立小学校PTAの講演会等々。いつも「ただの牧師です。心理学を勉強したわけではありません」と言いながら、教会と地域との接点は1回でも多い方がいいと考えていますのでお招きに与ります。CCCでの学びと体験がこんな展開になるかと驚き、また、そのような機会を与えてくださったCCCとの出会いを感謝しています。
CCCで学習し始めた2期目、当時、そこでエンカウンターグループが用意されていました。早々に私は、これはまずいことになった、と思いました。皆さんが言っていることがまるで分からないで、一人取り残される感覚。3回目で、「気持ちがわかりません。ついていくことが出来ない」と言うと、すかさずファシリテーターの大西先生が「潮田さんの両脇の人、潮田さんの手をたたいてください。」(パチッ!)「どうですか?」「痛いです。」「“気持ち”が、言えたではないですか!」― 気持ちの言語化とその受容・共感。たったこれだけのことが、その後の私のすべてを方向づけました。
教会で出会う子どもたちは限られています。しかし、子どもの電話を受けるチャイルドライン(注2)のリスナーの研修に招かれて、牧師だったらこのように聴く、という聴き方を5年にわたり共有できたことは幸いでした。教会に来る人だけを相手にするのではなく教会の壁の外の人にいかに主イエス・キリストの慰めを届けるかを考えると、福音伝道こそ教会の働きですが、牧師はこのように話を聴くということをお伝えできることは、これも、福音の多様な現われの一つと考えています。

注1.カウンセリングの学びを生かした「気持ちの聴き方」という市民講座。内容は、「聴くこと」、共感・受容、会話記録分析、ロールプレイ。全10回。現在まで20年間で受講生400人。現在「NPO法人 心を聴く市民ネットワーク」。
注2.「いのちの電話」の子ども版。電話にかかって来る子どもの話を共感的・受容的に聞く。神奈川県では、県内公立小・中・高等学校の子どもたちに学校を通して約75万枚の案内カードを配布、月に500件の着信がある。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-10-05 17:26 | Comments(0)

食事なので、母を起こした。
そうしたら母が言った。「今、夢を見ていてね、大池公園でお祭があって、楽しかったなあ。」
えも言えない、うれしい気持ちになった。

最近、「もう」という言葉には、つらい気持ちになることに、ふと、気づいた。
うんちが、どうも、うまく出ないのです。
 ―「もう、おなかがうまく機能しなくなっているのね。」
寝ていることが多くなりました。
 ―「もう、これからはそういうことになるでしょう。」
もう起き上がれないだろうとよく分かっているが、しかし、それは触れたくないない気持ちがある。
もう起き上がれないにしても、「まだ」と、希望につなげる言葉がほしいのが、子どもの気持ちである。



[PR]
by rev_ushioda | 2016-07-22 23:09 | Comments(0)

「リトミック体験」

和泉短大の後援会総会で、総会後の講演が「リトミック」であった。
すわ、運動着を用意するのかと思ったが、高齢者向きに(認知症対策で)してくださるとのこと。(笑) 安心して参加した。
リトミックと言っても、想像していたような、ただ音楽に合わせてリズム運動をするだけでなく、いろいろあることを知ったのだが、何よりも時間の半分以上を、リトミックとは関係のない(と私には思われた)、自分が出会った先生の話に使われた。これはいったいどうなるのだろうと内心、はらはらしていたが、講師の個性もあるのだろうが、とにかく力を抜くような話であり、話し方であって、人には何よりも安心の空間を作ることが大事だという意味のことを言われたとき、なるほど、これがリトミックというものの基本的な考え方なのかと思った。
そして、残りの20分がリトミックの実際であったが、実に面白い。前段の話がなかったかのような強い印象を私に与えたのであった。簡単なリズム遊びから入って、わらべ歌の歌遊び、そして、お互いの動きにじっと注目しながらコミュニケーションを取る、不思議な沈黙の時間。ピアノを使ったリズム運動とはまったく違った世界に、思わず引き込まれて行った。これがリトミックなのかと。非常に興味をひかれ、関心をもったい時間であった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-05-28 23:25 | Comments(0)

6月13日(土)、心を聴く市民ネットワークの講演会があった。チラシ参照。
場所は、泉公会堂会議室に、何と66人の人が集った。プロフィールに精神科という経歴を持った講師だという理由でこれだけの人が集まるとしたら、この場合、参加者が多いのはいいのか悪いのかと複雑な気持ちにもなる。現代を反映しているのだろうか。

牧師が聖書の言葉を語るのは当たり前であるが、講演会で、一般の人を相手に語る場を設けるのはなかなか難しく感じる。しかし信徒ならではだと思うが、専門の立場をもってあれだけ大胆に語ることが出来るのだと、非常に感心した。さながら伝道集会のようだと感じた。
70名近くの来場者の30人近くは、私の知らない、初めての方であったが、しかしその方々の多くが、お茶の会に残っていたので、聖書の引用もその人たちに自然に入って行ったのだと思う。
私自身は、キリスト教とカウンセリングの関係を単純明快に語ってもらい、非常にありがたく思った。私たちのスタッフにとって、良い方向性を与えてもらった講演であったと思う。
f0086426_1616244.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-06-16 16:23 | Comments(0)

…などというものがあるわけではありません。

しかし、たとえば「後の世代のために/このことは書き記されねばならない。『主を賛美するために民は創造された。』」(詩編102編19節)という聖書の言葉から、どのような内容の手紙にしろ、主を賛美することが私たちの言葉の基本であるでしょう。以下に書くのは、宛先もまたキリスト者の場合です。

書き出しは:

たとえば「主の御名を賛美します」のように一言書くと良いと思います。その後、通常の時候の挨拶が来ても良いのです。一般に、時候の挨拶を書かない場合は「前略」ですが、それに代わる言葉とすることも出来るのです。なお「主の御名を賛美します」を短くすると「ハレルヤ」で、この言葉は詩編に多く使われている賛美の言葉です。しかし理由は分かりませんが、これを書き出しに使う場合は友だち同士が多いようで、あまり公的には使いません。公的な手紙だと、上記以外に「頌主」、まれに「賛主」という人もいます。いずれにしても、まず主を賛美して書き始めます。また、「栄光在主」とする人もいます。カトリックの人は「主の平和」を好んで用います。相手への平和をまず祈るのです。新約聖書でも、パウロの手紙の多くに「恵みと平和」という言葉が現れますから、それを使うのも良いと思います。私は、少し内容が込み入った手紙の場合は、「御名があがめられますように」と書き出します。

結びは:

「主にあって」または「在主」とします。どんなにプライベートな手紙でも、主にあって語ってきました、という意味になります。最初に使っていなければ、ここで、「栄光在主」「主の平和」を置いても良いでしょう。私的な手紙で初めが「ハレルヤ」なら、結びでもカタカナでそろえて、平和の意味の「シャローム」でしょうか… また、「平安」もいいです。パウロの手紙では「(神の)恵みがあるように」ですから、私たちは「主の恵みをお祈りいたします」となるでしょうか。私は、内容にもよりますが「主のことのため共に」をよく使います。また、初めに「御名があがめられますように」と書き出したら、結びに「御国が来ますように」とすることがあります。H牧師は、「ヤーウエ・イルエ」(主の山に備えあり)。

なお、相手がキリスト者でない場合は、「祝福がありますように」「明日も良い日に」などのように、相手のために祈っていることが伝わる言葉にすると良いでしょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-05-14 18:08 | Comments(0)

ある人が、子どもの時の経験を語っていました。
母親にひどく叱られて所在をなくしていた時、たまたまそこに庭の手入れのために来ていた植木屋さんの姿が目に映った。一仕事終え、腰を下ろして一休みしながら今、手入れした植木を眺めていたのだ。行くともなしに、その人のそばにぼんやり座った。しばらくの時間が過ぎた後、キセルの殻をポンと捨てながら、植木屋さんは言った。「坊、お母さんに叱られたな。」またしばらく時間が過ぎ、「なあ、坊、あの松の木はきれいだなあ。」さらにしばらくの時が過ぎてみると、自分の中に安堵した気持ちが流れ、「おじさん、遊びに入って来るよ。」と立ち上がると、植木屋さんは「それはいい。それはいい。」と声をかけてくれた。
その人は言います。それは、自由と安全の雰囲気であった、と。これが、相手を支配しない会話なのです。その時はほとんど沈黙の時間が流れたのですが、そして私たちはすぐ「実際はそうはいかない」と思うのですが、しかし、沈黙しないと、私たちは何を語り出し、いかに人から「自由と安全」を奪っているか、ということになります。
心理学は相手を支配する会話を例示しています。まず、たいていの場合、私たちは「いつ、どこで、誰が、どうした」という「状況」に注意が向きます。そして、命令、注意、訓戒、提案、講義講釈、非難、称賛、侮辱、解釈、励まし、探りなど、全て自分の価値観からくる興味や関心の言葉を話し出すのです。状況を判断して、自分の価値観を語り出す。相手の人の考えや感じ方を受け止める前に、こちらの考え、こちらの感じ方を語り出すのです。それでは、相手は自由と安全を感じませんから、防衛的になる。閉じこもるか、反発してくる、ということになるのでしょう。「あなたは何をそんな屁理屈言っているの?」と感じたら、それはこちらが「自由と安全」を与えていないからなのです。
教会はどういう姿勢で人と接するべきか、まず最初の立ち位置を考えておきたいと思うのです。「自由と安全」の中で人は自分に気づき、福音に触れ、自らそこに向かって立ち上がることを期待したいと思うのです。
「イエスはかがみ込み、指で地面に何か書き始められた。」ヨハネによる福音書8章6節

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-09-27 10:07 | Comments(0)

フェイスブックを停止して、1、2か月になる。「解放された」という感じだ。

友だちリクエストが次々舞い込み、どうしたものかと思って、そのままにしておいた。時にはまったく知らない人もいるが、関係者をたどってきたらいし人、知ってはいるがどうしたものかという人、だいたいネット上の「ともだち」って? とりあえず、そのままにしておいたら、友だちになろうという人をそのままにしておくのか、という罪悪感が出てきて、それが苦しくなってきた。そしてついに「センセイ、私の友だちになってくれない」と言う人があり、(ああ、ごめん、しばらくフェイスブック見ていなかったから)と言い訳したが、これで限界と思い、フェイスブックから退出を決めた。気が晴れた。
友だちリクエストが来ないようにするやり方があるんだと言う人もいたが、それはそれで、別の問題があった。「いいね」だ。一度、「いいね」を押したら、次の記事にはどうして「いいね」が来ないのだろうと思う人もいるだろう。考えすぎかもしれないが、脅迫観念にとらわれるような気にもなっていた。
フェイスブック、ツイッター、その他、いろいろ使いこなす人は、便利に使っているのだろう。しかし、この文明の力に、いいように「使われている」と、私は感じられた。

退出した後、そういえば、「ともだち」に挨拶しないままだったことに気づき、また、心を痛めている。

ネット上のことで、何とも悩ましいことだと思う。

このように、好きな時に、好きなようにブログを書いているに限る。記事に関心のある人とのコミュニケーションをとっていればいい。フェイスブックの「ともだち」は、どうやら、私の辞書にはないようだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-03-17 19:53 | Comments(0)

12日、「旭ふれあいコール」主催、旭区社会福祉協議会共催の傾聴講演会が鶴ヶ峰であって、講演を依頼されていたので出かけた。46人の参加者であったそうで、案内書に書かれた「定員30人」は即日埋まってしまったために、枠を広げざるを得なかったとのこと。それでも、かなりお断りしたことを聞いた。この種のテーマへの関心の大きさを改めて感じた。
さて、いだいた講演時間は、2時間半。その枠で、いかにお伝えしたいことをお話できるかが勝負であるが、しょせん、無理。最後の質疑応答で、「ほめることがコミュニケ^ションを阻害するとは不可解であり、自分は孫をほめているが悪いとは思えない」とのご発言があった。ほめて、それがすべて悪いわけではない。結果として悪くなる場合がある、という話であるが、これを分かっていただくには、この時間枠では無理である。一般的な返答でしかお答えできなかったが、たぶん、この方は納得しないで帰られたとお察しする。要するに、そうとうな時間をかけてはじめて見えてくるのが、傾聴のオクギで、私が一般講演会に招かれることにあまり気乗りがしないのは、そういうところにある(時間が短すぎる)。今まで自分がしてきたことに対して、立ち止まって、さらにはひっくり返されてみないと(目が開かれる、と言うのだろうか)わからないのが、傾聴のオクギである。ちょっといい話を聞いて参考にしてみようという辺りでは、そのオクギに入れないのである。これでよいと思ってきた自分が、どこかでひっくり返されるところで、受容が起こり、共感が起こる、というものなのだ。

簡単なようで奥が深いのが、「傾聴」である。簡単に話すのは、難しい。

f0086426_21442246.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-03-14 15:20 | Comments(0)

今度、ブラジルとビデオ会議をしようということで、その前に試しに3人で ooVoo (スカイプのようなもの)で、つないでみた。厚木、国立、そして私の自宅の3ポイントで同時に開く。パソコンの画面にビデオ枠が3つ出てきて、そこにそれぞれの顔がリアルタイムの動画で写っている。会話は結構スムーズにできる。これで世界中、どことでも確か6人(6ポイント)だったか・・・参加して無料である。これだったら、委員会のために往復2~3時間、さらに交通費をかけて出かけていかないでも、特定の議題であれば、結構、こなせるのではないかという気がする。

便利な時代になったと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-10-02 22:03 | Comments(0)