「干支に思う」

主イエスは、弟子たちに「わたしを何者だと言うのか。」とお尋ねになったことがあります(マルコ8章29節)。主イエスがこの質問をなさった場所はフィリポ・カイサリヤという所でした。この地名からも想像できるように、カイザルを神とも救い主とも崇めるところで有名でした。また、所狭しと異教の神々が奉られている所でした。主イエスはあえて弟子たちをそういう場所に連れて行き、「わたしを何者だと言うのか。」と質問なさったのです。
日本は、わざわざそういうところに行かないでも、私たちの周りには至る所に神々が奉られていて、また、カイザルならぬ今の政権の支配はいよいよ人の心にまで入り込もうとしています。そういう場所で、今、主イエスは言われるのでしょう。「わたしを何者だと言うのか。」
ところで、干支(えと)という習慣が日本にあります。年賀状となると、この干支で溢れかえるわけです。干支とは、古代中国の暦の組み合わせから来たもので、十干・十二支といいます。(十干とは、10区分の記号で、等級区別を表します。甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸がそれです。また、十二支とは、木星が12年で天を一周することから天を12区分した記号で、年・月・方角・時間を表します。すなわち、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥。)
干支(えと)は、これら「十二支」と「十干」を組み合わせたもので、60を周期とする数詞であり、暦を始めとして、時間、方位などに用いられます。ところが、これを実在の動物や架空の動物を当て字で用いるようになり、現在では縁起を担いだり、霊験あらたかなものとして、吉凶を占う材料になっているのです。
キリスト者は、そのような文化、風習の中で、どういう態度をとったらよいでしょうか。「わたしを何者だと言うのか。」と言われる主イエスそっちのけで、干支という「縁起」に振り回されてはいけないと思います。あの占星術の学者たちは、黄金、乳香、没薬を主イエスにささげて別の道に旅立ちました。献げたものは占いの道具だったと言う人もいます。そうでなかったとしても、占いによって運命、縁起をかつぐ干支からは「別の道を通って」行きたい。
来年は、干支ではヒツジだとか。「あなたがたがヒツジと言って拝んでいるもの、それをわたしはお知らせしましょう。」というような機転が利くといいですね。使徒言行録17章23節参照。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-12-28 22:15 | Comments(0)

「阿久和教会」

泉区に中丸家がある。そこのお宅の門に、次のような掲示がある(写真)。そこに見るのは、「阿久和教会」!
私の住まいは瀬谷区であるが、昔は、泉区と同じ戸塚区であった。そして地名は阿久和。阿久和というのは、江戸時代からこのあたり(三ツ境から、南に向かって新橋辺りまで)の広い地名であって、つまり私の郷里に明治の初めには教会があったのだ。この教会を「阿久和教会」と言ったのである。
アメリカ人宣教師バラが明治5年(1872年)、横浜に日本最初のプロテスタント教会を設立、横浜海岸教会としたが、そこの伝道所として建てられたのが阿久和教会で、バラもたびたび訪れたようだ。
明治18年に7人の教会員、翌年には28人の教会員となり、22年には最大69人にまでなっている。しばらく続いたが、それがなぜ、なくなったのか。

(書きかけ)

f0086426_23275823.jpg


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-12-26 23:25 | Comments(0)

「早々と誕生日」

12月25日、忙しさがひとまず過ぎた今日、二人でサンマルクにて夕食を決めた。ちょうど誕生日割引があったので、早々と2週間前の誕生祝いもかねて。表を見ていたら、ちら~と一筋二筋、雪が落ちていた。

f0086426_21584128.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-12-25 22:03 | Comments(0)

過日、ケンタッキーの佐藤先生、ならびに日本語教会の皆さんに、泉教会から寄せ書きを送った。
今回、日本の姉妹教会からのメッセージが編集され、このようなすばらしいメッセージとなって届けられた。ルイビル日本語教会の皆さんに届けられたものであるが、私たちも見ることができ、喜びを共有させていただいて感謝である。

f0086426_939555.jpg

ビデオでは、美しい歌声と共に各教会のメッセージが流されていた。
http://youtu.be/ABUHhj-OFjg

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-12-23 09:41

「泉区民クリスマス」

今日、泉区民クリスマスが行われた。今年は私は実行委員長、また聖歌隊に参加で、ちょっと大変だったかなと。
大変の意味は、当日が大変というわけではなく(当日は、なるようにしかならないわけで)、準備が、である。委員会は6月から開催されて、その準備にはかなり気を遣ったと思うし、聖歌隊は9月から練習があったが、歌うことは、私の不得手の分野。指揮者が、「はいここはクレシェンドで」とか、何を言われても、意味が分からないという状態。音も取れない、間の取り方もわからない。すべて周りに合わせて0.1秒遅れてついていくという特技が身に着いている。それでも、人材がいないので仕方ないのでやるしかないわけで。^^; 
今日は平日である。希望したのは祝日実施であったが、この日しか取れなかった。しかし、子どもたちの出演の機会を提供したいために平日でもあえて実施。主にその家族を対象したが、実行委員会関係者も入れれば、子どもたちも含めて350人くらいであったかと思う。
説教は中和田カトリック教会の日野神父で、絵を正面に投影した上手な話の運びに感心。子どもたち中心の舞台はほほえましく、平和の祈りは自作、そして初めと終わりは聖歌隊の歌で締め、パンフレットには教会案内があり、私たちが伝えたいメッセージが伝えられたと信じ、こうして多くの賜物ある人たちに支えられて、実現できた一日だった。感謝であった。
f0086426_13245937.jpg

この地図は実行委員会の所在地を示している。「泉区民クリスマス実行委員会」をグーグルで検索したら、正確に10団体が出てくるんだね (^^)v
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-12-22 23:39 | Comments(0)

「祝 クリスマス」

クリスマスの案内をしていると、色々なポストに出会います。攻撃型、無関心型、厭世型、不必要に謙遜型、完全防衛・人間不信型。クリスマスは、そのような心を持つ色々な人にキリストが近づいた出来事、事件でした。閉じた心が開放されるように、広く世界が見えるようにと、キリストは飼い葉桶に生まれ、十字架の死に至るまで、人間に向かって呼び掛け続けられたのです。今年、私たちの心のポストは、クリスマスの希望のメッセージを受け止めることができるでしょうか。
「おめでとう(アヴェ)、恵まれた方(マリアのこと)。主があなたと共におられる。」クリスマスは、主/神があなたと共におられる、という事件なのです。そしてそれは、「マリアといった」人のところに起こった事件だと言っているのです。普通の人に起こるのです。神は、そこから始めてしまう。人間の条件を必要とせず、神の意志でマリアという人と共にいることを決定されたのです。そこから始めようとされたのです。そこを舞台とする事件を起こされる。ここから神の支配、神の「事件」を、作ろうとされたのです。
支配というのは身近なところで悪いイメージがありますが、たとえば天気予報で、高気圧が日本を支配して天気に恵まれるでしょうとか、…愛によって支配されているところには誰も入り込めない、…というようにも使うこともあるのです。
聖書が言っている神の支配というのは、もちろん、後者のほうです。「狼は小羊と共に宿り/豹は子山羊と共に伏す。子牛は若獅子と共に育ち/小さい子供がそれらを導く。牛も熊も共に草をはみ/その子らは共に伏し/獅子も牛もひとしく干し草を食らう。乳飲み子は毒蛇の穴に戯れ/幼子は蝮の巣に手を入れる」…ような、愛と平和の支配のために。今、マリアを用いようとしています。いえ、普通の人に、「イエス・キリストによって始まる恵みと平和の舞台として、あなたの人生を貸してください」と言われるのです。私たちは、あなたの人生を貸してほしい、と言われるのです。私たちの人生は、果たして開かれるのでしょうか。「お言葉通り、この身に成りますように」と言うことができるでしょうか。
神は、今年のクリスマス、「おめでとう」と呼びかけ、あなたの人生という舞台から平和と恵みの物語を始めたい、と声をかけられるのです。だからあなたの舞台を、私のために貸してほしい、と。マリアは答えました。「お言葉どおり、この身に成りますように。」 

この写真は、祝会に持ってこられたN兄のチラシ寿司。毎回、見事な芸術作品を完成させておられる。
f0086426_14532863.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2014-12-21 14:48 | Comments(0)

「神のための舞台に」

「している」ことが、自分のためか、人のため、さらに言えば神のためであるかどうか。大切な分かれ道であると思います。
9月にコンサート案内のチラシを7,000枚配り、今回もクリスマス案内のチラシを7,000枚配りました(5,000枚新聞折込み、2,000枚ポスティング)。しかし、これで来られる人は、せいぜい1~2人です。続けて来られる人は、ほとんどいないのです。自分のためを考えているなら、非常にがっかりする結果だと言えるでしょう。
教会と取引があるOA機器会社などの手紙を受け取ると、「益々の御発展(伸展)を祈ります」といった文章に出会います。発展とか伸展というのは、その企業、会社、組織の人数とか売上が大きくなることを言っているわけで、そういうことが成功だとされているのです。
しかし教会は、そういう意味で発展させ、進展させるものかどうかを考えなければなりません。つまり自分の勢力を拡張させることが目的であり、それが成功なのだろうか、ということです。
教会とは何でしょうか。それは、神のため、救いのために奉仕する神の器だということです。神がこのチラシを用いてくださるように、この手を差し出すのです。チラシは、どこに行ったのだろうと思いますが、神のために配られたチラシは、神がお用いになる。ですから、私たちが今年したことは、自分の発展、伸展、満足のためにしたのではなく、ただ、神のみわざが現れるために、しただけです。神は、この手を用い、この教会という器を用いて、その招きと救いを人々に伝えられました。そこに私たちが参加し、神が、人間が人間らしく生きるための扉を開かれたのです。
私たちは、その神のためにチラシを配るだけでなく、祈りも、日々の生活も、自分のために使うのではなく神のために用いていただくこと、これがキリスト者/教会のすることの目標なのです。

「あなたは身ごもって男の子を生む」ルカによる福音書1章30節
「マリアは言った。…お言葉どおり、この身に成りますように。」同38節

私たちも、マリアと同様、神のお働きを宿す「胎」、神のお働きになる舞台(日々の生活)を持ちたいものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-12-20 09:39 | Comments(0)

「選挙も信仰の行為」

きょうは、衆議院議員選挙の日です。一人一人が、祈りつつ、判断と選択をしていきたいと思います。
私たちは、信仰告白で次のように言い表しています。「人々は、与えられている機会を用いてこの世の政治に参加し、特に、選挙権を行使する義務がある。」(『カンバーランド長老教会信仰告白』6:28)
政治の目的は「被造物が正義と秩序の原理のもとに生きることができるようにする」(同6:27)ことですが、そのことを為す為政者を選ぶ義務を、私たちは大事にしなければならない、と考えているのです。神は、キリスト者ではない者をも用いて、この世の秩序を維持して(治められて)いるのです。世俗のことだと言って、この世のことに無関心になることは、神の意図を受け止めない、大きな間違いです。棄権することは、信仰のありかたではないので、そういうことのないようにしたいと思います。

それにしても、倦怠感がただよう時代に威勢のいいことを言う個性的な人が現れると、人はいきおい、そこに惹かれていくわけです。また、自分の家の前の道路が良くなれば、という発想で為政者を選ぶ人がいます。選ばれる側も、自分の願いを実現するために憲法の改正を「謀る」ようなことをする。
どうか私たちは短絡的、また、貧しい発想で、国政選挙にかかわることがありませんように。私たちが選挙に際してとりわけ大事にしたい、そして見極めたい基準は、信教の自由、平和、生存権です。共に聖書がこの世との関係で大事に語っていて、信仰に関わる事柄です。
第一に、「信教の自由」の原則を守ることに注意深く対応できる人かどうか、ということです。たとえば、個人の感じ方にまで入り込む余地を残す「国旗国歌法」「秘密法」等々を作る人は、受け入れがたいものです。
第二は、平和を実現する人かどうかです。憲法で言えば、9条を、自分がしようとすることの歯止めと考えているか、です。これに照らせば、集団的自衛権などはあり得ないことです。
第三は、生存権を守る人かどうか。これから言えば、原発推進は、あり得ないことです。
以上三点は、国政選挙で為政者を選ぶバロメータになります。信仰告白が言っている「正義と秩序の原理」を追い求めてやまない人を、きょう、私たちは選びたいのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-12-16 22:06 | Comments(0)

「滴る汗」

アドベントにまったく関係ないが、NHKに「ラジオ文芸館」という番組がある。
たまたま車の中で聞いたのが、藤沢周平「滴る汗」。もう2か月も前なのに、何か忘れられないので、書き留めておこう。おおまかなあらすじは「私の読書日記」というブログに紹介されている。

歴史ものである。公儀隠密が身分を隠しながら商売をしているが、あるとき、素性が知られそうになる。そこでとった行動(口封じ)が藪蛇となっていく、という話である。最後は、「それは、あなただ」という強烈なメッセージが伝わってくる。そこで主人公が流す冷や汗が「滴る汗」であるが、それは、間違いなく、聞いている自分に向かってくる。この、どんどん引き込まれていく感覚は、さすが(さすが文学者)と言うしかない。この感覚がどこからきたかというと、読者を「当事者」としてしまう、というところにあるのだろう。
ひるがえって、教会で語られる説教は、どうなのか。どこの誰に語られているのかわからない。知識は増えても、引き込まれることもないまま、礼拝に出ても出なくても何も変わらず。そんなことになってしまってはいけないと、この放送を聞いて、思った。私からも、滴る汗が…^_^;

番組は、YOUTUBE にあった。→ 「滴る汗」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-12-12 13:55 | Comments(0)

「クリスマスを迎える」

今年は2014年。キリスト起源の数え方です。この数え方以前は、ローマ皇帝を起源とした暦が使われていました。しかし、ディオニシウス・エクシグースという修道士が画期的な暦を発明しました。それが、今私たちが使っているキリスト起源の暦です。彼はこう言っています。
「我々はもはや暦を統治者によっては数えない。なぜなら、彼らは君主ではなく暴君だからである。我々の主イエス・キリストから数え始める。これは我々の希望の始まりだからである」。
こうして「AD、主イエス・キリストの年」という暦が作られたのです。もう一度言うと、この暦は「希望の始まり」なのです。私たちには、そして世界中の人には「希望の始まり」を示す「ものさし」が当てられている、というわけです。
今年も、クリスマスを迎えました。しかし、世界は、あらゆる意味でディオニシウス・エクシグースが言ったように「君主ではなく暴君」に支配されているように見えます。戦争やテロ、権力や言葉による暴力、搾取、傲慢、不公平の結果、憎しみ、不安に満ちています。しかし、このような時こそ、まず私たち自身の内に、「希望の始まり」であるイエス・キリストをお迎えしたいのです。
神は言われます。「わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている…それは平和の計画であって,災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。」エレミヤ書29章11節

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-12-09 14:43 | Comments(0)