.

           牧師の部屋にようこそ     
               
   

       これは牧師の個人的なブログです。
       まず、教会の近くからの景色をご覧ください。これが教会のある場所です。
       晴れた日の夕方は、この場所は「観光名所」になります。
      (注:下の動画にはBGMが入っています)

           

 ブログ村 >  「歩く旅」  から来られた方は・・・
     → 右の「タグ」から、 「東海道を歩く」「中山道を歩く」「大山道を歩く」 を
        クリックしてください
       
       
  

 テーマ別に読む  一般の方は、右の「タグ」から 「電話メッセージ」をお勧めします。 
     私の趣味は旧街道歩きです。関心あれば、「東海道/中山道を歩く」もどうぞ。


3.教会案内

    → 泉教会地図・教会案内は ここ 

    → 泉教会ホームページは ここ
      

ご注意:ブログに付けられる広告は、当方と一切関係ありません

[PR]
by rev_ushioda | 2017-12-31 23:59 | Comments(0)

今年は12月31日が日曜日なので、私たちの教会では翌日の元旦礼拝はおこなわないことにしました。また、いわゆる「三が日」に日曜日が含まれる場合も、元旦礼拝はおこないません。元旦礼拝は、してもしなくても良いと考えているのですが、では、「礼拝」と名がついたものをしてもしなくても良いのでしょうか。
礼拝をいつ行うかというと、それは教会歴に従っています。まず礼拝が毎週あるのは、主イエスが復活された記念の日だからです。そこから始まって1年を通じてクリスマス、イースター、ペンテコステがあるのも、教会歴というカレンダーがあるからなのです。
では1年の初めの日、「元旦」はどう位置付けられているかというと、カトリック教会では、「神の母 聖マリアの祭日」、聖公会では「主イエス命名の日」、ルーテル教会では「主の割礼と命名の日」としていますが、皆、同じ意味です。聖書を開くと、「八日たって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた」とあります。12月25日がイエス・キリスト誕生を祝う日であれば、8日目というのは、1月1日となります。そこで そう、1月1日は「イエス命名の日」となるのです。(カトリックは名付けた母マリアに焦点を当てています)
プロテスタント教会の場合、上記の教会を除いて、特にこの日に聖書的な意味づけをしていません。むしろ新しい年の初めには1年1年を創造される主なる神を礼拝しよう、という、気持ち的なとらえ方によって、礼拝の時を持つようです。「初詣」に対して、教会では「元旦礼拝」をするのだと、証しの意味もあるでしょう。いずれにしても、教会歴ではないので、対応の仕方は各個教会に任されているのです。(教会暦では12月25日がクリスマス礼拝になるのですが、多くの教会ではアドベント第4主日をクリスマス礼拝と言って、教会歴さえも大事にしていません)1月1日は特に位置づけがありませんので、12月31日が日曜日、翌日が1月1日のような年の巡りの場合、私たちの教会では元旦礼拝はおこなわないことにしました。年末、そして新年最初の主日礼拝を大事にしていただきたいと思います。
[PR]
by rev_ushioda | 2017-12-15 19:47 | Comments(0)

「新しい景色」

家の近くを歩いていたら、こういう場所があった。遠くは桜木町のランドマークタワー。手前は二俣川に最近できたマンション。相鉄線が渋谷につながれば、西谷、二俣川はこれから人口も伸びる街になるだろう。二つのランドマーク、新しい風景である。

f0086426_17475685.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2017-12-12 18:02 | Comments(0)

「渋沢教会」

毎年、12月に入って早々に牧師会のクリスマスが行われる。今年は会場が渋沢教会。良いお天気に恵まれた。これは礼拝堂から撮った写真で、大井先生はこんな景色を独り占めしていたのかと、うらやましくなる。

f0086426_18265885.jpg



[PR]
by rev_ushioda | 2017-12-05 20:24 | Comments(0)

「母の容体」

1週間はショート、1週間は家での生活が続いて、99歳の誕生日を迎えた。このまま順調にいくかと思っていたら、11月の半ば、ショート先で意識がはっきりしない、何とかの数字が低いということで夜中に電話があった。迎えに行くわけにもいかず、様子をみてもらうことにして、無事、朝を迎えた。それにしても迷惑も掛かるだろうし、1日早く、帰宅させることにした。
それから2週間を越えても、体調が回復しないままである。ショート先でのことは飲み始めた新しい薬の影響であったらしいことはわかったが、その後、食事をとらず、寝たままの状態で、25日に妹が来たときだけ、いやに元気になり、起きてきて今までのように食べたが、それも1回だけ。こんなに食べなくて大丈夫かと思うほど、食べない。話も元気がなくなった。かすれ声である。食べるのは1日にスプーン一杯くらいのおかゆの類だけである。

きのうの往診のとき、「老衰」とか、「ターミナルですね」と言われた。

確かに、こんなに食べないのでは、あと、もっても1~2週間だろうと思った。

ただ、目が覚めているときは冗談を言う。おかしくなっちゃった、と言いながらも、意識ははっきりしている。


[PR]
by rev_ushioda | 2017-12-03 22:34 | Comments(0)