「M姉の手術」

 火曜日に、昨年のクリスマスにご主人と一緒に洗礼を受けられたM姉の手術が行われた。
 今日、ご主人が礼拝で、祈りの感謝と共に、手術後の経過を報告された。

 「輸血は用意しておいたが、使用する必要はありませんでした。手術後、そのことを本人に伝えたら、本人いわく『キリストの血があるからね』と。」

 ジョークを交えた、姉妹のこの信仰の言葉に、思わず拍手。
 この姉妹にして、この言葉。この、キリストへの信頼の言葉を、一同、深い感銘をもって聞いた。

 今夜、そのご主人のほうのM兄も、腹痛で入院されたという一報が入った。
 え!? 1年前のM姉の入院のときも、たまたま転倒で怪我をされたご主人、同じ病院に入院された。夫婦で同時入院ということになったが、その1年後、またしても夫婦同時に入院ということになった。病院こそ違ったが。

 たまたま礼拝での聖書箇所は、エフェソの信徒への手紙5章21節以降。
 「夫も、自分の体のように妻を愛さなくてはなりません」。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。

※ コメントは、書き込んでいただいてから画面に反映されるまで、最大1日くらいかかります。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-02-21 16:01 | Comments(3)

「体調維持できず」

先週の土曜日、寒い一日だった …こととは関係ないと思うが、夜から熱が出た。

日曜日は何とか教会員総会もこなしたが、午後はダウン。結局、それからずっと微熱が取れず、病院にも行っているにもかかわらず、今週は2日は起き上がれたものの、今日 金曜日も、ふとんの中である。熱だけではなく、今日は、頭も痛い。日曜日どうする?ヤバイではないですか…

前回は年末年始にかけて、そして今回と、風邪がやって来るスパンが短いことが気になる。 「黒酢にんにく」 を食べ始めて、宿敵・風邪を撃退できるかと期待していた矢先。

ショックは大きい…

(ふとんの中より)
追伸:医療費2690円也。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。

※ コメントは、書き込んでいただいてから画面に反映されるまで、最大1日くらいかかります。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-02-19 14:05 | Comments(3)

「聴く耳を育てよう」

  「ねずみくんのひみつ」 という絵本があります。
 ある日、ねずみくんが“はなくそ”をほじるを、ねずみの ねみちゃん が見てしまいました。そこで、あひる に会って言いました。「ねずみくんが はな をほじってた」。すると、あひるは豚に会って言いました「ねずみくんが 花をほったんだって」。ぶたは、馬に会って言いました「ねずみくんが歯を折って寝てるんだって」。馬は象に会って言いました「ねずみくんが、はねて、とんでるんだって」…お話はこういう具合に続いていくのです。
 私たちの話には、そのように、けっこう自分なりの理解の仕方、思い込みが、含まれるのではないでしょうか。事実を話しているようで、しかしそこには思い込みというものがあって、人の言葉を自分なりの思い込みで受け止め、そして自分なりに受け止めたことを、人に伝えるのです。そしてまた、その言葉を興味本意で、偏見をもって、不健全に聞く耳があるとなると、いよいよ話は歪められ、あるいは増幅されて、まったく異質な話に変化してしまうのです。
 あのドイツのヒトラーがいつもしていたことは、人の中に偏見と敵意と憎悪をかき立てるということだったと聞いたことがあります。人の中に偏見、敵意、憎悪の芽を出させることくらい、少しの操作でできるということを、彼は知っていたのです。そうだとすれば、私たちはそのような性癖が自分に中にあるということを、知らなければなりません。そして、周りにも自分の思い込みにも操作されないで正しく「聴き分ける」心の耳を持つということが、大事になってくるのだと思います。
 日曜日、教会の礼拝では、聖書の言葉を「聴く」こと、その言葉によって私たち皆が共に生かされること、この二つを大事にしています。そのように生きる人は、内からの思い込みや、外部からの誘惑に対して、きっと強くなるのです。

 あなたも日曜日、泉教会で聖書の言葉を聞いてみませんか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ ランキングに参加しています。よろしく。

※ コメントは、書き込んでいただいてから画面に反映されるまで、最大1日くらいかかります。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-02-16 10:53 | Comments(0)

「泉教会紹介 STORY'Z」

3分ほどの教会紹介です。
泉教会を紹介するため、このURLを、ぜひ、お使いください。
     ↓
http://www.storyz.jp/view/_158144b73787f69fe4/

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
↑ よろしく

※ コメントは、書き込んでいただいてから画面に反映されるまで、最大1日くらいかかります。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-02-11 14:27 | Comments(0)

「きちんと向き合う」

 毎年、この時期になると、いろいろな報告書を書くことになります。

 以前は、書かなければならない用紙が机の上にどかっとありますから、いつも目に入ります。放っておけないから早く処理しようか、と思ったものですが、最近はパソコンが普及して電子メールで書類を処理しますから、机の上はずいぶんきれいになりました。しかし、パソコンの中にあって目に見えないものですから、何をどれくらいしなければならないか、わからないのです。そうこうするうちに忘れてしまい、あとから期限が切れてると催促される。あるいはウイルスにやられた、とか大騒ぎになる。ウイルスとはインターネット上のいたずらですが、そういうメールを受け取って適切な処置をしないと、パソコンが壊れるだけでなく、今度は自分もそのウイルス付きのメールを相手構わず勝手に送り付けるというものです。自分が壊れていくのにそれを知らないだけでなく、目に見えないところで人に迷惑を及ぼし、目に見えないところで仕事が溜っていったりする。

 私は思うのです。生活がたとえ表向きは整っていても、パソコンのように目に見えないところで重大な事態が進行していることが、私たちにはあるのではないか。人間らしく生きることができない世の中の動きを見ていると、そう思わざるを得ません。ただ気付かないから私たちは平然としていますが、実は決定的な、人間性を破壊するようなウイルスがある。聖書はそれを「罪」と言います。この罪と、しっかり向き合う生活を作らなければ、と思います。

 聖書は、こう言います「論じあおうではないか(きちんと向き合おう)、と主は言われる。たとえ、お前たちの罪が緋のようであっても、雪のように白くなることができる」。きちんと自分を見つめて、たとえ、そこに罪があっても大丈夫。神と向き合う時「罪は、雪のように白くなることができる」からです。私たちは神と自分に向き合うことを避けるのではなく、しっかり向き合っていきたいと思います。

 泉教会は、日曜日朝10時30分の礼拝に、初めてのあなたをお迎えします。ぜひ、お問合せください。教会の電話番号は 045-803-1749 です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく

※ コメントは、書き込んでいただいてから画面に反映されるまで、最大1日くらいかかります。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-02-10 23:15 | Comments(0)

「ふるさと尾根道緑道」

 足腰に不安と危機感をもつようになってから、出来るだけ毎日歩かなければと、2年くらい前から、とにかく歩く努力をするようになった。すでに手遅れであるが ^^; 。3年前に始めた旧東海道歩きは、遠くなるにしたがっていよいよ遠く、年に数回となった。こうなると、健康には何の効果もないわけで、しかも歩く「努力」は毎日するわけだが、「実際」はまったく思うようにはいかず…
 それでも月曜日は歩こう、というわけで、前回、鶴ヶ峰駅から「帷子川親水緑道」を歩いたが、今日は同じ鶴ヶ峰駅から「ふるさと尾根道緑道」に歩いてみた。
 そこに行くまで、例によって朝日新聞の「わたしの散歩道」を頼りにして出かけたのだが、これがまったくいい加減な地図で、「ゴリラ」を持って行ってよかった… 2キロくらい歩いて、「ふるさと尾根道緑道」の入り口を見つけた。こういう記述があった。「ふるさと尾根道 平成12年度都市景観大賞受賞記念」「ふるさと尾根道は、導水路敷きを中心に整備された鶴ヶ峰駅方面とズーラシアを結ぶ約1.6㎞の緑道(散策路)で、旭区グリーンロードとして多くの区民の方に親しまれています」
 今日は、孫も連れて行ったが、途中に今宿東公園というアスレチックもある森があって、孫は平坦な散歩道よりも、そちらの方を選択。娘と孫をそこに残して私たちはさらに先に進んでみた。

 住宅、マンションが迫っているが、春は、桜がきれいだろう、気持ちの良い尾根道だった。

 この道は、91歳になる母親の生家から近いことは分かっていたが、後から聞いた話では、母が子どもの頃、この道はよく歩いた道だそうだ。今は、家やマンションが立ち並んでいるところは、ずっと畑が広がっていたと。そして90年経って、山道も今は「ふるさと尾根道緑道」とかかっこいい名前がつけられ、そこを、ひ孫が歩いている。
 → 緑道

 「ゴリラ」を手にしたら、カメラを忘れ… 仕方なく携帯で撮れば、この程度… ┐(´~`)┌
わざとボカしたわけではない。
f0086426_18434168.jpg
f0086426_18435422.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ よろしく。

※ コメントは、書き込んでいただいてから画面に反映されるまで、最大1日くらいかかります。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-02-08 18:26 | Comments(0)

「泉区の観光名所」

f0086426_22373979.jpg

 今、まさに日が沈んだところである。この瞬間を撮るために、15人くらいの人と一緒になって、30分、この場所にいた… 
 お天気の良い日の夕方となると、カメラを手にしたたくさんの人が、ここに集まる。ここは、泉教会のすぐ近くにある、泉区の観光名所と私が呼んでいる場所だ。かつて東京-大阪を結ぶ航空機の夜間飛行のための「航空灯台」があった場所。それだけ高い場所だという意味である。
 私は、ここに集まる車や人も撮ろうとしてさらに1段上の道路に立っているので電線も写っているが、皆さんのいるところからは、もちろん、こんな電線は見えない。目の前には何も遮るものがない、ただ、富士山の眺望だけが開けている。
 教会からすぐ近くなので、来客があると、お天気が良いときには必ずと言ってよいほど、ここに案内する。そして、なぜだか、自分のもののように、うれしい思いでいっぱいになってこの景色をお見せする。これが泉教会がある町の景色なんですよ、と。泉教会の景色、と言うこともある。(写真の日付は間違いで、2月5日である)
 イエスさまのことも、このように紹介するわけだ。「来て、見なさい」と。

  YouTube1 観光名所
  YouTube2 サンセット

こんな場所に教会があったらいいねと、来るたび、幾度話したことだろう。今日、気づいた。まさにこの場所、まん前にある家に「売物件」と看板がかけてあった。ずいぶん前からだそうだ。だけど、50坪… う~ん、少ないか… 
→ 売り物件

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく。

※ コメントは、書き込んでいただいてから画面に反映されるまで、最大1日くらいかかります。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-02-05 22:37 | Comments(4)

初めてのYouTube 最初は、やはりこういう画像になるしかないでしょう…
YouTube

今までのデジカメの調子が良くないので、新しく買ったカメラで撮ったものである。
そのカメラとは、、、、

こ   ・   れ   ・   だ






      ワン
       ↓






      ツー
       ↓





      スリー
       ↓





f0086426_1620367.jpg (画像をクリック)








041.gif 

ほとんど「おもちゃ」レベルであるが、私には、これで十分である(光学ズームがないのが難点であるが)。写真も、500万画素で撮れ、十分すぎるくらいだ。動画の画質は、値段相応。もとより、それほど期待していなかったが、これだけ撮れれば、十分だ。手のひらにかるく収まるような小型で携帯性に優れている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
↑ よろしく

※ コメントは、書き込んでいただいてから画面に反映されるまで、最大1日くらいかかります。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-02-02 08:02 | Comments(2)

「鎌倉」

 今夜は、予報では雪だそうだ。
 しかし、昼なら大丈夫そうだ、鎌倉に行こう、というわけで「私の散歩道」(朝日新聞)でめぼしをつけておいた、「獅子舞」というところに行って来た。
 鎌倉駅から、鎌倉宮に、そしてさらに先に進んで行く。林の間の道を行くと、いかにも鎌倉らしい切り立った崖、切り通しの間を通って、山の上の天園ハイキングコースに登って行く。その途中の道が、「獅子舞」と言う、「お勧めコース」になっていた。道の脇を、清水の小さな流れがあった。その流れは、おそらく隆起した地層のためだろうか、何段もの小さな「滝」を作っていて、その脇を登っていく。雨も木になり、途中で引き返したが、ちょっとした「ハイキング気分」を味わって来た。(予報通り、若宮大路で雨、それが夜には雪になった)

 ところで、まだ車が走っている道でのこと。前から来た車が目の前で止まった。何と、乗っていたのは、教会で賛美の会を指導してくれているS*GI夫妻ではないか。何で、こんなところで?? 後ろから車が来たので、そのまますれ違ったが、驚いたねえ、どこで知った人に会うかわからないものだ、と話しながら先ほどのハイキングコースに登って行った。
 さて、鎌倉からの帰り道、降り出した雨の中をだいぶ走って、渋滞の中でのこと。あれ、前の車… そう、さっきのS*GI夫妻の車であった。こんなに多い車がある中で、まったく別行動なのに、、、 思わず、何で? あり得ない! よほど相性がいいのだろうか。
f0086426_18252747.jpg

f0086426_17474576.jpg

f0086426_18214831.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ
↑ よろしく

※ コメントは、書き込んでいただいてから画面に反映されるまで、最大1日くらいかかります。
[PR]
by rev_ushioda | 2010-02-01 17:48 | Comments(0)