「介護の大変さ」

娘がわたしの母のベッドのそばに立ち、車いすに移動させようとしていた時のこと。
ちょっと動かせば、痛い、痛いと言う母の前で、一瞬、動きが止まった。「もう、いや・・」と涙を流している。その娘の姿を見て、ああ、もうこれ以上、わたしの母の介護のために娘に頼ることはやめようと思った。わたしの母である。わたしが最後まで面倒看よう。
日曜日の朝だった。休暇で家にいるという娘に母を頼んで、夫婦で教会に行く直前のことであったが、妻に、あなたは今日は家にいてほしい。そう言って、一人、教会に向かった。妻は、礼拝に来る教会の仲間を迎えられない。わたしはオルガンを弾かなければならない・・ まさか、ね。教会に行き、急ぎ、ヒムプレイヤーをセットした。とにかく、こんな日曜日がこれからも続くのだと思った。ダメ押しするかのように、この日の礼拝は、12人、最少人数だった。
f0086426_0181863.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-11-30 23:55 | Comments(0)

「ついに腰を痛め」

ちょっと手を伸ばして物を取ろうとしたとき、腰が痛い、と感じた。そのあと、痛くて歩けなくなった。それが、夕べ。今朝になってみたら、ベッドから起き上がれない。出かけなければならなかったので、ようやく立ち上がって今、一日を終えようとしているが、座った姿勢から立ち上がるまで、時間がかかる。
母の介護が原因ではなく、直接の原因は変な姿勢で物を取ろうとしたからであるが、今日、いつものように介護態勢に入っても、腰に力が入らないところを見ると、腰にそれほど負荷がかかっていたのだと分かった。

う~ん、今後の長期戦にどう備えたらいいのか・・ あの家庭、この家庭と、介護家庭の大変さを、改めて感じる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-11-25 21:05 | Comments(4)

少年サムエルは、エリ先生から呼ばれたと思って、行って、言いました。「お呼びになったので参りました。」すると「わたしは呼んでいない。」そういうことが3回繰り返されました。そしてついにエリ先生は、サムエルを呼んだのは神であると悟り、戻って神の言葉に聞くようにと、サムエルに言うのです。

神が呼んでいてくださるのに、どこかほかのところに行って、あるいは誰かのところに行って、そこで「呼ばれた」と思う子どもが出て来ないでしょうか。
そこで「わたしは呼んでいない。」と親切に言ってくれるならいいのです。しかし、現実は果たしてどうかと言えば、子どもの魂を支配して無気力、無責任、怠惰に陥れようと誘惑する者がいるのです。親が、神に呼ばれる声がどういう声かを「幼い日から」知らせていないと、子どもは、どこか、とんでもない所に行って、言うのです。
「お呼びになったので参りました。」
そこに行ったばかりに神ならぬものに支配され、現代社会においては、くやしい思いに打ちのめされ、涙することになるだけでなく、人生を台なしにしてしまうことも起こるのではありませんか。その人の人生を召命する(招く)方の前にしっかり立たなければいけない時に、違う場所に立ってはいけないのです。
だから、親は、神に呼ばれる声がどういう声かを「幼い日から」知らせる責任があります。それは、毎週、親子で礼拝に一緒に行く以外にありません。親の都合で行ったり行かなかったりするうちに、子どもは、すでにいろいろな声を聞いているのです。すでに、そこに呼ばれていると思っているのです。そのように成長しているのです。

親子で神の言葉を聞くという、礼拝生活を始めましょう。

青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。
苦しみの日々が来ないうちに。
「年を重ねることに喜びはない」と言う年齢にならないうちに。
旧約聖書 コヘレトの言葉12章1節

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-11-12 17:22 | Comments(0)