「信仰街道の一里塚」

私事ですが、要介護4の母を自宅で介護して1年。四六時中、食事、排せつ、痛みなどへの対応があり、デイサービス、ショートステイ、ヘルパーや訪問看護、入浴などの日程調整や依頼、準備などに追われているうちに、だいぶ手馴れて来たとはいえ、こんなにも自分の思考や行動が狭くなるものかと驚いています。
しかし、そのように一点に集中せざるを得ないことは別に介護に限らず、たとえば仕事にしても同じことが言えます。1週間、同じことを繰り返し、意識をそこに集中しているうちに、おそらく同じように思考や行動が狭くなるのです。
私はこれではいけないと思い、「点」が「線」になるように、島崎藤村の『夜明け前』とか司馬遼太郎の『国盗り物語』、その他、今、趣味で歩いている街道に関する本の助けを借りました。実際、介護があるので街道に立つことは出来なくても、読書によって、視野が縦横に広がるのを感じました。この感覚は大事だと思いました。地上の街道には、京とか江戸とか目的地がありますから、それを、自分の信仰の目的地に重ねることが出来るのです。一緒に神の都を目指す信仰街道を旅しませんかと人に勧める口実を得ることも出来るのです。「街道」というスケールに自分を乗せることは、私にとって視野を広げるのに益することであり、楽しいことでした。
今年最初の「牧会のはなし」に、「なまけもの」という動物の絵と共に、私は次のように書きました。―この世の時間に支配されず、礼拝の時間くらいは確保するなまけものになって「ぶらさがり見る」と何が見えて来るのでしょうか。―
礼拝は、神の国に続く信仰街道の、一里塚なのです。ここに足を止め、ずっと先が見えると、苦しい今も目的地に包み込まれた今に見えてくるから不思議であり、愉快なことです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-09-15 12:20 | Comments(0)

「美術館で思ったこと」

某大学後援会の親睦旅行で、箱根に行った。参加者8人で小回りが利く、というわけで、小田原城、地球博物館、「えれんなごっそ」で昼食、石垣山城(車中見学)、ポーラ美術館、ラリック美術館という豪華コースとなった。
ポーラ美術館、ラリック美術館は、よく夫婦で箱根に行くが、気になりつつも、それぞれ1800円、1500円と高いので、毎回、「まあ、いいか」と横目で見るばかりだった。今回、親睦旅行の勢いで入館。いい機会だった。
ポーラ美術館は、まず、建物が山間の斜面に建てられていて、だから緑に包まれており、その透明感あふれるエントランスは、建築的にも実にすばらしい。さっそく一回り見学して出てきたら、それは第一展示室で、まだ第5展示室まであるという。その広さに驚いた。建物周辺には林の中に散策コースがある。美術作品で飽和状態になった頭を休めるのにいいと思ったが、さすがにその時間がなく、残念だった。行かれなかったところに後ろ髪をひかれるようだ。
次のラリック美術館はガラス工芸品の展示で、二つの美美術館だけで、見慣れないものを観た私のあたまは、あふれかえった。
さて、ゴッホの絵を観た後の車中で、「子どもってなぜ、すぐに絵を描けるんだろうね」という話になった。一人の人が言った。「大人は結果から考えるからで、子どもは結果を考えず、直感で描くんじゃない?」  なるほど、娘が昔、描いた絵はゴッホの絵と似ていて、結果から描いたとは思えない。今も、額に入れてとってあるが、既成概念を壊すゴッホの絵には、結果ではなく、その「直感」があるのだろうと思った。。
ところで、絵には皆、立派な額縁がつけられている。美術館は額縁ごと購入したそうだ。しかしその絵の作者は、その絵がその額縁に収められることに、果たして納得しているのだろうかという疑問がわいた。もしかしたら、絵の作者の意図に反した額に入れていないだろうか。それによって絵の価値を下げていることはないだろうか。絵を観ながら、絵そのものの値打ちが分からない者だから、そんなことばかり思っていた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-09-11 23:20 | Comments(0)