タグ:お知らせ ( 51 ) タグの人気記事

「講演会」

明日、NPO法人 心を聴く市民ネットワークの講演会がある。講師は私 p(^^;
今まで12年間、講座を担当してきて、300人くらいの方々が受講したのではないだろうか。しかし、講演会は今回が初めて。もちろん、他の場所での講演は何度かしてきたが、ホームグラウンドでの講演は初めて。妙に緊張するのは、なぜなのだろうか。緊張を解くために、先に内容を公表してしまおう。

「小さくされた者の視点から」

序.
  
1.小さくされた者とは

  目の中にある丸太

  マタイによる福音書 7章1節~5節
  「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。あなたがたは、
  自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る秤で量り与えられる。
  あなたは兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に
  気づかないのか。兄弟に向かって、『あなたの目からおが屑を取らせてください』と、
  どうして言えようか。自分の目に丸太があるではないか。
  偽善者よ、まず自分の目から丸太を取り除け。そうすれば、はっきり見えるようになって、
  兄弟の目からおが屑を取り除くことができる。」

  「丸太」すなわち自分の価値観や感情、常識で、人を評価する。
  そうすると、正しく人と向き合うことが出来ない。小さくする、―される、というのはそういうこと。
  ① 社会的な常識で
  ② 組織の権力で
  ③ 差別用語/意識で
  ④ メンタルな面で
  ⑤ 自分を見たくない!?

  自分が弱い人間だと認めたくない。それで、自分を守るために周りを批判する。(防衛機制)
  「親」「男・長男」「教師・牧師」の立場を守る? だとしたら、人に問題があるのではなく、
  自分に問題がある。それで、「小さくされた」者が生まれる。

2.自分の中にいる「小さくされた者」
  
  ワークシート
  

3.あるエピソード
  
  山中湖ではなく河口湖になれ

  
4.いい話には裏がある!
  
  共感すること、受容すること
  

  金子みすず「大漁」
    朝燒小燒けだ/大漁だ/大羽鰮の/大漁だ。
    浜は祭りの/やうだけど/海のなかでは/何萬の
    鰮のとむらひ/するだらう。
  

5.会話記録から
    


まとめ.
  小ささ、弱さ、の中でも意味を持つ言葉を


後日談:
43名が参加された。ここに招く講師は、たいてい専門の、しかも大学の先生だったので、果たして私の話では聞きに来てくれるだろうか、という妙な心配から妙な緊張になっていたのかも、かな… (これがまさに自分を小さくしているのでは?という声が聞こえてくるのですが…)。テーマも、思いついてすぐ連絡してしまったので、少し難しく、一般的ではなかったかな、という反省もあった。そういうことではあっても、あれだけの方々が集まってくださったのであるし、とにかく、終わって、ほっとしている。心を聴く市民ネットワークの皆さん、よく準備してくださって、感謝。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-06-19 10:21 | Comments(0)

朗読劇「塩狩峠」のチラシができたので、ニュースレターと共に地域教会に発送した。
まず地域教会を拠点とするために、今まで40教会(団体)に案内してきたのだが、これからは個人宛にも案内し、タウン誌にも記事を載せることになる。実行委員会主催と言っても、実際は泉教会が主催であり、私のほかにふたりが委員としているだけだ。大きな計画なのだが、準備は細々と進めている。そういう中にも、いくつかの教会(団体)が協力を申し出てくれていることが励みである。結果は必ず大きなものになると信じて、期待して準備していきたいと思う。
先日、ラジオFEBCで、この朗読が取り上げられたので、ここにも紹介しておこう。→ FEBC これはラジオなのでまさに朗読であるが、そしてそれだけでも心迫るものがあるが、8月29日は、舞台のある「朗読劇」である。準備を進めていて、本当にわくわくする。ぜひ、多くの人に、観に来てほしい。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ひと押ししてから退出を
[PR]
by rev_ushioda | 2009-06-05 20:15 | Comments(0)

「一日旅行のご案内」

 ゆきなれた路の
 なつかしくてたえられぬように
 わたしの祈りのみちをつくりたい
 
今度、教会の一日旅行で、この詩を作った、キリスト者詩人 八木重吉の生家(記念館)を訪問します。
以前、八木重吉が療養したという茅ヶ崎の南湖院を一日旅行で訪れたことがありますが、今回は、生家に行くことにしました。津久井湖と高尾駅の中間あたりです。八木重吉の生家の庭にある土蔵を改造して、私設の記念館としており、愛用の聖書、筆書きの詩の原稿、手紙など、重吉の遺品3,000点余を収蔵・展示してあります。ぜひ、多くの方とご一緒できればと願っています。

日時 4月30日(木) 時間は、申込者によって調整。
お申し込みは、izumi@kyokai.org  まで。
(8人乗りの車1台で行きますが、あと2人募集。朝9時に駅に集合できる方なら、どなたでも可)


作品の例 http://www.aozora.gr.jp/cards/000013/files/542.html
記念館  http://4travel.jp/traveler/srilanka/album/10285814/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2009-04-24 22:20 | Comments(0)

今日、手紙の中に、映画「日本の青空Ⅱ いのち輝く里」を実現しようという案内があった。
以前の、映画「日本の青空」は、日本人の手によって憲法草案が作られたことを劇映画にしたものであった。主題の一つは憲法9条、平和の実現であった。
今回の「日本の青空Ⅱ」のテーマは、憲法25条に焦点を移し、テーマは命である。次のように書かれている。
「一人ひとりのいのちを守ることと、平和を実現していくことは、まさに“車の両輪”なのです。本映画づくりは、どん底にあった山あいの小さな沢内村の人々が、力をあわせて大きな苦難に立ち向かい打開していく姿を史実に基づいて描くなかで、憲法25条の具体化のためにクローズアップし、なによりも人間の命の大切さを訴え、現代から未来への希望を見出せる社会づくりを目指すものです!」

協力したい人は、連絡ください。(1枚1000円の製作協力券を買ってください)
この券は、映画鑑賞券にもなります。

憲法25条
一、 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
ニ、 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に
努めなければならない。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2009-03-05 12:16 | Comments(0)

「朗読劇 塩狩峠」

「劇団ぶどうの木」による朗読劇「塩狩峠」を観た。塩狩峠といえば、三浦綾子原作である。それを脚本化したもの。私などが言うまでもないことだが、改めて、三浦綾子という人は人間の罪をわかりやすく、伝道的に描き出した作家だったと思った。「劇団ぶどうの木」は、それを、朗読劇と言う形で見事に演じていた。すばらしかった。
「劇団ぶどうの木」とは、市内の本郷台キリスト教会ユースミニストリーの一環で、2006年に発足。2004年から毎年クリスマスの時期に公共の施設で演劇伝道を行ってきたということで、実績を積んでいる。プロではないので、まったく完璧とまではいかなくても、しかしそれにしては迫力、感動力、そして何より伝道力十分の見ごたえであった。牧師会を早退したが、結局、おさそいした方々が行かれず、牧師夫妻だけで観たのは、何とも惜しかった。

演出の西田正さんについて、FEBCで紹介されている。→FEBCブログ

作品について→「塩狩峠」

音声を聞くことができます →FEBC放送

そういえば、この鉄道事故から、今年はちょうど100年目だ。100年を記念した行事について→紹介したブログ

映画→YOU TUBE 

今年、この劇団を地元、泉区のテアトルフォンテに招く
朗読劇「塩狩峠」 公演予告 
 於 横浜市泉区いずみ中央 テアトルフォンテ
 日程 2009年8月29日(土)午後2時/夜7時
 主催 朗読劇「塩狩峠」を泉区で実現する実行委員会
…といっても、ほとんど私が進めているのだが^^
 後援 YMCA山手台センター、横浜西YMCA


写真は、塩狩峠にて、2001年(結婚25周年記念旅行)。
f0086426_1093492.jpg

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ 移動前に押してください m(_ _)m
[PR]
by rev_ushioda | 2009-02-13 23:18 | Comments(5)

「クリスマスは教会で」

21日(日) 午前10時30分 礼拝
       洗礼式が行われる予定です。
       午後、子どもたちも一緒に、
       クリスマス愛餐会をします。
23日(火) 午後2時、泉区民クリスマス
24日(水)午後7時30分、クリスマス燭火礼拝
       泉教会で、ローソクの光の下、静かにイブの夜を
       過ごします。
1月1日(木)午前11時 元旦礼拝

       いずれも、どなたでもおいでになれます。
       お問合せ 電話045-803-1749
              メール izumi@kyokai.org
[PR]
by rev_ushioda | 2008-12-01 21:19 | Comments(0)

「区民クリスマス」

今年も、もう11月。区民クリスマスの準備が進んでいる。今年で8回目だ。
今年は私が広報担当ということで、この際、マンネリを防ぎ、伝道の意識を高めたいと、担当している広報誌「ニュースレター」に、他市の市民クリスマスの担当者からの応援メッセージをいただいている。
今、1件依頼したあとで、改めて「区民クリスマス」を検索してみた。ホームページも私が作っているが、それ以外に、いろいろ出てくるものである。こういうのがあった。これはホーリネスいずみ教会と、私たちの教会の、いわゆる「ダブルいずみ」の合唱である。
今年は、ハープとフルートのゲストを迎える。チラシもでき、準備が大きく進む。

12月23日(火)午後2時~4時
会場 泉公会堂
主催 区民クリスマス実行委員会
(区内の全教会とYMCA,キリスト教幼稚園が参加)

[PR]
by rev_ushioda | 2008-11-03 12:22 | Comments(0)

インターネット上に、 「アガペインターネット放送局」 (毎日、放送)がある。といっても、15分くらいの短い放送だ。インターネットなので、接続すれば、いつでも観れる。ここで、デボーション(個人的な礼拝、黙想)ができるというわけだ。(上のページを開くと、リストに私の名前がある)。
今日(10日)、以後毎金曜日17日、24日の3回、私が出演する。私はカメラ向きではないので(原稿から離れられない、カメラに向かない)、あまり気乗りしなかったが、紹介だったので断れず、引き受けた。まあ、いろいろ経験するのもいいかとも思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-10-10 09:30 | Comments(0)


11月1日(土)13:30から
    旭区公会堂ホール
講師 アレン・ネルソン
    (元海兵隊員)


私は、「ピース9の会」に入っている。カトリックの松浦悟郎司教が呼びかけた、憲法9条を守ろうという運動のひとつである。といっても、私個人としては「運動」はほとんどしていない。関心をもって、情報を流しているだけだが、何もしないよりは、できることをしないと手遅れになるという思いで名前を連ねている。
いろいろな出会いが生まれているが、旭区にある「9条の会」を知って、こんな身近に活発な活動を展開しているところがあるのかと感心した。希望が丘東地域9条の会、二俣川9条の会、若葉台9条の会、左近山9条の会、鶴ヶ峰本町9条の会といった地域9条の会が活動している。
旭区内にリーフレットを25000枚配布したとか、8月には各地でピースウオークをしたとか、頑張っている。
ここでは毎年、講演会を開いているが、今年はアレン・ネルソンさんを招くそうだ。アメリカの元海兵隊員。ベトナムの前線で戦い、戦場での異状、壮絶な日々に心を壊し、PTSDに苦しみながら30数年を経て、今、世界各地で戦争の真実と人間のいのちの尊さを語っている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-10-04 22:08 | Comments(3)

手元に「田舎伝道」というコピーがある。これは、明治時代に活躍した私たちのカンバーランド長老教会のA.D.へール宣教師が、日本開教五十年記念講演で話したものの要約である。
今から150年前(1859年)幕末期動乱の日本に、宣教師へボンによるプロテスタント伝道が始まった。切支丹(キリシタン)禁教の高札が撤去されたのが1873年、その前のことだ。近代日本の夜明けに、彼らは日本人の魂を愛し、迫害をも恐れず、福音を携えて来た。以来、キリストの福音が広められ、教会、キリスト教主義学校、病院等が設立され、その結果、教育、人権、社会福祉、女性の地位改善、倫理の高揚など多くの感化がもたらされた。そして1909年(明治42年)10月5日から10日まで、東京基督教青年会館で開催されたのが「日本開教五十年記念大会」。集会数15回、講師90人!会衆は毎回5~600人。1200~1300人を越えたとも言われる。このときの講演のひとつが、上記、「田舎伝道」だった。
さて、来年は日本のプロテスタント宣教150周年を記念して、7月に、横浜で大会が計画されている。5000人収容可能なパシフィコ横浜国立大ホールが会場だ。私たちの教会のA・D・へール宣教師が熱く語った宣教のビジョンが、私たちの中にどのように息づいているか、振り返るときにしたいと思う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-09-04 18:02 | Comments(0)