「十字架の道行き」

十字架の道行き 参加者募集!

日  時 8月2日(日)午後2時~3時
場  所 聖心の布教姉妹会 藤沢修道院
テキスト 「十字架の道行き」 山下神父著、ステラコーポレーション刊

カトリック教会には、主イエス・キリストの受けた裁判から十字架の死に至る歩みを、14場面に描いた絵画やレリーフなどが礼拝堂(聖堂)内の壁に掛けてあり、それぞれを「留(りゅう)」英語で「ステーション」といいます。このひとつひとつの「留」を順次たどって、主イエスの受難の道を黙想し、主イエスの苦しみを追体験し、祈りながら移動して行くのが「十字架の道行き」です。このためにたくさんの祈りが生まれ、また、さまざまな小冊子が用意されています。
修道院のような広い場所には、屋外にこの「留」が設けられているところがあって、地形をうまく利用して主イエスの十字架の道行きを再現しています。その場合、最後に復活の場面にしているようです。エルサレムでは、巡礼者は、ピラトの家があった場所から聖墳墓教会まで、本ものの受難の道「ヴィア・ドロローサ」を歩きます。これが十字架の道行きの原点です。
今回、私たちは藤沢にある「聖心(みこころ)の布教姉妹会 藤沢修道院」の庭にある道行きのコースを使わせていただいて、体験的に主イエスの十字架を想起してみたいと思っています。コースは木立の中のゆるやかな斜面にある短いもので、誰でも参加でき、次のようになっています。

第1留  死刑宣告を受ける
第2留  十字架を担う
第3留  倒れる
第4留  母マリアに会う
第5留  キレネのシモンの助けを受ける 
第6留  御顔をぬぐわれる
第7留  再び倒れる
第8留  エルサレムの婦人を慰める
第9留  三度倒れる
第10留 衣をはがされる
第11留 十字架に釘付けにされる
第12留 息を引き取る
第13留 十字架降下
第14留 墓に葬られる

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-07-30 23:15 | Comments(0)

さて、1年ぶりに街道に立った。
去年も暑かったが、今年も暑い。しかし、今年は武器がある。男の日傘だ。(^^)v
これがなかなか良くて遮熱率が100パーセントに近いのだ。周りからの熱がなければ、確かに木陰にいる感じになる。ただし、傘を持っていると、ノルディック・ポールを持つことができない。写真を思うように撮れない。いろいろ不便はあるが、とりあえず夏の街道も怖さ知らずといったところだ。

各務ヶ原は岐阜の東、濃尾平野の東のはずれにある。前回(去年)、もう少し行けば鵜沼宿で、「岐阜三川(ぎふさんせん)」 三つ目の、木曽川と出会うはずだったが、しかし時間切れでリタイアしたその場所が、今回の起点となった。位置としては、地図の START 地点。国道で言えば、濃尾平野の中山道は、ほぼ21号と重なっている。

f0086426_23232346.jpg



距離としては二日間で16.2キロ。一泊二日では仕方がない距離である。

スタートしてしばらくすると、鵜沼宿への道案内があり、そこから宿内の道になった。右手に犬山城(国宝)が見えたが、その手前に十字架が見えた。当時は禁教下だったから、ありえない光景だなあ。高札に、こう書いてあった。きりしたんを見つけ申し出たら、「ご褒美として ばてれん 銀500枚、いるまん 銀200枚、〇〇(信徒と言う意味だろうか)銀100枚」と。高札の前で、私がそれだ、と言ってやった (^O^)

宿を抜けると、今はすっかり住宅地となった急坂を登る。これが「うとう峠」だ(摺針峠、今須峠に続く、確か3つ目の峠)。住宅地を抜けると、急に山道に入る。そこにあった看板。

「イノシシ出没のおそれあり。注意」
「マムシに注意」

来た~!!! 
だいたいイノシシに、どうやって注意したらいいのよ。出会ったら? どきどきして、後ろやら山の上の方を見て、足取りがおぼつかない私を置いて、妻は平気な顔して先を歩いて行く。度胸があるのか、何なのか。そういえば、妻の干支はイノシシだった… 足がすくむ思いで命からがら国道に出た。
見れば、木曽川の流れがそこにあった。ついに木曽三川の三つ目の流れだ。これから先、木曽路をずっと共にする川と、ここで巡り合った。JR高山本線 坂祝駅があって、そこで一日目は終わり。

二日目

二日目は、この木曽川の堤防を歩く。そのまま太田宿へ。ここの渡しは、「木曾のかけはし、太田の渡し、碓氷峠がなくばよい」とうたわれた中山道の難所。今は太田橋を渡って対岸へ。そこは「今渡」と書いてあって、昔は、この渡し場はもっと下流、宿のある方向にあったが、川の状況が悪化、渡し場は上流に移動したので、「今渡」だ。昔、幕府は、いくつもある川を自然の要害としたために橋をかけなかったが、なるほどと思う。

f0086426_23554823.jpg


今回初めて、往路は中央高速を使った。相模原市内で一般道を走るため、帰路は、渋滞をさけて東名を使ったが、いよいよ東名から中央への分かれ目に差し掛かったというのが今回の行程であった。これで西から来て濃尾平野を突っ切ったことになる。
最後に、1891年(明治24年)10月28日に、濃尾地方で日本史上最大の内陸地殻内地震があった。そのため、濃尾平野にある江戸時代からの建物はほとんどが倒壊して、今ある建物の多くは、それ以降のものであった。

帰宅後、さっそく「楽天」で“熊鈴”と“爆竹”を購入。イノシシへ対処法を書いたサイトをコピー。

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-07-21 23:42 | Comments(0)

どこで読んだか。「池の鯉が病気になったので、すくい上げて別の場所に移し手当した。元気になったので、元の池に戻した。しかしその池が汚れていたことが病気の原因だったら、どうするのか。」だから、教会はこの世とかかわるのです。信仰の仲間が、出て行った先で倒れないように、私たちは教会の外にも目を向け、そこにも神の御心が現されるようにと祈り、行動する。

私は、国会の動きを見ていて居ても立っていられず、出来ることは、と考えて意志表明のポスターを自宅前に掲げました。ところが、その日も次の日もそのポスターが続けて壊されました。二度目の時にたまたま現場を目にしました。それは下校する高校生でした。国会では総理大臣が盛んに平和のためと言っていましたが、そのことによって世の中は、高校生までもが破壊行動をするのです。どんなに「平和」を口にしたところで、いみじくも、意見が違えば暴力で封じ込めて平和だという社会が、現に今、作られようとしているのです。

過日、「日本はどこへ向かうのか?~戦争と平和の岐路に立つ今を考える~」という平和講演会が行われました。講師の高橋哲哉さんは、分かりやすく、今進められている安保法案の問題点を話された。
問題点
1.憲法改正手続きを取らずに、解釈改憲という方法を取る。これは、憲法よりも法律を上にしてしまうことで、かつて、ナチスのしたやり方と同じ。
2.集団的自衛権の行使を、時の政府が判断できること。今までは攻撃を受けているかいないかという客観性があったが、今度の法律によれば、政府が攻撃を受けたと判断すれば、という、判断の仕方が主観的であることの問題。
3.「戦死者」が出ない、という安倍総理大臣の言葉は大きな嘘。安倍総理は安保条約は以前から「血の同盟」と言ってきた。また「(靖国神社で)英霊を顕彰することを国家が放棄したら誰が血を流すか」とも言っている。
4.思想的背景は、隣国侵略を唱えた吉田松陰である。明治政府以来、国家がしてきた隣国侵略の歴史はこの人の思想と一致しているが、その思想を「誠実」として学校教科書「道徳」として教えようとしている。

聖書は言います。「彼らは、おとめなるわが民の破滅を/手軽に治療して/平和がないのに『平和、平和』と言う。…彼らの舌は人を殺す矢/その口は欺いて語る。隣人に平和を約束していても/その心の中では、陥れようとたくらんでいる。」(エレミヤ書8章11節、9章7節)
f0086426_10333461.jpg

f0086426_717224.jpg

 
「アベ政治を許さない」の文字を書いたのは、俳人の金子兜太(とうた)さん(95)だ。
いわく、「許さない、と書きつつも、米国に夏までに成立すると約束し、法案成立へとひた走る日本の首相の言動をみると、気の毒にも思える…でっち小僧が旦那になだめられたり引っぱたかれたり、時々菓子をもらったりして、いいようにされている姿を想像してしまう。」

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-07-17 10:33 | Comments(2)

~先生たちからの手紙~
(ケンタッキー州ルイビル日本語教会の佐藤牧師のニュースレターから、一部修正転載)

明日、皆さんは大切なテスト(注:州内統一テスト)を受けます。そこで皆さんにぜひ知っておいて欲しい事があります。
このテストは、あなたらしさや、あなたの素晴らしさなど、あなたの全てを調べるわけではありません。このテストを作った人たちは、皆さん一人ひとりを知っているわけではないのです。もちろん、あなたのことを、家族や友達のように知っているわけがありません。このテストを作った人たちは、あなたの存在を心強く思ってあなたを信頼している友人があなたには居ることを、知りません。あなたが笑うことで暗い一日にあかりを灯すことも、逆に、その笑顔がゆがんでしまうような、あなたに辛い事があるのも知りません。その人たちは、誰が何を出来るかも、歌や絵を描くのが大好きなのは誰かも知りません。その人たちは、皆さんがスポーツをしていたり、将来何になろうか考えていたり、家では小さな弟や妹の世話をしていることも知りません。あなたにダンスが出来る才能があったとしても、それを見た事もありません。あなたが親切で、信頼できて、しっかり考えていて、そして毎日一生懸命努力していることも、知りません。

テストの点数は、あなたについてある程度のことを教えてくれるでしょう。でも、全てを伝えてくれるわけではありません。「賢さ」というのは、いろいろな尺度があります。本当は、あなたはもう、賢いのです! 欠けたところなんてありません!あなたは、私たち教師の一日を照らす光なのです。だから、忙しい生活の中でテストの準備をする時に、このことを覚えておいてください。あなたの全てを測るテストなんてないことを。かえってテストできない毎日の驚き、そして素晴らしい経験にこそ、あなたの、まさしくあなたらしさは、あるのです。あなたの教師であることを、私たちは誇りに思っています。

(…テスト前に、親はこのような言葉を子どもに与えてあげたいですね。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-07-10 09:49 | Comments(0)

『十戒』は、福音によって新しくされた人間にとって「生活の指針」です。

『十戒』は、前回も書きましたが、パウロの言葉で言えば、キリストによって与えられた「自由を、肉に罪を犯させる機会とせずに、愛によって互いに仕え」(ガラテヤの信徒への手紙5:13)る、そのための指針なのです。「自由を得るために召し出された」(同上)キリストにある者たちは、この自由を生きるために、おのおのが新しい生活の指針としてこの『十戒』の言葉と向き合うのです。『十戒』は、神の前に生きる“私”に向かってくる言葉なのです。
なぜこれをくどくど言うかというと、「戒め」という言葉を見て、またその内容を見て、私たちは『十戒』をこの世で使い慣れてきた言葉だと勘違いするかも知れないからです。これは決して、私たちが慣れ親しんできた言葉、すなわち、人への指示、命令の言葉ではないのです。人への指示、命令の言葉は、この世の言葉であって、教会の言葉ではありません。つまりこれは、私たちが仲間に向かって言う言葉ではないということを、心しなければなりません。
それにしても「こうあるべきだ」「こうすべきだ」「ねばならない」「いけない」「ダメだ」と、この世は人を支配する言葉で溢れかえっています。自分を基準にして、相手を量っているのです。それはまさにこの世の原理なのであって、信仰者であっても落ち込む罠であることは、律法学者たちとファリサイ派の人々をみれば分かります。それこそ、教会に持ち込まれるこの世の言葉、「言葉の偶像」(自分の言葉なのに信仰の言葉とする)でしかありません。そして、うかうかすると私たちも口にする言葉なのです。人を支配する言葉の偶像を捨てなければ(出エジプトしなければ!)福音に生きることは出来ません。『十戒』は、この言葉を人に向かわせさえしなければ、出エジプトした“私”が福音に生きる大事な指針になるでしょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2015-07-05 22:58 | Comments(0)