「自由の上に眠るな」

「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。」(日本国憲法第12条)
「不断の努力によって」。これは、自由の上に眠りそうになる私たちへの警鐘なのです。自由だ、自由だと言いながら、私たちが自由を守る不断の努力、戦いを怠る時、当然、持っていると思っていたものも、いつの間にか失っていくことになりかねないのです。

かつて香港から教会の仲間が訪問したとき、大磯にある沢田美喜記念館に案内したことがあります。そこには、江戸時代のキリシタンの遺物が多数、展示されています。光が当たると壁に十字架のキリストが映し出される「魔鏡」、ふすまの取っ手の裏にレリーフとなった十字架、マリア観音など、そこにある遺物を前にすると、迫害の中、いかにしてキリスト教信仰を守ろうとしたか、その必死の思いが伝わって来ます。そこから帰ってきたとき、彼は祈祷会で証をしてくれました。自分は香港に戻る、と。当時、香港が中国に返還されるというので、これからどうなるか分からない危機感から、続々と国外に移住する時代でした。しかし彼は、中国に返還される香港で、どうなるか分からないけれど、自分はキリスト者として生きていく、と言ったのです。その時、身震いする思いで、不断の努力とは何かを教えられた気がしました。
私たちは、憲法が保障する自由があるからこそ、今、こうして何も心配なく礼拝をまもることができているのです。しかし、窒息した魚が生き返ったからといって、もし、再び酸素のない泥水の中に入れられたら、どうなるでしょうか。神を礼拝して神の国の喜びや力に生かされても、再び酸欠の世界に放り出されたら、どうなるでしょうか。自由を守る不断の戦いをしない限り、私たちはキリストの命を喜んで生きる場所を持つことは出来ないのです。

私たちは、自由の上にあぐらをかき、眠りこけていなかったかを考える先週の「建国記念の日」でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-02-16 23:48 | Comments(0)

「週末、大雪の連続」

いやはや、2週連続の大雪で、さすがに閉口。これはもう雪国だね。先週は大人7人、中学生2人、夕礼拝に1人という礼拝。「悪夢」(笑)がまたよみがえってきた。
今回の方が積雪量は多い。しかし今は雨に替わっているから、今回は、早く融けそうかな。しかし、こんな大雪は、近年、経験したことがないかな。
先週の礼拝は、人数が少なかったが、電車やバスを乗り継ぎ、そして二人の人がスコップ持参で教会に来てくださった。こういう状況で役割を思う気持ちが有難いと思った。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
f0086426_9564937.jpg

f0086426_9575390.jpg

f0086426_952144.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2014-02-15 10:03 | Comments(0)

「Zライトに思う」

「心に翼を」。電車の中で、そういうポスターを見たことがあります。それはある航空会社のポスターでしたが、何か私たちの心をくすぐるキャッチフレーズではないでしょうか。だれも皆、心に翼をもって自由に生きたい、そのように思っているのです。しかし現実は、生活や職場での問題が心の重たい荷物になっているし、人間関係も窮屈にしか感じられない。心の不安がなくなることはありません。何か失速して、墜落しそうです。 私たちは、なぜ、心が自由になれないのでしょうか。
私は、ある時「Zライト」というスタンドを見ていました。アームが折れ曲がってくれるので、机の上で明かりを照らす位置を自由自在に変えられ、便利な照明器具です。ところが、これを外して、付け変えようとしたところ、バネによってアームが跳上り、不自然な動きをして非常にやっかいなものに変わってしまったのです。なるほど、机に固定された時に、初めて、自由自在な動きができるのですね。そう言えば、家のドアが自由な動きをするのも、蝶番(ちょうつがい)に固定されているからです。
ひょっとしたら、私たちは、何にも縛られないことが自由なのだと、勘違いしていなかったでしょうか。けれど、何にも束縛されないでいることが自由なのではないようです。ただ一つ、大事なものに固定され、結ばれた時、私たちは初めて自由を持つのではないでしょうか。飛ぶことができるのです。
人間は、人生の設計者、創造の源である方から離れて、自分の知恵で生きることが自由なのだと考えたのです。その結果、机からはずされたZライトのように不自然な、調和のとれない動きしか、できなくなってしまったのです。
聖書は言います。「神に望みをおく人は新たなる力を得、鷲のように翼を張って上る。走っても弱ることなく、歩いても疲れない」。そうなのです。神に望みをおくのです。そこを軸にしてみるのです。そこから、人間らしい歩みが始まります。あなたにも、自由な自分を発見してほしいのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-02-06 20:08 | Comments(0)

「にんにく効果」

一昨年、健康のために「熟成にんにく」を食べ続けた。
驚くことに、去年は風邪で寝込むことがなかった! それまでは、年に2~3回は風邪で寝込んでいたのだ。「にんにく」のためだけではないかも知れないが、「潮田は風邪ばかりひいている」と言っていた人たちが入院したり、不調を訴える中、元気なのは私一人ではないかと気づいた。どうしてかと言って、思い当たるのは、ひたすら「にんにく」を食べたことくらいしか思い当たらない。
このことを去年のうちに書こうと思ったが、書いた途端に寝込んで、そら見たことか、と言われるのもどうかと思っていたが、やはり一回も寝込まなかった。
去年はわけあって、いったん通販での購入を中止した。食べなかった期間が1年くらいになって、年末から今年にかけて、おなかの調子が以前のように落ちてきた。先日の礼拝の後、声が出なくなった。あきらかに風邪の症状だ。寝込みはしなかったが、こうなると、「熟成にんにく」を再び始めようかと思う。

気になることが、もう一つある。この1か月、何か頭が空っぽになったというか、気力がわかないというか、そんな感じが続いている。
去年まで7年間、一つの委員会の務めを担い、最後の数年は委員長を任されていた。特に、最後がきつかったが何とか任期を終え、その任から解かれた今年はずいぶん楽になったはず・・であった。しかし、変な話だが、することがなくなったという喪失感が強い。そして、気づいたら気力が出ないというか、何か、からっぽ感があって、それが1か月ずっと続いている。年賀状を書けなかったのは、その理由かもしれない。日常のことはちゃんと出来ているから問題は何もないが、燃え尽き症候群と言うが・・なるほど、こんな感じなんだろう。

さしあたって、「にんにく」で、「力」をだしてみるか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2014-02-04 20:09 | Comments(2)