「チラシの行方」

いよいよ来週、ホルンコンサートです。もちろん、コンサートと言っても、その意味は、伝道です。一度でも教会に来てほしい、一人でも多く私たちの信仰を知ってほしい、ということです。
このために、タウン紙『リベルタ』(泉区瀬谷区版)に広告を載せました。チラシ6,000枚は、皆さんが友人知人にご紹介してくださったり、教会周辺に配布したり、しかし主には新聞2社への折り込みで配布しました。こうして、友人たち一人一人に、そして6,000軒近い家庭に届けられたのです。
チラシは、しかし、いったいどこに行ったのでしょうか。
ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローの詩に、「矢と歌」があります。

私は空に向かって矢を放ったが   I shot an arrow into the air,
落ちた場所は分からなかった。   It fell to earth, I knew not where;
矢はあまりに速く飛んだので     For, so swiftly it flew, the sight
私の目は方向を追えなかった。   Could not follow it in its flight.

私は空に向かって歌をうたったが  I breathed a song into the air,
落ちた場所は分からなかった。   It fell to earth, I knew not where;
歌の方向を追える鋭い視力の    For who has sight so keen and strong,
持ち主がどこにいよう?       That it can follow the flight of song?

後で知ったが、矢は折れずに    Long, long afterward, in an oak
一本の樫に刺さっていた。      I found the arrow, still unbroke;
そして歌は最初から最後まで    And the song, from beginning to end,
ある友人の心の中に残っていた。  I found again in the heart of a friend.

旧約聖書『コヘレトの言葉』11章1節を、ここでも引用しましょう。「あなたのパンを水に浮かべて流すがよい。月日がたってから、それを見いだすだろう。」
友人に手渡しても、新聞に折り込んでも、何しても人は来ない。全くの無駄な行為と思えるかもしれません。せっかく得たパンを水に流す事に何の意味があり、何の利益があるかと思うとき、しかし旧約の知恵者は言います。水に流したパンは、必ず「それを見いだすだろう」と。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-08-29 23:36 | Comments(0)

「献金の行方」

私たちがささげる献金は、いったい、どこに行くのでしょうか。神さまのため捧げます、と言うのだから神さまが受け取るのでしょう、確かにそうなのですが、神さまはその献金を、教会に、預けておられるのです。それは、神さまが私たち一人一人に命や才能、お金を預けて、一人一人の生活の中で生かして用いるようにされているのと、同じなのです。預けられたものを神さまが喜んでくださるように使う。これを「クリスチャン・スチユワードシップ」と言います。教会は、教会としてのスチユワードシップに責任をもって取り組んでいるのです。

第一に、何と言っても教会の働きは、伝道です。礼拝、個々人への関わり、通信、その他、教会の働きを大きく括れば、それを伝道活動と言うことができます。そのために配分します。
第二に、不動産に関するスチユワードシップも必要です。礼拝を行い、伝道に用いる器である土地・建物の購入、返済、また水道光熱費、保険料など、維持・管理に責任を持ちます。
第三に、教職者謝儀。牧師に支払われるものですが、よく見れば「給料」ではありません。牧師の働きに対して、教会が感謝を表すものです。教会の働きに献身している牧師は、それによって生活を支えているので数字は大きくなりますが、教会は、牧師に関するスチユワードシップの責任を果たします。牧師の働きと言っても一口で説明できるものではないですが、たとえば中会(上位会議/包括法人)の働き、議長に選ばれもすれば、他の伝道所の運営にも関わることで、相当の時間を使うことも、牧師の働きです。そうであれば、それも教会が支えているのです。

こういうことのために、献金は使われるのです。あるものは結果が見え、あるものは、結果は見えません。「あなたのパンを水に浮かべて流すがよい。月日がたってから、それを見いだすだろう。」(コヘレト11:1)当面は、結果が見えないことのほうが多いのです。しかし、必ず「月日がたってから、それを見いだす」のです。
いずれにしても、自分のお金が、自分の手の中で自分のことのためだけに終わらず、神のわざのために用いられるようにするわざが、献金です。個々のスチユワードシップが、教会のスチユワードシップになっていく最初の泉は、あなたの手の中にあります。

「神は、あなたがたがいつもすべての点ですべてのものに十分で、あらゆる善い業に満ちあふれるように、あらゆる恵みをあなたがたに満ちあふれさせることがおできになります。」(コリント 二 9:8)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-08-23 17:06 | Comments(0)

泉教会で、一泊の「中高生サマーキャンプ」を実施した。当初、子どもたちは外部キャンプに送り出すつもりで、予定していなかった。しかし、結局、友だちがいない外部には行きたくない、ということになって、急遽、実施することになった。泉教会では15年前に一度だけ実施して以来の、2度目の中高生キャンプである。

会場は渋沢教会。中高生5人。日曜日の礼拝後に出発、月曜日までという短時間であったが、とても良いものになった。音楽、メッセージとも漆間先生に依頼。ギターをアンプにつなぎ、5人の子どものためにもマイクを使い、ここに100人いても通用する本格的舞台設計をされた。メッセージは、特に信仰への招きをお願いした。その夜、スタッフがもう寝ようと部屋に行ったら、子ども同士、洗礼の話をしていたから部屋に入らなかった、と言って戻ってきた。あとから聞いた話では、メッセージのとき、「涙をおさえるのが必死だった」と、ただ一人キリスト者でない中一の子が言ったそうだ。その子は、最近、教会に来たばかりである。まさにその子のために用意されたキャンプであったと思う。

渋沢教会はその外観からはまったく想像もつかない、山小屋風の内部である。窓からは大山を真横に望み、すばらしい環境で、すばらしい恵みをいただいた。
f0086426_22575584.jpg

賛美の様子 → (クリックする前に音量を最小にしてください。最初から大きな音が出ます)

                     カメラが良くないので音質はかなり悪いです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-08-15 17:33 | Comments(0)

滋賀県柏原宿をスタート、3日間で、岐阜県美江寺までの27キロ踏破。今回は夏休み中の小学校1年生の孫が一緒であった。と言っても、キックボード持参。暑さの中で、これがなかったら、早々のリタイアとなったに違いない。

前回は近江の国(滋賀県)のはずれまで来ていたから、初日に早々と国境を越え、近江路から美濃路(岐阜県)に入った。
今須宿を通過、その先の今須峠あたりで、それまで元気だった孫の体調が悪くなり(軽い熱中症か)、そこから1.5キロをおんぶすることになった。旧街道でもバスが走っているところはあるが、国境、峠などを通過する山間では、交通手段は何もない。しかしその先で休憩をとった後は再び歩けるようになって、気づけば「不破の関」を越えて、そこは関ヶ原であった。

歴史のお勉強:
不破の関は、673年、東海道の鈴鹿関、北陸道の愛発関とともに、都を防御するために設けられた。これを三関と言って、三関から東は「東国」または「関東」と呼ばれたそうである。その前年、672年に古代最大の戦争「壬申の乱」が起こっている。この辺りも戦闘に巻き込まれたことが書かれてあった。
そして関が原は、1600年、美濃国不破郡関ヶ原を主戦場として「天下分け目」の戦いが繰り広げられたところ。いたるところに戦陣旗がたなびいていた。私たちは、徳川方、石田方そのどちらにも組することなく、事なきを得たのであった。

2日目、関ヶ原の徳川家康の最初陣地を通過し、垂井宿へ。そこで無料休憩j所が設けられており、ボランティアが煎れる100円のコーヒーをいただき、元気を回復。そのボランティアの人に折り紙を教えてもらった孫は、ご機嫌。実は、この日はそこで中止しようと思っていたが、孫も意外と元気を取り戻したことだし、また、前日の山間の道と違って道にコンビニも多く見られたので、予定通り、次の赤坂を目指すことにした。結局、この日は休憩も含めてであるが、6時間の道行きとなった。

歴史のお勉強:
「お嫁入り普請」 江戸時代末期の1861年、皇女和宮が降嫁した際、大行列一行が宿泊。赤坂宿ではそのために街道沿いにあった古家の建替えや空き地に新築を行い、54軒もの家が建て直されたそうな。その建物が現存している。街道からの見栄えをよくするために表側だけが二階建てという珍しい家もある。

3日目。岐阜県下36度の猛暑日、結局、二日目以降はずっと日傘をさしかけ、孫のキックボードを私が引っ張ることになったが、それでもこの暑さの中、これだけ長距離をよく頑張ったと思う。美江寺宿は、目的地、樽見鉄道 美江寺駅の電車の時間が迫ったため(乗り遅れると1時間半、電車が来ない!)、宿内は急ぎ足で通過。しかし、実はその時間は反対方向であって、実際は30分、駅で待つことになったが。来たのはディーゼル車、すなわち「機関車」であった。やはり無人駅で、のどかな風景が広がっていた。

孫いわく、「ホテルを出て、駅に行っただけだった。」
f0086426_20441319.jpg

f0086426_20484945.jpg

出発地「柏原宿」 動画はここ

2日目の終点「赤坂宿」 動画はここ

3日目の終着点「美江寺宿(駅)」 動画はここ


にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-08-08 20:39 | Comments(1)

「予告 今度の街道は」

中山道は、今度は8月5~7日に行ってきます。
今度歩くのは以下の地図にある区間になります(地図は、表示後、引いてみると全体が分かります)。今回、近江の国(滋賀県)から美濃の国(岐阜県)に入ります。ヤドは、街道からははずれますが、鉄道の便を考えて、大垣で二泊する予定です。歩行時間とそこに駅があるかどうかという関係で一日当たりの歩行時間/距離が決まりますが、今回は1日目2.5時間、2日目4時間、3日目2.5時間のウオーキングです。1時間3キロなので、3日で27キロほど。昔の人は、1日で40キロは歩いたそうですが・・・ 2日目は関ヶ原が起点なので、まず、「天下分け目」の古戦場の一部を見てこようと思います。そういえば、前回は、この余った時間で、彦根城を見学しました。

地図 柏原~美江寺

ちょうどよいビデオがあったので、今までしたことがないのですが「予告ビデオ」として、添付します。ちょうど国境から今須宿を経て、関ヶ原祝までの内容です。このビデオの道が、1日目となります。



にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-08-01 22:09 | Comments(0)