「聖書に読まれる」

私たちは聖書を読みますが、聖書を読んでいると、やがて、聖書に読まれ(・・・)ている自分に気づくのです。
聖書を読むとき、私たちは少なくとも注解書1冊くらいは傍に置き、分からなければ調べるという、いきおい、勉強の体制をとると思います。分かろうとするのは大事なことですが、しかし、分かるというのは、聖書の言葉を自分の理解できる器に入れることです。果たして、このちっぽけな頭や心という器に聖書の言葉が入る(分かる)でしょうか。分かった瞬間、あなたは分かってない、と言われるのではないでしょうか。
大事なのは、聖書に読まれることです。聖書に私たちが読まれる時、同じ聖書の個所でも、前と違ったメッセージになります。私は、説教において私たちが聖書に読まれることを、大事にしたいと思っています。同じ個所でも、前に読んだ(説教した)同じことは多分、語っていません。説教においてこの個所はこういうメッセージだろうと聴き手が期待、予期した内容とも、違う言葉になっていると思います。すなわち聖書は生ける神の、生ける言葉ですから、神は、1年前、10年前と同じことを語っているはずはないのです。神は今、ここにいる人に向かって、その聖書個所から、今、ここで語る言葉をもっているのです。私は、その言葉に読み込まれた人間として、その言葉を語ろうとしています。「今は神を知っている、いや、むしろ神から知られている」(ガラテア4:9)とパウロが言う通りです。パウロは、神を知っている、聖書を知っている自分ではなく、神に知られている、聖書に読み込まれている自分に気づいたのです。その時、聖書は、パウロに新しいメッセージを放って来たのです。
私は皆さんにも、聖書を知っているのではなく、聖書に知られている、聖書に読み込まれている自分を発見してほしいと思っています。それが私の説教です。そういう意味で、私だけでなく誰の説教を聞いてもですが、期待が外れたことは、たくさんあると思います。神は、(誤解を恐れずにいえば)私たちの化石化した聖書の理解や期待を、はずしているのです。その挑戦を真っ先に受けているのは、もちろん説教者であることは言うまでもありません。説教は、そこから生み出されているのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-05-29 23:46 | Comments(0)

「リトミック体験」

和泉短大の後援会総会で、総会後の講演が「リトミック」であった。
すわ、運動着を用意するのかと思ったが、高齢者向きに(認知症対策で)してくださるとのこと。(笑) 安心して参加した。
リトミックと言っても、想像していたような、ただ音楽に合わせてリズム運動をするだけでなく、いろいろあることを知ったのだが、何よりも時間の半分以上を、リトミックとは関係のない(と私には思われた)、自分が出会った先生の話に使われた。これはいったいどうなるのだろうと内心、はらはらしていたが、講師の個性もあるのだろうが、とにかく力を抜くような話であり、話し方であって、人には何よりも安心の空間を作ることが大事だという意味のことを言われたとき、なるほど、これがリトミックというものの基本的な考え方なのかと思った。
そして、残りの20分がリトミックの実際であったが、実に面白い。前段の話がなかったかのような強い印象を私に与えたのであった。簡単なリズム遊びから入って、わらべ歌の歌遊び、そして、お互いの動きにじっと注目しながらコミュニケーションを取る、不思議な沈黙の時間。ピアノを使ったリズム運動とはまったく違った世界に、思わず引き込まれて行った。これがリトミックなのかと。非常に興味をひかれ、関心をもったい時間であった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-05-28 23:25 | Comments(0)

「異なる言葉を」

先週はペンテコステでした。この世界に新しい共同体が生まれ出たことを祝う日でした。そのきっかけは聖霊によって「ほかの国々の言葉で語り出した」ことにあります。「ほかの国々の言葉」の直訳は「ほかの舌」「異なる言葉」です。教会は、今までと同じ言葉を話すのではなく、異なる言葉を話すようになったのです。それは、神が何をしてくださったか、という証、伝道の言葉でした。キリスト者は、今までと同じ言葉を語るために洗礼を受けたのではありません。神を証しする言葉、伝道の言葉を語る者として、この世に新しく生まれたのです。
泉教会は、ここに集う者、皆で出来る様々なユニークな伝道ツール、方策を考え、生みだしました。それらをもって神が語ってくださると信じて伝道しています。私たち教会員は、依然としてこの世と同じ関心を持ち、この世と同じ言葉を語っていくのではなく、差しあたって教会の持っている伝道ツールを手に取り、それを紹介するという、新しい言葉を語り始めて行きたいのです。
教会員の皆さんは、以下、どのくらい活用しているか、チェックを入れてみましょう。半分以上、チェックが入るでしょうか。
 
□「聖書おもしろ読み」(於テアトルフォンテ)を人に紹介する。
□「気持ちの聴き方」(牧師の外部講座)を関心ありそうな人に紹介する。
□「賛美の会」を関心ありそうな人に紹介する。
□「電話メッセージ」(週報折込みの紙)を読んで欲しい人に手渡す。
□「ライフライン」(第2週の放送で泉教会の広告が出る)を観るよう、紹介する。
□カード(聖書おもしろ読み、電話メッセージ、礼拝等の案内)を常時携帯し、機会があれば人に手渡し、紹介する。
□泉教会の口コミを投稿する(方法は、受付にある赤いカードのアドレスに直接、またはホームページから、アクセスする)
□初めて礼拝に来た人に、用意されている当日の説教原稿を差し上げる。
□「元旦礼拝」「イースター」「泉区民クリスマス」「コンサート」などの特別な機会に人を誘う。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-05-20 10:44 | Comments(0)

「教会を信ず」

「わたしは…きよい公同の教会…を信じます。」これは、「使徒信条」の言葉です。このような簡潔に信仰を体系化した言葉は、洗礼準備のために必要だったと言われています。
しかしまた、このような信仰を表明する背景には、現実にはそうではない状況があったこともまた、想像するに難くありません。聖書を読んでも、生まれたばかりの教会には、不道徳、無秩序など、この世に起こるのとまったく同じ世俗の問題があり、それに加えて異端の侵入など、すでに様々な問題があったことが分かります。そういう事柄への対処、信仰訓練、教育のためにパウロは手紙を書き、それが新約聖書になったのです。そして、大事だと思うのは、パウロはそのような教会を「神の教会」と言い続けます(コリントの信徒への手紙1:2ほか)。教会を信じたのです。混乱ばかり引き起こす人を、それでもキリスト者だからと言ってその人を信じたのではなく、「神の教会」であると言って、教会を信じた。ここが大事なのです。
どこかに行ったら、問題のない教会に出会えるでしょうか。そんなことはありません。教会には物理的な意味で社会との境界線はありませんから、社会がそのまま教会の現実になります。教会に人がいるかぎり、人は罪のゆえに問題を引き起こします。社会の問題は、そのまま教会の問題になります。そして、社会の問題がそのまま教会の問題になっている教会こそ、キリストの教会、世に生きる「神の教会」だったのです。
問題が起こるから問題なのではありません。問題を仲間と共にただしく解決できない時、それが問題なのです。問題を引受け、共に担い、そこにキリストのおられたことを見出すまでは確かに辛い経験もするでしょう。しかし、パウロが「神の教会」と信じた教会も、同様の苦闘を経て、そこで信仰を証ししたことに、私たちの目を向けたいと思います。パウロが生きた教会以上の教会を、私たちは作ろうとしていません。「神の教会」は、問題のただ中にこそありましたし、これからもそうなのです。皆さんの目に「神の教会」が見えているでしょうか。もちろん、見えていると思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-05-18 23:57 | Comments(0)

「介護の日々」

1年前には庭で草取りしていた母は、今は要介護4で家族の手がなければ、寝返りもできない。
今の状況を書き留めておこう。

月曜日 ヘルパーさん
火曜日 訪問入浴、訪問看護
水曜日 ヘルパーさん
木曜日 ヘルパーさん
金曜日 訪問看護
土曜日 訪問入浴、月2回 医師の往診

その他、月2回くらい、2拍3日のシュートステイ、月1~2度のデイサービス利用。
しかし、常におむつ交換、排便処理、食事介助があり、痛みへの対処がある。うなるような痛みが出て来ると、薬を飲ませたり、あれこれ対処する。いつ、呼び出しが鳴るか、常に気にする必要がある。そういうわけで、デイサービス、ショートステイ時以外、私たち夫婦はどちらかが在宅している必要があるのだ。

65歳は、規定上の定年の年。実際は5年延長できるが、定年の年になってみると、こうしてはからずも牧師の仕事も思うように動くことができなくなった。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ

[PR]
by rev_ushioda | 2016-05-04 21:33 | Comments(0)

「聖書の自由読み」

こんな話を聞いたことがあります。戦争が終わって、軍人さんが村に帰ってきた、物資が不足している中で、リヤカーがほしい。そうだ、あの人は軍隊で戦闘機を作っていたそうだから、設計は得意だろう。リヤカーを設計してもらって、自分たちで作ろうということになった。出来上がったのですが、ところがどうも具合が悪いのです。村のガタガタ道を走ると、揺れが大きすぎるのです。理由は、ガタガタ道を走るようなリヤカーは、車軸に「遊び」という、いわゆるガタ、余裕を設けなければならないわけです。ところが航空機の設計屋さんだから、そういう「遊び」のことは考えなかったのです。その結果、ガタガタ道に対応できず、乗り心地が悪くなってしまい、使い物にならなくなったというわけです。どんな良いものも、これでは意味を失います。
私は、教会の「設計」にも同じことが言えると思います。人の心は、改めて言うまでもなく、けっこうガタガタ道なのです。そこで聖書の読み方にも、いい意味で「遊び」が必要で、それをなくしまうと、生きにくくなり、人の居場所を奪います。人は教会に集まらなくなります。聖書を読む人がいなくなっては、いくら聖書があっても何の役にも立たない、本末転倒でしょう。
よほど破壊的な読み方でない限り、間違ってはいてもその人の読み方に感心し、「ナルホド、あなたはそう読むか。」と当座は間違いも包含し、読み方の幅の広さを楽しむのが良い。聖書の自由読みを楽しみながら、仲間と出会い、そしてここが大事ですが、聖書の自由読みを楽しむ者が、ついには下に記した聖書の言葉に出会うことが出来、その言葉自身に教えられ、導かれていくのです。私の40年にわたる牧会姿勢は、何の前提も持たず、何によっても支配されず、「遊びという設計」を最大限発揮してみると、そこで聖書から聞こえてくる言葉に教えられ人が変容するということでした。教会はこの世の悪魔的な動きに対しては「教理」を働かせて命をかけて戦いますが、個人個人に対してはまったく違う出会い方が求められています。私は聖書の言葉じたいが人に働くことに信頼していますので、思い違いをした聖書の読み方をする人に出会っても、何も驚きません。あわてて否定もしません。そういうわけですから、泉教会に生きる私たちは、人が聖書に出会う機会を「設計」し、そのような「後方支援」をこそ大事にすればよい(これが疎かであっては何をかいわんやですが)。あとは、聖書の言葉がその人の内にあって働く働きに委ねるのです。
「というのは、神の言葉は生きており、力を発揮し、どんな両刃の剣よりも鋭く、精神と霊、関節と骨髄とを切り離すほどに刺し通して、心の思いや考えを見分けることができるからです。」ヘブライ人への手紙4章12節

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-05-01 21:09 | Comments(0)