38年前の1978年3月、私たちは東京都東久留米市にあった「日本基督神学校」を卒業しました。卒業して10年くらい経ったある年から始めたので、以後30年近く、私たちは毎年、同級会を開催してきました。集まるのは、高本律子姉、大竹海二先生、木内伸嘉先生、熊田雄二先生、池田勇人先生、そして事情により中退した橋本綾子姉と、私、潮田です。神学校時代から、夫婦で親しかったこともありカップルで参加する人も多いので賑やかになります。この同級の友たちと出会うと、思いは東久留米の「日本基督神学校」に戻って行きます。初心と言いますが、この仲間たちと出会う度、初心にいつも引き戻され、今日まで来たのだと、つくづく思います。
やがて、橋本綾子姉はお連れ合いを天に送り、3年前には池田勇人先生が召されました。今回、大竹海二先生がご自身の身体的事情、お連れ合いの要介護のこともあって、やむなく教会を辞され、息子さんのところへ行かれることになったため、定例同級会の時機を早めて3月中に開催しました。

私の手元に卒業式のときに録音したテープが保存されていて、38年経っているのにもかかわらず極めて良い音質が維持されていましたので、今回、40年の節目には2年早かったのですが、大竹先生の送別に際して、それを皆で聞くことにしました。聖書個所はテトスへの手紙1章1節から3節、「神の命令によって」と題して、小畑進先生の説教でした。あの時、東久留米の学び舎からこの言葉で送り出されて38年、この間の波乱の旅路を思いつつ、今、ここで改めてその言葉を聞くことに、一同、どんなに深い感慨を覚えたことか。

テープにはレセプションのときの「卒業生のひとこと」も録音されていたので、聞かないわけにはいかず、あの時の自分の「ひとこと」を聞きました。改めてじっくり自分の言葉を聞いてみると、今もそれほど進歩していないとか、息子の声と同じだとか、話に花が咲いたのは言うまでもありません。

大竹先生ご夫妻とのお別れもありますし、そろそろこうして毎年集まるのは無理かもしれないとの思いを持ちながら、「神ともにいまして」を歌い、手を結んで輪になり、主の祈りを祈って散会しました。

今年の東京基督教大学の卒業式で配布された理事会報告に、今年度をもって退任する者として丸山忠孝先生、大竹海二先生のお名前が並んでいました。私たちにとって、ひとつの時代が過ぎていくのでしょうか。

御手にゆだねて…

f0086426_12142252.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-03-15 12:01 | Comments(0)

泉教会地図/ご案内

泉教会にいつ行くの?
 「今でしょう!」


日曜礼拝
      公開していますから、いつでも「見学」歓迎。
       毎日曜日 午前10時30分~12時   

テレホンメッセージ(着信専用 3分テープ応答)
      045-364-4041
         

地 図
      下記「教会電柱広告」手前に「おうち屋さん」という緑の看板があります。
      それを過ぎてすぐ、教会の電柱広告があるところで、右折します。
      ルートラボ に、立場やいずみ野駅からの道順もあります。
      サイト内で「泉教会」を検索して下さい。

f0086426_1902067.jpg

ブラウザのボタンで、もとのページに戻ってください。
[PR]
by rev_ushioda | 2016-03-11 23:15 | Comments(0)

「会議録/議事録」

会議を開いて、その記録を残すとき何というかですが、教会の会議に携わらない方々には、あまり関係のない、面白くない話になってしまうかも知れませんが、教会の考え方について大事なことを含んでいますので、書いておきたいと思います。

『広辞苑』は、「会議録」とは「会議の経過・内容を記した記録」、「議事録」とは「会議の議事の主要事項・討議の状況を記録したもの」と説明しています。ただ、会議録は議事録、議事録は会議録とも言うように書かれていて、国語的には違いがよく分かりません。『ブリタニカ国際大百科事典』 は、「議事録」とは、一般に会議の議事の主要事項ならびに討議の状況や結果を記載した文書をいうが,政治的には,国会および地方議会における本会議,各委員会の会議録をさす。」となっています。
ですから、一般的には「議事録」という表記だと思います。では、泉教会で行われる小会の会議や中会会議の場合はどのように言うかというと、これは「会議録」、委員会などの記録を「議事録」と言っています。

泉教会を含む長老主義教会は、『教会憲法』をもっていて、そこで明らかにしているのは、会議をもって教会を形成する、という考え方です。つまり、誰か特別な人間の力が教会を作るのではない、という意味です。こうして、小会、中会、大会、総会という会議をもって一つのカンバーランド長老教会を形成するのだ、と言い表しているのです。
そういう理由で、小会が会議を開いたら、その記録は「会議」の記録という意味付けが大事なのです。何の議事録かと言えば、カンバーランド長老教会を構成する一つの「小会会議」の記録だと。それで「小会会議録」(同様に中会会議録等)という表現を、正式な表記とするのです。
ですから、委員会の場合は、こちらは一般的な表現「議事録」というように区別しています。教会の考え方が歴史的にはいわゆる民主代議政治になりましたから、『ブリタニカ国際大百科事典』が、「政治的には…会議録」と言っていますが、これは教会の考え方からきていると思われます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-03-09 18:38 | Comments(0)

映画「小さき声のカノン」を観た。
監督は言っている。
「2011年3.11以後の世界を生きている私たちはかつてない放射能汚染を受けることとなりました。時の経過と共に大きな声に流される人々が多数を占めていく中でこのような母親たちの小さな声がかき消されていこうとしています。今、子どもたちを守ろうとする母親たちの声に耳を傾けていただきたい、とこの映画をつくることにしました。」

映画の中で女性が言っていた。「(親戚を頼って)逃げることはできるのです。でも、逃げることができないのです。」生活の場とは、そういうものだ。生活の場に生きようとする人の言葉が胸に突き刺さる。
また、そこで生きることを決断した人たちは、自分で除染をおこなわなければ、子どもたちの将来を守れないという、国の無能、無策。放射能の安全基準を引き上げて安全だと言うが、その数字は3.11以前は放射線管理区域内レベルとされてきたものだ。また、安全も確保できないのに、学校教育をスタートさせる。避難先の人たちは少数派になりたくないから、安全ではないと知りながら帰郷せざるを得ない。人々にこうした行動をとらせる国の欺瞞に、いまさらながら、腹が立つ。
今回、放射線に特に弱い子どもたちを、「保養させる」という、息の長い活動のあることを知った。志を持って助ける手を差し伸べる民間の力を知って、救われる思いがした。5年がたち、今、何ができるだろうか考えさせられる良い映画(ドキュメンタリー)だった。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-03-08 19:00 | Comments(0)

「和泉ジャム」

f0086426_2227984.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2016-03-06 22:28 | Comments(0)

「不安の時の祈り」

MRI検査を前にして、不安で、どう祈ったらよいでしょうか、というメールがあり、次のように返信させていただいた。

わたしの体は、髪の毛一本、毛細血管の先端、細胞の一つまで、主がお造りになったものです。あなたがわたしの体のすべての支配者であって、他の何者も手を触れることは出来ません。

わたしの感情もまた、あなたが支配してくださる。今、恐ろしい思いがありますが、それさえも私を支配することは出来ないのです。
わたしを支配しようとする、いっときの支配者よ、行け!
わたしは、わたしのすべてを知り、わたしのすべての支配者である、あなたのみ手に今、すべてを委ねます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-03-05 10:43 | Comments(0)

「霊的ということ」

霊的という言葉が、教会では使われます。広辞苑をひくと「精神に関するさま。神聖で清らかなさま。」とあります。」新明解国語辞典は「霊に関すること。⇔肉的」と書いてあります。何か信仰深そうな、敬虔そうな、あるいは神秘的ともいえそうなニュアンスを受けます。
そうなると、霊的の反対は、世俗、肉的ということになり、私なんか世俗的で…、という言葉が聞かれることになるのです。聖書を良く知り、良く祈る、そういう人が霊的だと理解されていて、私なんかとても、という気持ちになるかも知れません。
しかし、霊的とは、主イエスの目で物事を見つめることが出来る力を持つこと、なのです。しかも、それは与えられる(受ける)ものであって、自分の清さとか信仰の深さによるものではないのです。

「突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、「霊」が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。」(使徒言行録2章2~4節)

ですから、霊的というのは、何者かにならなければいけないとか、こちらに何か備わっていなければならないとか、何かしなければならないとか、そんなことではないのです。政治の世界に生きる人も、科学の世界に生きる人も、サラリーマン、技術者、教育者、自営業の人であっても、そして子育てに追われる人であっても、そういうどんな「世俗」に生きていたとしても、主イエスの目で世界を見つめ、人間を見つめることが出来れば、その人が、霊的な人なのです。私たちは主イエスの目で世界を見つめ、人間を見つめて、霊的に生きて行きたいと思うのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2016-03-04 10:21 | Comments(0)