次の写真、最初は、お正月にふさわしい言葉。
この文字を作ったのはカナダ出身で、現在は日本の名古屋に住んでいるというRay Larabieさんである。日本の文字を知っているからこそ、この文字が生み出された。まさに日本人だけが読めない(読みにくい)字である。
一つの世界観、見方の中にいると、融通が利かなくなる良い例である。
昨年は、三つ目の写真にある「Tパズル」に出会って同じことを考えたことを思い出した(下の図で残りの3つのピースを使って“T”を完成させる)。共に、ポイントは、一つの世界観、見方から離れることだ。

教会の週報に、以下のように書いた。

聖書に、主イエスの言葉に、ニコデモが次のように答えた記事があります(ヨハネによる福音書3章3~4節)
「人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」
「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか。」

これなど、主イエスの言葉をニコデモは「カモレレロ」と聞いた典型です。先入観から離れることができないニコデモに、主イエスは、風は思いのままに吹くように、あなたの身を一旦、風(霊=神)に委ねてみなさいと言われたのです。人は、自分の体験、自分の知識や考え方を握りしめていて、だから、「時は満ち、神の国は近づいた」にも関わらず、新しい物語に生きることが出来ないのです。主イエスはニコデモに言われました。「あなたはイスラエルの教師でありながら、こんなことが分からないのか。」教師だからこそ、分からないことがあるのです。私たち、今年、自分の考え方を一旦ご破算にして、キリスト者だからこそ主イエス・キリストの前に、そして聖書の前に、素直に立って見たいのです。そこで何が見えて来るでしょうか。何が聞こえてくるでしょうか。

f0086426_14162928.jpg

f0086426_192884.jpg

f0086426_2235441.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
# by rev_ushioda | 2016-01-03 22:00 | Comments(0)

「なまけものに」

なまけものぶらさがり見る去年(こぞ)今年

元日の『折々のことば』(朝日新聞)に有馬 朗人(ありま あきと、物理学者、俳人、政治家)の句が紹介されていました。
言われているのは、動物の「なまけもの」のことですが、この句の選者は、「時流から外れ世を逆さに見る感覚だけは内に養っておきたいと年始に思う。」とありました。
最近は時間の切り売りと言いましょうか、携帯の料金だけでなく、バイキング形式のレストランで「分単位」で食事料金が計算され、駐車料金もかつては1時間単位だったのが10分単位、細切れ化が進んでいます。時間がない現代人には、分単位で物を売るのが流行るのでしょうか。何か忙しく、せち辛い。
そういう中で、西サモアにあるウポル島、酋長の演説集「パパラギ」という本が訴えています。パパラギというのは、彼らの言う、白人のことです。白人は一日を細切れに刻み、時間というものに追われ、時間がない、時間がないと言って生活している。また、職業というものを持っていて、一人の人が毎日、同じことをする。だから仕事のことを話す時、ため息をつく。しかし、サモアの若者は、歌を歌いながらタロイモを掘りに行ったり、ほかのこともする。時のくるままに時を愛してきたし、十分な時間を持っている。このように、書いてありました。
同じ時間を持っていながら、私たちは、時間を細切れに刻み、時間がない、時間がない、と言っているのに、サモアの人々は時間と時間をつなぎ合わせて十分な時間がある、と言うのです。私たちはお互いばらばらですが、サモアの人々は、違ったものを結び合わせて、一緒に生き、一緒に働き、一緒に休むのです。つなぐ発想、結ぶ発想で終始しています。
聖書を開けば、40年もの間、荒れ野の生活をしなければならなかった人々のことが書かれています。しかし、こう言っています「あなたの神、主は・・この広大な荒れ野の旅路を守り、この40年の間、あなたの神、主は共におられたので、あなたは何一つ不足しなかった。」(申命記2:7)

この世の時間に支配されず、礼拝の時間くらいは確保するなまけものになって「ぶらさがり見る」と何が見えて来るのでしょうか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
# by rev_ushioda | 2016-01-02 00:33 | Comments(0)

f0086426_16304369.jpg
.
.
[PR]
# by rev_ushioda | 2016-01-01 16:24 | Comments(0)

「今年最後の書き込み」

9月以降、投稿が少なくなってしまった。

振り返ってみると、母の介護が影響したようだ。投稿をバロメータとして、やはりあちこち余裕がなかったということだろうか。
そういう中でも、果物は季節になれば実をみのらせる。梅、夏みかん、ゆず等、我が家の庭になる。最近は、下処理をして冷凍し、時間をみつけては解凍してジャム作りをしたことで、少しは気分転換になっただろうか。趣味の旧街道にも立てない毎日だから、何も考えないでジャムを作ることが、一番いいリフレッシュになる。
問題は買ってくれる人がいることだが、年末、年始は人と出会うチャンスがなくなるので、作っても買ってくれる人がいない。しばらくストックが増えるだろう。

今年は安保法案が通過した歴史に負の節目を作ってしまった年で、私自身も相当力んだ1年であったが、最後の1週間は、力を抜いて過ごしている。しかも、2016年は元旦礼拝がない。かつ、希望としては週の前半、― 妹がいる間に ― 思い切って街道に行こうと思ったから(実現はできなかったが)、説教も目星をつけていたため、今年最後の週は比較的余裕をもって過ごしている。会計処理、その他、事務処理の合間に月曜日にはジャムをつくり、今日も普段できなかった家の周りの木の枝の処理をした。

来る2016年は、私の規定上の定年の年である。さらに延長はするが、ついにそういう年を迎えるかという、あれこれの思いを巡らせながら、今年はこの書き込みを今年最後にする。

f0086426_17464759.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
# by rev_ushioda | 2015-12-30 18:10 | Comments(0)

「介護の日々」

つらい言葉三つ。いや、四つ。

97歳になって体が急速に衰え、「要介護4」になったわたしの母に、時々来るひ孫が言って帰る。
「早く、良くなってね。」
良くなる、なんていうことはない。何ともいえず、つらくなる。

最近、体が痛いと毎日のように言う。
往診に来た、かかりつけの医師にかすれ声で母が言った。
「先生、ずいぶん前ですが、先生に言ったこと、覚えてますか?」
「痛い、痛いと言うようになったら、そのまま・・・ という話です。」
「よろしくお願いします。」
・・と。

今日、呼び出しベルが鳴ったので、妹が行ってみると、母いわく、
「鍋の火をつけっぱなしで部屋に来ちゃった、消してもらおうと思って。」
「と思ったけど、夢だったみたい(笑)」
それを聞いて、ぐぐっと、来た。涙が溢れた。

おむつを替えていると、時々、母が言う。
「いつまで、こうしていなければいけないんだろうかね。」
一瞬、言葉が詰まる。
お前、牧師じゃないか、カウンセリングもしているのに・・ 聞こえてくる声に、母の前では、無力な自分しかいない。― 「ずいぶんお世話になったんだから、今、しっかりお礼させてよ。」


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
# by rev_ushioda | 2015-12-28 23:29 | Comments(1)

「神の言葉は動く」

私は、希望が丘教会の礼拝人数が激減し、最低を記録した年に教会に導かれました。その時のチラシには「あなたの悩みは解決できたか」と書かれていましたが、この言葉は、礼拝人数が下がり続ける教会が、自分に向かって言うような状況だったと思います。
当然、「今は教会の内側を整えるべき時だ」という声もあったのです。しかし、「御言を宣べ伝えなさい。時が良くても悪くても」(テモテへの手紙 二 4章2節、口語訳)。この言葉に励まされて、チラシを準備して出て行った、と聞きました。そこで配ったチラシの一枚が、私を捕えたのです。
教会に行って初めて聞く言葉は、高校生の私にはほとんど分かりませんでした。しかしそれでも教会に行き続けた理由は、いろいろあるにしても、やはり最終的には聖書の言葉だったと思います。私は聖書の言葉と対話していたのだと、振り返ってみて今、思うのです。確かに教会はいろいろな試みをします。しかし、そのすること(しないことも含めて)それが、人を動かすことはないのです。聖書の言葉が人を動かすのです。そうであるなら、テアトルフォンテに出て行って聖書会をしたように、あるいは家庭集会でもいいのです。聖書の言葉を読む場を、紹介する場を、多く設ければいいのです。その場があれば、聖書の言葉、神の言葉は、みずから動き出すでしょう。

「わたしの口から出るわたしの言葉も/むなしくは、わたしのもとに戻らない。それはわたしの望むことを成し遂げ/わたしが与えた使命を必ず果たす。」(イザヤ書55章11節)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
# by rev_ushioda | 2015-12-01 21:55 | Comments(0)

「介護の大変さ」

娘がわたしの母のベッドのそばに立ち、車いすに移動させようとしていた時のこと。
ちょっと動かせば、痛い、痛いと言う母の前で、一瞬、動きが止まった。「もう、いや・・」と涙を流している。その娘の姿を見て、ああ、もうこれ以上、わたしの母の介護のために娘に頼ることはやめようと思った。わたしの母である。わたしが最後まで面倒看よう。
日曜日の朝だった。休暇で家にいるという娘に母を頼んで、夫婦で教会に行く直前のことであったが、妻に、あなたは今日は家にいてほしい。そう言って、一人、教会に向かった。妻は、礼拝に来る教会の仲間を迎えられない。わたしはオルガンを弾かなければならない・・ まさか、ね。教会に行き、急ぎ、ヒムプレイヤーをセットした。とにかく、こんな日曜日がこれからも続くのだと思った。ダメ押しするかのように、この日の礼拝は、12人、最少人数だった。
f0086426_0181863.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
# by rev_ushioda | 2015-11-30 23:55 | Comments(0)

「ついに腰を痛め」

ちょっと手を伸ばして物を取ろうとしたとき、腰が痛い、と感じた。そのあと、痛くて歩けなくなった。それが、夕べ。今朝になってみたら、ベッドから起き上がれない。出かけなければならなかったので、ようやく立ち上がって今、一日を終えようとしているが、座った姿勢から立ち上がるまで、時間がかかる。
母の介護が原因ではなく、直接の原因は変な姿勢で物を取ろうとしたからであるが、今日、いつものように介護態勢に入っても、腰に力が入らないところを見ると、腰にそれほど負荷がかかっていたのだと分かった。

う~ん、今後の長期戦にどう備えたらいいのか・・ あの家庭、この家庭と、介護家庭の大変さを、改めて感じる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
# by rev_ushioda | 2015-11-25 21:05 | Comments(4)

少年サムエルは、エリ先生から呼ばれたと思って、行って、言いました。「お呼びになったので参りました。」すると「わたしは呼んでいない。」そういうことが3回繰り返されました。そしてついにエリ先生は、サムエルを呼んだのは神であると悟り、戻って神の言葉に聞くようにと、サムエルに言うのです。

神が呼んでいてくださるのに、どこかほかのところに行って、あるいは誰かのところに行って、そこで「呼ばれた」と思う子どもが出て来ないでしょうか。
そこで「わたしは呼んでいない。」と親切に言ってくれるならいいのです。しかし、現実は果たしてどうかと言えば、子どもの魂を支配して無気力、無責任、怠惰に陥れようと誘惑する者がいるのです。親が、神に呼ばれる声がどういう声かを「幼い日から」知らせていないと、子どもは、どこか、とんでもない所に行って、言うのです。
「お呼びになったので参りました。」
そこに行ったばかりに神ならぬものに支配され、現代社会においては、くやしい思いに打ちのめされ、涙することになるだけでなく、人生を台なしにしてしまうことも起こるのではありませんか。その人の人生を召命する(招く)方の前にしっかり立たなければいけない時に、違う場所に立ってはいけないのです。
だから、親は、神に呼ばれる声がどういう声かを「幼い日から」知らせる責任があります。それは、毎週、親子で礼拝に一緒に行く以外にありません。親の都合で行ったり行かなかったりするうちに、子どもは、すでにいろいろな声を聞いているのです。すでに、そこに呼ばれていると思っているのです。そのように成長しているのです。

親子で神の言葉を聞くという、礼拝生活を始めましょう。

青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。
苦しみの日々が来ないうちに。
「年を重ねることに喜びはない」と言う年齢にならないうちに。
旧約聖書 コヘレトの言葉12章1節

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
# by rev_ushioda | 2015-11-12 17:22 | Comments(0)

「何が偶像か」

イスラム教過激組織IS(イスラミック・ステート)によって、ベル遺跡が破壊されたらしいというニュースが伝わってきました。ベルとは、旧約聖書に何度も出て来る「バアル」のことです。バアル神殿が栄えていた時代があったのですが、それは今、遺跡でしか見ることが出来ません。偶像だ、ということで破壊されたのは、明らかに遺跡です。遺跡さえ偶像と言って破壊するISには、他宗教を信じる人はもとより、他の生き方を受け入れる余地など、微塵もありません。支配地域では、人間らしく生きる権利が踏みにじられているようです。
ISに限らず、「こうあるべきだ」「こうすべきだ」「ねばならない」「いけない」「ダメだ」と、この世は、人を支配する言葉、人間的原理で溢れかえっています。自分を基準にして、相手を量っているのです。それはまさにこの世の原理なのであって、それこそが偶像であり、信仰者であっても落ち込む罠であることは、律法学者たちとファリサイ派の人々をみれば分かります。
それはまた、私たちが自分自身の経験や考え方を基準にするなら、教会にも簡単に持ち込まれるのです。うかうかすると、私たちもまたIS同様、何でもないものを、それは偶像であると口にしてしまうのです。そして、他者を破壊します。そのように言う言葉じたいが、また「言葉の偶像」(自分の言葉を信仰の言葉のように言うこと)となっていくのです。…
この世の中で普通であった、人を支配する「言葉の偶像」を捨てなければ(出エジプトしなければ!)福音に生きることは出来ません。『十戒』は、何よりもあなたの偶像を捨てるようにと、自分自身に向かって言う言葉です。この言葉を人に向かわせさえしなければ、出エジプトした“私”が福音に生きる大事な指針になるでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
# by rev_ushioda | 2015-10-30 06:31 | Comments(0)