「弱さを持つ人」

私の方向音痴は、自慢できるほどの相当なものです。子どもの時、何度も降りたことのある駅でさえ、ある日突然、反対の方向に歩いて行ってしまったとか、結婚式前日、婚約者(妻)を家に送った帰りに道に迷い、走り回ったあげく夜のことで聞く人もなく路上で一夜を明かしたとか、そのような嘘みたいな本当の話ばかりです。
ある日、家庭訪問をした家でそこにあった雑誌をぱらぱらとめくっていたら、「カーナビ」の広告が私の目に飛び込んできました。正直言って、目が点になるとは、あの時のことを言うのかと思うほどでした。今でこそ安価に手に入るものが出回っていますが、まだまだ、かなり高価なものでした。しかし、それにしても、日本全国どこにいても自分の位置がリアルタイムで分かる、というのですから、私は訪問の目的そっちのけで(?)目が吸いつけられて離れられなくなりました。
しかし、そんな話をすると、当時のことです、何を贅沢なことを言っているの。そんなゆとりはないでしょ、と言われるのがオチでした。
私は、しかしこんな話をしながら、弱さを持つとはこういうことなのだとつくづく思うのです。他の人から見ればたわいもない、愚かなことに見えるようなことに「こだわる」のです。弱さがあるからこそ、その愚かさ、そのこだわりから、離れられない。
私たちはひょっとしたら、そういう誰かの弱さ、叫びに対して、「何をバカなこと言ってるの」と、こちら側の基準で見たり、考えたり、時には聞き流して、また、時には批判していないだろうかと思うのです。弱さというのは、痛みや悲しみなどと同じ感情を伴うものですから、人と比較できるような相対的なものではありません。その人にとっては、ある意味では絶対の辛さなのです。
方向音痴くらいだったらまだいいのですが、ときには、弱さが、罪に絡み合うこともあります。しかしその時でさえ、私たちは、人の表面的な言動を見て、ああだこうだと言う人には、なりたくないのです。なってはいけないのです。自分の目の中にある丸太に気づかないまま、人の目にあるおが屑、ちりを取ろうとしてはいけないのです。
主イエスはそういう人と共におられたからこそ、「見ろ、大食漢で大酒飲みだ。徴税人や罪人の仲間だ」(ルカによる福音書7章34節)と言われたではありませんか。自分が弱さそのものになって初めて、人は、そこから解放されるのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-09-28 14:33 | Comments(0)

「大川小学校を訪問」

今年もまた、私は、被災地に行きましたが、その一つ石巻、そしてあの大川小学校にも行きました。津波で児童がたくさん亡くなった、あの学校です。津波で壊れたコンクリーチの壁に、卒業生が贈ったと思われる作品が描かれていました。宮沢賢治の「雨ニモマケズ」です。コンクリーチの壁がねじ曲がっている、そこに「雨ニモマケズ、風ニモマケズ」と書いてありましたので、特に辛く思った場所です。そして、帰ってからこの言葉を改めて調べてみました。

雨にも負けず/風にも負けず/・・そういうものに/わたしはなりたい

「そういう者」って誰のことかと思っていましたが、何と、この詩のモデルがいたというのです。当時の花巻では知らない人がいない、大変な有名人であった斉藤宗次郎だと、宗教学者、山折哲雄さんは述べています(2011年1月 NHK「こだわり人物伝」)。

斉藤宗次郎は1877年に岩手県花巻市に生まれました。彼は小学校の教師となり、ふとしたきっかけで内村鑑三の本に出会い、やがて内村鑑三の薫陶を得て、1900年の冬、23歳のときに洗礼を受け、花巻で初めてのキリスト者になりました。宗次郎は「耶蘇」(やそ)と呼ばれ迫害されました。特に彼が日露戦争に反対したことから、教育会から追放され、小学校教師の職を追われます。それだけでなく、長女の愛子ちゃんは耶蘇の子供と呼ばれ、腹をけられ、腹膜炎を起こした数日後、わずか9歳で亡くなっています。

教師を辞めた宗次郎は、新聞配達店を始めます。しかし彼のやり方は変わっていて、新聞を配達する一軒一軒の前で立ち止まり、その家のために祈るのです。祈るだけでなく、地域の人々のために彼は自分を捨てて働きました。やがて、宗次郎を耶蘇と迫害していた地域の人々も、徐々に宗次郎に心を開いていきます。そして、ついに花巻では「名物買うなら花巻おこし、新聞を取るなら斉藤先生」と言われるようにまでなるのです。やがて、宗次郎は内村鑑三の弟子として、東京に行きますが、かつてはキリスト教徒として迫害され、教師の職を追われた宗次郎ですが、何と花巻駅のホームは町長をはじめとする町の有力者、学校の教師など多くの人々で埋め尽くされたということです。新聞配達をするこの宗次郎と知り合ったのが、宮沢賢治で、斉藤宗次郎より20歳も年下でしたが、宋次郎の人柄にひかれていきます。斉藤宗次郎はクリスチャンとしては無名でした。しかし、内村の薫陶を受け、キリストに生涯を捧げた斉藤宗次郎は、はからずも宮沢賢治の詩のモデルとなり、その詩は80年以上たっても語り継がれていくことになりました。

雨にも負けず/風にも負けず/雪にも夏の暑さにも負けぬ/丈夫なからだをもち/慾はなく/決して怒らず/いつも静かに笑っている/一日に玄米四合と/味噌と少しの野菜を食べ/あらゆることを/自分を勘定に入れずに/よく見聞きし分かり/そして忘れず/野原の松の林の陰の/小さな萱ぶきの小屋にいて/東に病気の子供あれば/行って看病してやり/西に疲れた母あれば/行ってその稲の束を負い/南に死にそうな人あれば/行ってこわがらなくてもいいといい/北に喧嘩や訴訟があれば/つまらないからやめろといい/日照りの時は涙を流し/寒さの夏はおろおろ歩き/みんなにでくのぼーと呼ばれ/褒められもせず/苦にもされず/そういうものに/わたしはなりたい (原文はカナ表記)

この中に、「南に死にそうな人あれば、行ってこわがらなくてもいいと言い、」とあります。死を怖がる。でも怖がらなくてもいいと言う。イエス・キリストを知る者の言葉ではないか。
津波に巻き込まれた子どもたちの中に、イエス・キリストはおられたのです。子どもたちを抱きかかえて、「こわがらなくてもいい」と主イエス・キリストこそ、そう言われたのではなかったかと、私は、そのように思いました。
人間にはあらゆる恐れがあります。何を恐れているのだろうか。心の中に、津波を防ぐような堤防を高く築き上げるのでしょうか。そんな安心は、地震によってもろくも崩れ去るのです。心が崩れるのです。そうではない。怖がらなくてもいいと言う。ここにいたらいい、と言う。主イエス・キリストにこそ、私たちの心を載せていたい、と思うのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-09-20 16:53 | Comments(0)

『その日のために」

今回、機会があって再び、被災地を訪問しました。塩釜、東松島、石巻と巡り、最後が、津波で74人の児童、10人の教職員の犠牲者を出した大川小学校でした。北上川河口から約4キロの川沿いに位置するその場所に立ってみて、学校自体がかなり低い場所だという印象でした。どうして、大人たちがいつまでも校庭で避難先の議論をしていたのか、また、山に逃げず、川方向に避難したのかという、単純な疑問が湧きました。小さな子どもや、小学校に避難してきていたお年寄りもいましたから、確かにその斜面は登るには急でした。それにしても、です。そこに立ち、ここで多くの児童の命が失われたという思いと重なって、何とも切ない思いが溢れてきました。
f0086426_21271854.jpg

そこに立ってみて、日頃の危機管理の問題だと、すぐにわかりました。ここまでは津波は来ないとか、避難場所にもなっているから安全だと言われていても、何が起こるか分からないのです。どうしたらいいのか、日頃から訓練しておく(体に覚え込ませておく)ことがいかに大事かと思います。

私たちが1週ごと共に集まる礼拝にはいろいろな意味を見ることができますが、ここで一つ言えることは、人生の危機においてきちんと対応できる、ということだと思います。準備というのは、その時に始めたのでは、遅いのです。体が覚えていることが大事なのです。一回一回の礼拝を大事にするということ、そこで聞いていることは、「その日」にも神を礼拝する者として失われない、自暴自棄にならない、それだけでなく、そこでも使命を果たし、希望を失わずに共に歩み続けるために、どんなに大事なことでしょうか。

妻の母は、認知が進んでも、しばらく教会に通っていました。希望ヶ丘の駅まで電車で来てもらって、そこから車で一緒に教会に行きました。その朝、どういうわけだったか、多分、来る予定がなかったからだったと思いますが、迎えに出ませんでした。泉教会で研修されていた唐澤先生が教会に向かって車を走らせていたら、たまたま、希望ヶ丘の駅から少しのところを教会に向かって歩いている義母を見つけ、連れてきてくれたことがあります。健康な体であっても、そこからは歩いて1時間半以上はかかります。その道を、いつもの礼拝への道を、義母は認知が進んでも歩いていたのです。体の中にその道は組み込まれていたのです。私たちに、やがてどういう危機がやって来るか分かりません。その日、希望への道を歩くために、一回一回の礼拝の道を大事にしていきたいと思うのです。

ゆきなれた路の/なつかしくて耐えられぬように/わたしの祈りのみちをつくりたい
八木重吉

YouTubeの映像を転載します

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-09-19 18:03 | Comments(0)

「満たされる」

今回のコンサートために、必要額8万円として、献金を呼びかけました。結果、皆さんから92,500円の献金を戴きました。それでは献金が多すぎたのでしょうか? いいえ、今回、実際にかかった経費は8万円を超えて、92,215円だったのです! それに対して92,500円の献金だったというのは、たまたまだ、と言えば言えるかもしれません。しかしそうではないのです。
かつて、「朗読劇 塩狩峠」をテアトルフォンテを会場にして行った時がありましたが、予算は50万円でした。その時の献金、協賛金、席上カンパの合計は562,307円。そして、実際にかかった経費は548,507円だったのです。伝道のために出て行く者たちに、主は、私たちが見ていなかった超過分まで、必要を満たしてくださるのです。

コンサートの日の朝、子どもたちの礼拝で話しました。「エリヤは悪いアハブ王さまにそれはいけませんと言った後、ケリト川のそばでカラスにお肉を運んでもらったんだよ。だから、おそれないで。しんぱいしないで。」(列王記上17章1~7節)。それは子どもの話だと、高を括っていた人は恥じ入ってしまいます。聖書の話は、子どもの話ではありません。主は、志をもって伝道のために出て行く者に、不思議な方法で助けを与え、そこに新しい物語を作ってくださるのです。しかし、それを他人事のように離れたところから見て、少しも出て行かないなら、何事も始まらないのです。500円をささげて行った高校生がいました。その捧げ物が、今回、最後の必要を満たしたのです。ここにもまた、物語があります。
泉教会の友たち、伝道の物語を作りましょう。主が必要を満たしてくださることをたくさん経験しましょう。主に従うたくさんの喜びを持って、祈りの道を進みましょう。
「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。」「求めなさい。そうすれば、与えられる。…だれでも、求める者は受ける」(マタイによる福音書6章53節、7章7~8節)

この物語の傍観者にだけは、ならないようにしましょう。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-09-12 18:02 | Comments(0)

「障がい美人」

昔、NHKの番組で、富永房枝さんという方のことを取り上げていました。先天性脳性麻痺で、上半身に著しい障碍を負っている方です。
ある日、道を歩いていると右手を盲導犬に引かれ、左手で子どもをだっこしている人に出会って、ふと、「かっこいい」と思ったそうです。それから彼女の生き方が変わったのだそうです。
それまで、夢を見ればいつも自由に動く肢体を持った自分の姿があった。そうであったらよかったのに、という思いが夢になったのでした。どうして、自分はこんな不幸なんだろうと、運命を呪うような日々だった。けれど、その盲導犬に引かれ、子どもをだっこしている人を見て「かっこいい」と思ってからは、「障碍美人」になろう、と思えるようになった。障碍を着ていこう・・・と思えるようになった。夢を見ても、障碍を持ったままの自分の姿が出てくるようになった。これからは、このままの自分を受け入れて生きていこうという気持ちでした。
私たちは、どうでしょうか。身体的には麻痺した体ではない。障碍を持っていないかもしれません。しかし自分の能力、性格などで不満(障碍)を感じています。あの人のようにできないとか、自分もそうあったら…、と夢を見ます。自分が自分を受け入れていないのではないでしょうか。
その人は盲導犬に引かれていたといいますが、聖書は、盲導犬ならぬ「良い羊飼い」イエス様に導かれている、私たちの姿を描き出しています。私たちは誰も、ああであったらよかった、こうだから自分はだめなんだと言っている、自分で自分を受け入れることができない、心に「障碍」があるようです。しかし、右手を「良い羊飼い」イエス様に導かれ「左手で子どもをだっこ」できるような「かっこいい」生き方があるのです。私たちは「障碍美人」になりたいと思う。
そういう生き方を目指す、みんなのキリスト教・泉教会に、あなたもおいでください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-09-09 22:26 | Comments(0)

「道を歩くキリスト」

横浜を歩いていると、至る所、道の上で段ボール紙を敷いて寝ている人たちを目にします。歩行者が何人いようが、その視線を一向に気にせず、まったく自分の世界をそこに作っているのです。その様子を見ながら思うのですが、そう言えば、道は、私たちの「生活の場所」だったのだということです。私たちはそこに寝ることはないにしても、誰もそこを通る。社会には地位、階級があっても、道にはそういうものはない。誰からも差別されることはないから、誰もそこにいられる。ですから、どんなに人がいたとしても、そこに“自分の世界"を作ることができるのだろうと思うのです。
聖書を開くと、キリストはその「道」を歩いたと書いてある。どこかに行くのに道を通るのは当たり前ではないかと言っていたのでは、聖書を読んだことにはならないのです。キリストは、道を歩かれる。そして、そこにいる、そこにしかいることができない、一人一人と出会うのです。一人一人の生活の中に入っていかれるのです。「それではだめだ、こっちにおいで」とは言わない。「あなたがそこにしかいられないのだったら、では、その所で、あなたが見つめている世界を一緒に見ようじゃないか」まず、そうおっしゃって、出ていく。そこから始めるのです。それが、キリストが道に出るという意味です。
私たちは、逆に自分の価値観の中に人を引き込もうとしてきたのではないでしょうか。「それではだめだ」「こうするんだ」とか言って。こうして人は反発し、警戒し、またあきらめ、決して本心を言わないようになった。そういう生育歴を持つ多くの子どもたちが、思いを閉じ込めているうちにエネルギーがたまってきて、突発的な暴力になったり、心が病んでしまうのです。
その人がいる同じ場所、同じ道から世界を見る。そういう目、そして感性を、私たちは大事にし、養いたいと思うのです。泉教会は、そういう教会です。あなたがそこから見える世界を一緒に見ながら、一緒に歩いていきたい。キリストがそうなさったように。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-09-06 22:51 | Comments(0)