教会員に、大磯で奉公していたという方がおられる。奉公先は、今もある和菓子屋「新杵」という店だった。そこによく買い物に来られる人だったと、話してくれたのが、島崎藤村! 何かの話の流れで島崎藤村の話題になった時、「ああ、島崎さんね。」と。「吉田さんのところにもよく、お菓子を届けに行ったね。」とも。吉田茂である。島崎藤村を「島崎さん」と言う人がいるのに(こんなに身近にいるのに)驚いた。
また、最近来られている、元台湾宣教師の方は、山地に住む民族のために宣教された人である。あるとき、バスを待っていると、「そこでたまたま出会って、簡単なあいさつをしました」というのが、これが、蒋介石だった!山地なので、警備も街中とは違って手薄だったらしいのだが、そんな出会いがあったと話してくれた。

歴史的な人物に、そんなにも身近に接した方々がおられる。歴史は、そうしたとき、一気に現実になる。韓国の慰安婦問題が長引くのは、歴史に生きた人たちと真剣に出会う努力をしないまま決着を図ろうとする政治的な手法に問題があるのだろうと思いを巡らす。

f0086426_10122812.jpg

[PR]
# by rev_ushioda | 2017-07-28 09:48 | Comments(0)

忙しい時期であったが、母がショートに行っている合間を縫って無理にねじ込んだ旅行であった。

結婚40年を機に、ぜひ、行きたかった場所が、伊豆の雲見である。新婚旅行で訪れた土地である。泊まった民宿はどこか、今は思い出せないが、烏帽子山という海に突き出た山があって、その急階段で撮った写真があった。同じ場所でもう一度撮っておきたかった。男ってそういうことで感傷的になると笑われながら、41年を越えて、やっと実現した。それが下の写真。急な長い階段を上りながら、同じ場所を探したが、足元がおぼつかず、今回はついに上まで上るのをあきらめ、途中で撮った写真である。

同じ場所であるのに、しかし、あの時の若い二人はいなかった… 

f0086426_23511737.jpg
f0086426_23510096.jpg

f0086426_23502656.jpg

f0086426_15192987.jpg

右手前の山が烏帽子山。下に見える集落が雲見。
階段のいかに急なことかは、この写真を見れば想像できるはず。
ちなみに、頂上からの景色はこんな感じだ(下)。今回はこの景色が見れず、非常に残念だった。
https://youtu.be/tm26JlkzyOE



[PR]
# by rev_ushioda | 2017-07-25 23:51 | Comments(3)

「スマホを無くす」

もう時間が経ってショックも軽減したから書いておこう。
しばらく前にスマホを無くした。まだ替えてから1年も経たないというのに・・
警察にも届けを出したが、結局、見つからなかった。
仕方なくショップに行って相談。1年も経っていないけれど、幸いに旧型だったために新しくしても月々それほど圧迫しないとか云々で、新しいものにしても、ほとんど同額だと分かった。即、新しい端末を購入!
問題は、持っていた住所録をどうするとか、以前の設定に戻すとか、考えただけでも大変である。しかし、icloud というものを使うとよいと言われて(スマホは何を使っているかこれでわかってしまうが)ボタンを数回、、、、何と、何と、手にした新しいスマホの待ち受け画面から、そこに置いたアプリから、その置き方から何もかも、今までとまったく同じになったではないか!もちろん、住所録も! 端末が新しくなって、古いものを無くしてここにはないにもかかわらず、まったく同じになってしまった。

すごいものだね~ 

無くしたショックはどこへやら、このマジックに、いまだに感動している。


[PR]
# by rev_ushioda | 2017-07-11 17:42 | Comments(0)

子どもが教会にたくさん来ていた頃の話ですが、教会でバス遠足をしました。バスの中で子どもたちは大はしゃぎで、そのうちに遊び感覚だったと思いますが、こういうやり取りが始まったのです。

「あなたの生きる目的は何ですか?」

「神の栄光をあらわし、永遠に神を喜ぶことです。」

何とこれは、当時、教会で子どもたちに教えていた信仰問答の言葉でした。意味はわからないかも知れません。しかし、教会の言葉がこのようにすぐに口に出て来るということの素晴らしさを感じた一瞬でした。
私たちの日々の生活は、時間的にもこの世のことで一杯いっぱいだし、気持ちも、いつの間にかこの世の煩いに巻き込まれ、自分を失うことがしばしばではないでしょうか。チクショー、バカバカしいと思って投げやりになることもあれば、人への不平や批判、怒りに明け暮れるようになることもある。そのような時、自分を見失わないための言葉があるでしょうか。
もちろん、聖書の言葉です。聖書の言葉でも、礼拝の度に繰り返している同じ言葉となれば「十戒」や「主の祈り」です。さらに教会が産み出した言葉があります。上のような「信仰問答」や、また「讃美歌」もそうです。そして、もう一つ、教会で交わす私たちの言葉があります。私は、自分の言った言葉をいつも思い出せるわけではありませんが、よく人から言われるのは、「あの時、先生、こう言いました。」牧師としての言葉を覚えていてくださる。(忘れてほしい言葉のほうが多いかもしれませんが…)
聖書の言葉を暗記することは、得手不得手があるでしょう。しかし、毎週礼拝で口にする言葉や、歌う讃美歌、人との会話は意外と覚えていきます。途方にくれたり、困難な日は、必ずやってきます。その時に思い出し口ずさむ言葉を、私たちは教会の生活の中でしっかりと身に着けたいと思います。



[PR]
# by rev_ushioda | 2017-07-09 17:55 | Comments(0)

「礼拝を大事に」

「イエスは…いつものとおり安息日に会堂に入り…」(ルカ4:16)。

いつものとおり、いつもの場所で。このことは大事なことなのだ、と気づくのです。教会は、いつものとおり、いつもの場所、日曜日の礼拝を大事にします。

私たちの生活にはいろいろなことが起こります。外からの試練、内からの試練、襲って来る不安、恐れ、失意、落胆。そういうものによって、自分を情けなく思っているかも知れません。ひょっとしたら、憎しみ、怒りがあるかも知れません。湧き上がる欲望、傲慢、人への裁きに支配されるかも知れません。支配されていることさえ、気づかないかも知れません。イエス・キリストだって、誘惑を受けましたし、苦しみ悶えて祈りましたし、怒ることも、涙を涙されることもありました。そのような中で、いつもの通り、礼拝の場に立たれたのです。不安、恐れ、失意、落胆、憎しみ、怒り、湧き上がる欲望、傲慢などの克服の秘訣は、いつものとおり日曜日にはいつもの場所、礼拝堂に入ることなのです。淡々と、祈りの道に立つことこそが、すべての誘惑からの勝利の秘訣なのだ、ということです。

ティーリケという人の「主の祈り」という本を読んで、驚いてしまいました。この本は、戦争中、日曜日に礼拝堂で話された説教集なのですが、いたる所に次のような挿入文があるのです。「この説教はサイレンと空襲によって中断された」「この説教はこれを行う直前に教会堂が空襲のために廃虚となり、場所を移して行なった」…破局のただ中で、人の心はすさみ、希望をなくし、どんどん心を閉ざしてしまうのが当たり前です。しかし人々は集まり、祈りの生活を作り続けた。礼拝をまもることで、すさみ、閉じていく心を、逆に彼らは押し広げていったのです。この説教集は、原題が「世界を包む祈り」となっています。爆弾で礼拝堂が吹き飛ぶ中でさえ、いつものとおり、いつもの祈りができるとき、心の視野は、世界を包むほどに押し広げられる、と言うのです。

「いつものとおり」祈りの生活を作るとき、祈りは、私たちの貧しい心を、世界を包むほどに開くことが出来るのです。

礼拝への道がまもられますよう、祝福を祈ります。


[PR]
# by rev_ushioda | 2017-07-01 17:46 | Comments(0)

「1週間交代」

今、1週間交代で自宅、ショートを繰り返している。土曜日にショートに出かけ、木曜日に帰宅。1週間家にいて、また土曜日に出かけ、木曜日に帰宅。この繰り返しである。大変だなあと思ったら、また次のショートが来る。送り出したその1週間は、介護がなかった2年前の生活を取り戻す。
7月の終わりには伊豆の雲見に予約をとった。40年前、新婚旅行で泊まった地である。同じ場所で、写真を撮ろう・・  8月の終わりの週には、再び、中山道に立つ。夏休みなので孫と一緒である。

いい感じである。母は、6月26日に99歳の誕生日を迎えた。

f0086426_18094602.jpg

[PR]
# by rev_ushioda | 2017-06-26 17:59 | Comments(0)

「日曜日を盗むな」

日曜日は、教会では「主の日」と言います。「私の日」ではありません。「主の日」、礼拝の日です。キリスト者は、洗礼を受けた時に誰も皆、そのように教えられ、洗礼の誓約で「礼拝を大事にしますか」と訊かれて「はい」と答えました。ですから、日曜日には何を置いても礼拝に行く人を「キリスト者」と言うのです。

それが、いつから「私の日」にしてしまったのでしょうか。仕事や試験、子育てなどが重なって、気づいてみたら「私の日」になったのではないでしょうか。気分で、行きたくないから行かない。こうして「私の日」にした人もいるのではないでしょうか。いろいろあって、「主の」ものを「私の」ものにしてしまったのです。

エデンの園で、アダムとエバが、取ってはいけないと言われた木の実を取って食べ、主のものを自分のものにした結果、どうなったか、皆さん、御存じでしょう。神と人とのコミュニケーションを破壊しました。神の前から隠れ、人間関係において責任転嫁し、子どもたちは、殺人事件を起こす。やがて人間が神のようになったと、「バベルの塔」はあらわしているのです。主のものは、私のものではないのです。それをしたら、すべてが歪み始めるのです。破綻するのです。

キリスト者にとって、日曜日は主の日です。主の日なので、私の日ではありません。私たち、日曜日は主の日として、私の手を開いて、主にお返ししようではありませんか。

子は父を、僕は主人を敬うものだ。しかし、わたしが父であるなら/わたしに対する尊敬はどこにあるのか。わたしが主人であるなら/わたしに対する畏れはどこにあるのかと/万軍の主はあなたたちに言われる。

…あなたたちは言う/我々はどのようにして御名を軽んじましたか、と。あなたたちは、わたしの祭壇に/汚れたパンをささげておきながら…/あなたたちが目のつぶれた動物を/いけにえとしてささげても、悪ではないのか。足が傷ついたり、病気である動物をささげても/悪ではないのか。それを総督に献上してみよ。彼はあなたを喜び、受け入れるだろうかと/万軍の主は言われる。(マラキ書1章6~8節)


[PR]
# by rev_ushioda | 2017-06-01 17:50 | Comments(0)

「孫の成長」

5年生と1年生の孫が二人、この連休にパパと一緒に自転車で来ると言う。孫は相模原市在住で、家は淵野辺駅の近くだ。大丈夫かなという心配もあったが、いい冒険だと思って待っていたら、ゆっくり目の3時間で無事到着。お昼を食べ、しばらくして、パパに誘われた上の子は、また、自転車で帰ると言う。しばらくして、写真が送信されてきた。バッティングセンターでバットを振っている。余裕だ。ずいぶん成長したものだと思った。下の子は、別に車で来た娘が、自転車ごと車に乗せて帰って行った。

[PR]
# by rev_ushioda | 2017-05-03 16:37 | Comments(0)

「転倒」

先週、妻が買い物に出た先で転倒。痛みでしばらく起き上がれなかった。念のため、翌日、脳神経、整形と受診、幸いに骨には異常なく、安心した。
しかし、このために予定していた中山道行きは中止。前日キャンセルということで、初めてキャンセル料を払うことになった。せっかくだから、ではドライブに切り替えてと、道志から山中湖に入って、ほうとうを食べてきた。妻はその時はまだ痛みがなかったが、常のことであるが、数日たってから痛みが出てきて、1週間ひきづっている。
転倒の時、たくさんの人が足を止めてくれて「大丈夫ですか」と声をかけてくれたそうで、過日の私自身の時もそうだったが、親切な人がたくさんいることはありがたいことだと思った。そばにいた孫は妻を心配して、「お風呂に入らなくていいからね」と言ったとか。
しかし残念なのは、その時呼ばれてきてくれた店員が「弁償しろということですか」と言ったそうである。利害に結びつくからではあるだろうが、さすがに心無い言葉である。相手を心配し配慮する言葉はいざという時こそ必要なのだが。


[PR]
# by rev_ushioda | 2017-04-30 23:50 | Comments(0)

「牧師の定年」


牧師にも定年があるのですか、と驚かれることがあります。確かに、規定では定年を謳っていますが、「教職者は、定年後も中会に所属するものとする」となっているのです。つまり、定年した教職者は、継続的な責任や任務から解かれますが、教職者であることに変わりがない、ということなのです。一般社会では、定年したらその会社とは関係なくなり、その身分も失われるのですが、そういう仕組みとは、違うのです。定年を迎えたら継続的な責任や任務には就かない、ということですから、当然、今まで働いていた教会を去ることになります。しかし教職者としての身分はそのままなので、場合によっては一時的な教会への責任や任務が与えられて、協力牧師、その他の関わり方ができるのです。例えば、ある教会の牧師が主日を前に急病になったとか、海外に出張することになった場合、招かれてみことばの説教をすることができます。牧師が不在の、無牧の教会のために、定年した教職者が牧師としての働きに就くこともできます(その場合、任期がなければ代務者と呼ばれ、任期があれば臨時牧師や臨時代行と呼ばれる)。単に小会議長をつとめるだけの場合もあります。

牧師と言っても年齢的な身体的、精神的な衰えがあり、教会との関係を維持するのが難しくなっても、教会は、なかなか言い出せないものです。しかし、定年や、短く区切った契約延長の仕組みがあれば、問題なく処理できるという意味で、定年制があるのです。だから、教職者は、定年後も教会との正規の契約関係ではなくても、余力があれば、可能な限り、教会に仕えていくのです。

『日本中会教職者定年および退職金規定』

第3条 教職者の定年は、満65歳に達した年末とする。ただし、小会は

教職者の健康その他の諸事情を勘案したうえで、教職者の定年を満70

まで延長することができる。

2 前項の延長は、2年ごととし、最後の延長は1年とする。

第4条 教職者は、定年後も中会に所属するものとする。


<a href="http://philosophy.blogmura.com/christian/"><img src="http://philosophy.blogmura.com/christian/img/christian80_15.gif" width="80" height="15" border="0" alt="にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ" /></a>



[PR]
# by rev_ushioda | 2017-04-09 06:30 | Comments(0)