「旧約聖書黙想」

最近、子どもの説教でヨシュア記を取り上げました。そこでは触れませんでしたが、聖書には、次のような言葉が書かれていました。「ことごとく滅ぼし尽して主にささげよ」ヨシュア記6章17節。

この「聖絶」という考え方をどう読むかは、旧約聖書を読む者にとって悩ましい問題であり、くつかの解釈が生まれました。

解釈1.原理主義的解釈。神の民イスラエルに敵対するものは、悪の象徴であると考え、宗教的に堕落したものは滅ぼすという、(神の側に自分を置いた)自分を絶対化した短絡的、原理主義的理解の仕方。
解釈2.霊的解釈。霊的な意味で、神と悪との戦いが書かれているのであり、これをキリスト者の従順、聖化として適用する。(実際、「聖絶」というような戦闘はほとんどなかったのだと理解する)。
解釈3.自由主義的解釈。聖書の記述は、史実とは限らない。バビロン捕囚以後、歴史が「再記述」されたものである。つまり、自分たちはなぜ異民族に支配されなければならなかったかという反省及び歴史解釈によって、史実ではないことが書かれたれたものだと考える。
解釈4.民俗学的解釈。このような慣習は現代では許されないが、古来、イスラエルのみならずモアブやアッシリアのような近隣諸国にも共通して見られた「宗教儀礼」であった。(古代の戦闘は全てその民族の守護神の闘いでもあったため、闘いに敗れた民族とその所有物は、神無きもの、穢れた存在となった。それを自民族の守護神に捧げ尽くすことで神無きものが購われ、新たな所有に移される)。

ほかにもあるでしょう。しかし、では、私はどう読むかということです。はっきりしているのは、私たちはいつも相手の側に立つことが出来ない者だ、ということです。
たとえば、日本にある「桃太郎」の話も、私たちは鬼の側には立ちません。必ず桃太郎の側に立って話を聞いています。すると、あの話は、勧善懲悪となり、戦時中は鬼畜米英というように転化されて自分中心に解釈されました。しかし、福沢諭吉は言います。
「もゝたろふが、おにがしまにゆきしは、たからをとりにゆくといへり。けしからぬことならずや。たからは、おにのだいじにして、しまいおきしものにて、たからのぬしはおになり。ぬしあるたからを、わけもなく、とりにゆくとは、もゝたろふは、ぬすびとゝもいふべき、わるものなり」(『ひびのをしえ』。
自分を最初からイスラエルの側に置いて聖書を読むことの間違いがあることを第一に指摘しておきたいと思います。古代、現代を通じて戦闘は繰り返されますが、しかし、いつでも、誰も、自分を正当化できないのです。
そういう意味では、「御子を信じない者は既に裁かれている」(ヨハネによる福音書3章18節)というように、本来、みなが滅ぼされるべき人間だと言うべきでしょう。そこに勝者はいません。神が一方的に「宝の民」(申命記7章)とされたことに「正しく応答する」以外、人間は生きられないのです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-10-19 00:13 | Comments(0)

「無に等しい者」

聖書の中に、「神は…世の無に等しい者…を選ばれた」という言葉があります。「無に等しい者」というのは、「無価値」「役立たず」の者という意味です。しかし、「神は…世の無に等しい者…を選ばれた」というのです。
私たちは、誰も皆、人から「無価値な者」つまり「役立たず」と言われたくないし、思われたくないのです。それで無意識のうちに、職場や地域、人間関係のあるところではどこでも、自分は役立たずではない、と演出しているのです。人に少し背伸びして見せている、ということです。表で知らず知らず背伸びしているから、だから内側で疲れてしまうのです。

「ホルモン焼き」という赤ちょうちんを見たことがあるでしょう。どんなものを焼くか、ご存知ですか。ホル(捨てる)モン(物)、つまり牛や豚の内臓は捨てられていましたが、焼いて食べてみたらおいしかったので、大阪の一杯飲み屋で売ったところ、全国に広がったそうです。ゴミとしか考えられていなかったものに特別な使い道が発見されて、一度に宝に変身したのです。

話を戻しますが、「世の無に等しい者…を選ばれた」方がいると、聖書は言っているのです。私たちがたとえ「無価値」「役立たず」と人から言われ、落ちこんでしまっても、その全存在、ありのままを受け止めてくれる方がある、と言うのです。それが、聖書が私たちに紹介している、神という方なのです。神は、「世の無に等しい者」をあえて選んでしまわれる。その人に固有の、人間としての値打ちを見られる。神は、こうして、どの人も明日に向けて力強く生かすことがおできになる。まことにダイナミックな方なのです。
神さまは、一人一人に価値を見出し、生きる意味を与え、その人に一番合った役割を与えて、今日もこの世に生かしていてくださる方なのです。私は、あなたにそのような方と出会っていただきたいと思っています。あなたが私たちの教会をお訪ねくださるのを心からお待ちしています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-10-09 23:59 | Comments(0)

母が心不全で再入院。前回よりも苦しそうだった。酸素吸入で楽になったが、医師からは再び覚悟を求められた。

漆間君も入院しているので、孫たちを預かったり、食事をしたりすることも多い。二人の入院のために、これから、やり繰りが大変な日々が続くようだ。

幸いに私の「神経痛」は、鍼灸治療を始めて翌日から、もう2ヶ月以上おさまっている。治療の最初の日は杖をついて行ったが、帰りは、杖は不要だった。え、うそだろう? と半信半疑。しかし、その後も痛みはまったく出なくなった。ところが最近、娘から「お父さん、臭い」と言われて、そう言われてみると確かにこの1ヶ月くらい自分でも気になっていた。何だ、これはと思って、さっそく鍼灸院できいてみたら、「それが神経痛の原因だったのです」と。なるほど、こんな体臭を放つほどのものが体内にあったとしたら、神経痛にもなったはずである。人の体についていろいろ考えるこの頃。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-10-05 23:21 | Comments(0)

今度、ブラジルとビデオ会議をしようということで、その前に試しに3人で ooVoo (スカイプのようなもの)で、つないでみた。厚木、国立、そして私の自宅の3ポイントで同時に開く。パソコンの画面にビデオ枠が3つ出てきて、そこにそれぞれの顔がリアルタイムの動画で写っている。会話は結構スムーズにできる。これで世界中、どことでも確か6人(6ポイント)だったか・・・参加して無料である。これだったら、委員会のために往復2~3時間、さらに交通費をかけて出かけていかないでも、特定の議題であれば、結構、こなせるのではないかという気がする。

便利な時代になったと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-10-02 22:03 | Comments(0)

昨日、教会では15周年記念礼拝をささげた。妻は昼食の準備で奮闘し、今日はずいぶん疲れていたようだが、大山でお昼にそばでも食べようと誘ったら、めずらしく行く気になってくれた。そういうわけで、きょうは妻と二人で下粕屋から出発となった。

言うまでもなく、神経痛後のリハビリ継続である。実は、多少ぎこちなさが残っているので、この「リハビリ」は、忙しくても最優先しているテーマである。
さて、結果は、1時間ほど歩いてリタイア、伊勢原駅前の食道での昼食となった。台風一過、久しぶりの暑さの中でもあったが、カメラを忘れて、では携帯のカメラで撮ろうとなったが妻の携帯は使い方が分からず、私のはメモリ不足とか何とか・・・そんなことをやりながら歩いていたので昼になり、時間は「食って」、そばは「食いそびれ」た。(写真は、結局、妻の携帯に2枚は撮れていたが)。

下粕屋からすぐ東海大学病院の巨大な建物の脇を通り、正門前を通過する。果樹園の中を歩く。まだ団地などはあるが、そこを過ぎ、東名高速の下をくぐると、用水路の流れが急で、ゆるやかな上り坂になっていることに気づいた。正面は大山の山容が迫ってきたのを見ると、この辺りから山間に入っているのだ。例によって至るところに石の道標があるが、石とはいえ、どの道標も次第に欠けて来て文字は読み辛い。やがて伊勢原から上ってくるバス道に出る。あとはこのバス道を歩く。
大山は目の前だが、きょうの目標であるバスの終点までは、まだ1時間は歩くだろう。一人だったら、行ってしまったかも知れない。あなかがすいた、疲れたという声が聞こえたので、ここは無理せず、途中までとした。

地元の人たちが大山道を意識して機関紙を発行、張り出していた。この掲示板の後ろには「休憩所」のような手作り施設もあったが、地元の人が数人、話の花を咲かせていたので、立ち寄らず、通過。また、次の写真のような案内が、この近辺から随所に張り出されていて、分かりにくい分岐も、間違いが避けられて有難かった。
f0086426_22473313.jpg
f0086426_22474983.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。
[PR]
by rev_ushioda | 2012-10-01 22:48 | Comments(0)