事業所第三者評価の評価員さんたちの研修(企業研修)に招かれ、傾聴をテーマにお話した。以前、成年後見人さんたち(行政書士会)の研修でもお話したが、こういう機会があるたび、傾聴の研修でなければ絶対、招かれない場であることを思うと、傾聴はどんな分野でも必要性があることをつくづくと思う。必ずお願いすることは、泉教会の牧師であることは必ず紹介してください、ということ。その条件でお引き受けしている。

以下、講演レジュメ。

序.カモレレロ

1.傾聴とは、受容です

  傾聴を疎外するのは、自分の価値観(前提、思い込み)

  自分の価値観を停止して、その時向き合う相手の立場、環境、事実を受け止める
  
  ポイント
  ・うなずき/あいづち
  ・内容の繰り返し
  ・評価しない

2.傾聴とは、共感です
  
  ポイント
  ・感情の反射
  ・感情を開く質問
  ・感情の明確化

  ・反対の意味で、コミュニケーションを阻む遣り取り

3.ワークシート
  修飾語に注目を

4.傾聴には100万円の値打ちがあります

5.事例研究

結.さすがの大岡裁きも


この研修の重点を、今回、4と5に置いた。実践的な内容で貢献できればと思ったが、好評価の声があったと担当者。まずは、ほっとした次第である。慣れない場所で、慣れない講演で(笑) ちょっと疲れたかな。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-04-23 21:34 | Comments(0)

「牧師会の帰りに」

牧師会が東小金井教会であった。この教会は神学生の時、41年前に1年間研修で通った教会である。
研修が終わって、懐かしい道をいろいろ思いめぐらしながら帰る途中、足(すねのあたり)をつってしまい、座って痛みの去るのを待っていた。そこに、後からA先生が通りかかり、道に倒れている旅人を放っておけないと大変心配して戴いたが、大丈夫だからと先に行っていただいた。そのあと、数分ほどで痛みも去り、無事に帰宅。母の介護のこともあって家から出れないことが多くなり、運動不足がますます進んでいるようなので、最近、ステッパーという足踏み健康器具を買い求め、試しているが、まだ効果が出るには至ってないようだ。

振り返って、「発見される」というのは、うれしいものだと思った。
あの聖書に出てくる、強盗に襲われ道に倒れていた旅人も、きっとそういう気持ちだったであろうと思いめぐらした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-04-12 22:19 | Comments(2)

「復活の朝と茶色の朝」

イースターの朝、主イエスは「おはよう」と言われ、希望の朝を指し示されました。では、主イエスが声を響かせている「この世の朝」は、いったいどういうものでしょうか。
「だれかがドアをたたいている。こんな朝早くなんて初めてだ。…外は茶色。」 遂にその朝がやって来た、ゾクゾクっとするところで、その本は終わっています。そこまでたった29ページの『茶色の朝』という小さな本です。この本には、どこにでもありそうな街の淡々とした日常が、制度や法律によって少しずつ茶色に染まっていくという話が書かれています。茶色に染まるというのは、他の色は認めないという法律によって国民が支配されていくことです。
最初の頃、茶色じゃない猫をすべて始末するという「ペット特別措置法」が出された時、主人公の「俺」は違和感を感じ、胸を痛めながらも、何もしなかったのです。「茶色に守られた安心、それも悪くない」と思ったのです。しかし、そのうち気づくと犬、新聞、ラジオ、本… 次々と茶色以外のものは認められなくなり、とうとう昔、茶色ではない犬を飼っていたという理由で友人が逮捕されてしまう。どうして最初の頃に感じた違和感にきちんと向き合って抵抗しなかったのか、と後悔するのですが、すでに遅かった。ついに自分も、その朝を迎えたのです。

この本は、1998年、フランスの統一地方選挙で、排他主義的極右政党が躍進するに至り、危機感を抱いた著者が、出版したものです。そして2002年の大統領選挙で、なんと決戦投票にこの極右政党の党首が最終候補に残るに至り、危機感を持った人々が読んだのがこの本だったのです。
よその国の出来事ではありません。本の中だけの話でもありません。私たちの国で、たとえば「国旗国歌法」で信教の自由の侵害が起こっています。「秘密法」で、知る権利が奪われています。「戦争法」で他国と一緒に戦争が出来る国になりました。さらに、政府は改憲によって緊急事態条項を導入、基本的人権に制限をかけようとしています。…今、日本で、この本の通りの事実が着実に起こっているのです。
「だれかがドアをたたいている。こんな朝早くなんて初めてだ。…外は茶色。」キリスト者としての信仰の自由、そして私たちの持っている人間性が奪われる、その「茶色の朝」が来た時では遅いのです。主イエスが「おはよう」と言われ、新しい希望の朝を創造されたのは、どのような状況であったかをよく知っておきたいと思うのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-04-01 12:04 | Comments(0)