私たちは会話の中で、また礼拝において、「教会員」「兄弟姉妹」という言葉を使います。しかしその場に、もしかしてそうではない人がいると、その人は疎外感を感じることが少なくありません。確かに「教会員」「兄弟姉妹」で間違いないのですが、特にこだわらない場合は、初めての人にも、信じていない人にも、全員にあてはまる言葉を使うことが大事なのだと思います。礼拝に集まる人のことは、ただ「私たち」と言えば良いのです。「礼拝する者」「友」でもよいのです。「今日も、この礼拝に友を集めてくださって感謝します。」のように、です。そのように言うことで、どういう立場の人も区別せず、その日、礼拝に来ることができた、すべての人を歓迎することができます。
英語で手紙を書く時、日本語の「様」に当たる言葉として、名前の前に男性にはミスターMr.をつけます。ところが女性の場合は、未婚者はミスMiss 既婚者はミセスMrs. というように区別します。なぜそういう区別する言葉があるのかは別として、未婚、既婚を区別しない言い方もあって、ミズMs.を使います。このように未婚か既婚かに踏み込まない、包括的な言い方があるのです。
私たちは、右か左かに分けた表現に慣れていて、つい自分の立場で表現した結果、知らず知らず(そうする必要がないところで)人を区別、または差別してしまっているのかもしれません。言葉は、実は、人に対する姿勢に関係しています。悪意がなくても、無意識のところから出て来る言葉が、人を区別していて、人に疎外感を感じさせることもあるのです。聖書の、次の言葉のように生きようとするなら、自分だけに通用する言葉、仲間意識を強調する言葉から離れる努力をしなければならないでしょう。すべての人を包括する言葉に、私たちは慣れる必要があります。

「そこではもはや、ユダヤ人もギリシア人もなく、奴隷も自由な身分の者もなく、男も女もありません。あなたがたは皆、キリスト・イエスにおいて一つだからです。」ガラテヤ3:28

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-07-25 23:41 | Comments(0)

「風邪の谷のナウシカ」「となりのトトロ」などの監督と言えば、日本を代表するアニメ監督、宮崎駿さん。

その宮崎駿さんなどの主張が載っている、スタジオジブリ発行「熱風」という冊子があって、その中で、「憲法改正」という特集が組まれ、話題になっている。小冊子の反響があまりにも大きかったようで、書店では手に入らず現在、ネットで無料公開されている。宮崎駿さんなら、たくさんの人が関心を向けてくれるかな。

私自身は、ここに収められている「火垂るの墓」作者の」高畑勲の文章が心に残った。自身はあの映画で敗戦時の悲惨さを描いたわけだが、彼は、しかし敗戦時の悲惨を思い出すより、そうではなく開戦時の国民意識、うまくいってほしいといういわば素朴な感情こそ思い出すべきである。そこが問題なのだ、という主張をする。うまくいってほしいと為政者に期待する、そういう「情けない私たち」に歯止めをかけるのが、憲法9条なのだと。

小冊子『熱風』7月号特集 緊急PDF配信のお知らせ
スタジオジブリのホームページ → スタジオジブリ

配信期間は、2013年8月20日、18:00まで。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-07-22 06:23 | Comments(0)

「人の評価によらず」

大震災などが起こると、両親を亡くす子どもたちがたくさん出て来ます。その子どもたちは、突然、地震に見舞われ、目の前で親を亡くしたのです。そのショックは測り知れないものがありますが、彼らはその後も、周りから「しっかりしなさい」「いつまでも泣いていたら、死んだお父さん、お母さんが悲しむよ」と言われ続けてきました。私たちも、きっとそう言うと思います。しかし、彼らは励まされれば励まされるほど、「親のことは話してはいけないのだ」と、感情を押し殺していくのです。その結果、震災から数年経った頃、いつまでも悲しんでいる自分は「悪い子」「だめな子」、そのように表現するようになりました。彼らは、励まされて、どんどん苦しくなっていったのです。傷が深くなっていったのです。
「しっかり!」「頑張って!」…私たちの励ましの言葉って、一体何だったのでしょうか。何と相手の気持ちを考えてなかったことでしょうか。
聖書を見ると、「私はあなたを罪に定めない」という、キリストの言葉が出てきます。人々が、法という自分たちの枠組で、一人の、罪を犯した女性を追い詰めていったのです。この場合は励ましではなく、反対の裁きですが、励ましであろうが裁きであろうが、そういう自分の「枠」を相手に押しつけるという点では、同じことです。その時に、「私はあなたを…定めない」とキリストは言われたのです。「何かに定めるという枠であなたを見ない」と。人々がそれなりの自分の正当性、自分の枠で見ていた時に、キリストはそういう枠組では見ない、と言われたのです。
私たちもまた、ひょっとしたら人の様々な評価で、押し潰されそうになっています。自分はだめだ、と自分を苦しめているのです。しかし、そうではないのです。「私はあなたを…定めない」と、キリストは言われている。この方の前に立ってごらんなさい。あなたは、やり直せます。あなたは、変わります。あなたは、自分を取り戻せるのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-07-21 08:00 | Comments(0)

「選挙も信仰の行為」

7月21日は、参議院議員選挙です。一人一人が、祈りつつ、判断と選択をしていきたいと思います。
私たちは信仰告白で次のように言い表しています。

「人々は、与えられている機会を用いてこの世の政治に参加し、特に、選挙権を行使する義務がある。」(『カンバーランド長老教会信仰告白』6:28)

政治の目的は「被造物が正義と秩序の原理のもとに生きることができるようにする」(同6:27)ことですが、そのことを為す為政者を選ぶ義務を、私たちは大事にしなければならない、と考えるのです。神は、キリスト者ではない者をも用いて、この世の秩序を維持して(治められて)いるのです。世俗のことだと言って、この世のことに無関心になることは、神の意図を受け止めない、大きな間違いです。棄権することは、信仰のありかたではないので、そういうことのないようにしたいと思います。
それにしても、倦怠感がただよう時代に威勢のいいことを言う個性的な人が現れると、人はいきおい、そこに惹かれていくわけです。また、自分の家の前の道路が良くなれば、という発想で為政者を選ぶ人がいます。選ばれる側も、自分の願いを実現するために憲法の改正を「謀る」ようなことをする。どうか私たちは短絡的、また、貧しい発想で、国政選挙にかかわることがありませんように。
私たちがとりわけ大事にしたい、そして見極めたい一つは、いわゆる「信教の自由」の原則を守ることに注意深く対応できる人かどうか、という点です。たったひとつであったとしても、その信仰の火を消さない、たとえそれが他宗教であったとしても、その人がよって立つ拠り所を大切に出来るかどうか、それは、為政者を選ぶバロメータになることでしょう。第二は、言うまでもなく隣人・時間的には次世代と共に生きる命と平和への道を大事に考えているかどうか。そういう意味で「正義と秩序の原理」を追い求めてやまない人を、この日、私たちは選びたいと思うのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-07-20 11:00 | Comments(0)

そろそろ年金の手続きを開始しなければと思い、窓口に行って相談した。もう、こんなことをするようになったんだなあという、不思議な感覚だ。
いろいろ話をするうちに、当然、今の収入の話に及ぶ。担当者いわく、「ああ、ボランティアね。」 15年間、何も変わらない数字を見て、さらりと言われた言葉であった。
何か、勲章でももらったような気がした。家のほうの事業が大変で、毎日駆け回っている妻にはつくづくと申し訳ないが、しかし年金の担当者にそう言われた時には、わたしの心にその言葉が残ったのである。
妻は今年、母親をなくした。最近、ようやく手続きが終わり、「遺産」を手にした。高齢の義母は自分のたくわえで自分の老後の費用をすべてまかない、子どもたちに残したものはと言えば、一人、百何十万かであった。しかし、その大切な母の遺産さえ、家の事業を維持するために注ぎ込ませてしまった。申し訳ないと思いつつ、二人で背負うことになったこのような経済生活に、「ボランティアね。」のひとことは、主のためという思いと重なり、主は一切御存じなのだと聞こえ、私には不思議にほっとする言葉であった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-07-16 12:30 | Comments(0)

日本中会(日本にある14のカンバーランド長老教会の集まり)はこの30年来、香港にある同じカンバーランドの群れ(香港中会)と交流をもってきて、さらに数年前には韓国にもカンバーランドの群れが誕生し、新たな関係作りが求められるようになりました。
そういうことを踏まえて、先の中会会議で「アジア宣教連合(仮称)」が承認されました。これはどういうものかというと、アジア地域における教会開拓、宣教の拡大を目標とするリーダーたちの集まり、と言えるでしょうか。
香港中会は、教会数は日本とそれほど変わりませんが、中会として幼稚園や小学校などを設立し、その他、社会的な必要に積極的に対応しようとしている躍動的な中会です。一方、韓国の教会は、いくつかの教会がカンバーランドに加入したばかりでまだ中会の組織はしておらず、同国には大きな教会が多い中で30人規模の教会形成を地道に進めています。
日本中会は、香港(中国)、韓国の教会と力を合わせ、この「連合」の枠組みの中で、宣教の前進のためにあらゆる提案を行います。ほとんどの長老教会は、国名を冠して、その組織は国内において完結しますが、しかしカンバーランド長老教会は、国内にとどまらず海外の教会も含めて一つの教会を形成し、国や民族を越えて伝道を考えるユニークな教会なのです。今回の「連合」によっても、東アジア地域において国を越えて一つの宣教戦略を練る積極的な足掛かりをつけたのです。一つの国の中でものを考えていると、必然的に視野の限界があります。ものの見る目が狭くなったり、歪んだりします。逆に、持っている良いものを見過ごしたりもします。そこで、私たちはいろいろな会議、機関を設けて視野を広げる努力をするのですが、私たちの場合は、教会自体がその広がりを持っているのです。
この教会生活の中から、ただしく世界を見つめ、また宣教の情熱を学び、主のあとに従って出て行く私たち泉教会の歩みを作りたいと、心から願っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-07-05 16:51 | Comments(0)

昨日、日本基督神学校の同級会が、千葉にいる仲間の牧する教会を会場に開かれた。「全員」がそろって、本当によい時を共にした。
でも、実際は一人を欠いていた。この日は、3か月前に仲間の一人が天に移されてから、最初の同級会であった。T姉のそばにいつも一緒にいる、相思相愛の先生がいない姿を私は初めて見て、何とも、寂しい思いがこみ上げてきた。そして、セラ.G.ストック(Sara Geraldine Stock)の詩を思った。

 家には一人を減じたり、
 楽しき団欒(まどい)は破れたり。
 愛する顔平常(いつも)の席に見えぬぞ悲しき。
 さばれ(さはあれ)天に一人を増しぬ、
 清めら救われ全(まつと)うせられしもの一人を。

 家には一人を減じたり、
 帰るを迎うる声一つ見えずなりぬ。
 行くを送る言(ことば)一つ消え失せぬ。
 分かるることの絶えてなき浜辺に、
 一つの霊魂は上陸せり。
 天に一人を増しぬ。

 家には一人を減じたり、
 門を入るにも死別の哀れに堪えず、
 内に入れば空しき席を見るも涙なり。
 さばれ(さはあれ)はるか彼方に、我らの行くを待ちつつ、
 天に一人を増しぬ。

 家には一人を減じたり、
 弱く浅ましき人情の霧立ち蔽(おお)いて、
 歩みも四度路(しどろ)に眼もくらし。
 さばれ(さはあれ)みくらより日の輝き出でぬ、
 天に一人を増しぬ。

 実(げ)に天に一人を増しぬ。
 土の型にねじ込まれて、
 キリストを見る眼も暗く、
 愛の冷ややかなる此所(ここ)、
 いかで我らの家なるべき。

 顔を合わせてわが君を見奉(みたてまつ)らん、
 彼所(かしこ)こそ家なれまた天なれ。
 
 地には一人を減じたり、
 その苦痛、悲哀、労働を分かつべき一人を減じたり、
 旅人の日毎の十字架を担うべき一人を減じたり。
 さばれ(さはあれ)贖(あがな)われたまいし冠を戴(いただ)くべきもの、
 一人を天の家に増しぬ。

 天に一人を増しぬ、
 曇りし日もこの一念に輝かん。
 感謝讃美の題目更に加われり、
 われらの霊魂を天の故郷に引き揚ぐる鏈(くさり)の環
 更に一つの輪を加えられしなり。
 家には一人を増しぬ、
 分かるることの断えてなき家に、
 一人も失わるることなかるべき家に。
 主イエスよ、天の家庭に君とともに坐すべき席を、
 我らすべてにもあたえたまえ。
 
 (S.G.ストック作詩 植村正久訳。『信徒の友』2007年4月号)
f0086426_13512379.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2013-07-02 13:30 | Comments(3)