今日は、品川から出発。
品川宿は、今は商店街になっている。宿場町を意識した町づくりをしていることが随所に見られる。標柱はもとより、小学校の名前も工夫を凝らしたものになっていた(写真1)。店のシャッターに浮世絵、自販機も蔵風のものがあった。
やがて、大森海岸駅を過ぎたあたりに、鈴が森刑場跡があった。ここでショッキングな江戸時代の遺物を見た。火しゃ台(写真2) ― 真ん中の穴に鉄柱を立て、罪人を縛り付け、その足元に積んだ薪に火をつけ、生きたまま焼き殺すという処刑台。そして、磔台(写真3) ― 真ん中の穴に柱を立て、罪人を磔にし、槍で刺し殺すという処刑台。残酷である。受刑者の恐怖感、苦しみは、いかばかりであろうか。もしかしたら、キリスト者もここで殉教した人がいたのではないだろうか。何よりも、主の十字架を見た思いがして、言い知れぬ思いがした。

さて、単調な道行であったが、急に自転車が増えたのが雑色駅近辺。今までとはうって変わって、前から後ろから自転車、自転車・・・ボーっと歩いていると、危ない。自転車が「わいて」くるのだ。そういえば東京のはずれということもあって、日本橋からここまで来ると、町並みも高層住宅がめっきり減り、下町の雰囲気というか、朽ちていく建物さえ目に付く。壊された建物の土台が随所にそのままになっている。開発計画があるのか、バブルがはじけて中断されたのか。

雑色駅を過ぎると、すぐに六郷橋だ(写真4)。橋の中央で、自転車で警ら中の巡査がくるりと向きを変えた。ここで、東京都から神奈川県に管轄が移るのだ。こうして、ついに多摩川を渡り、神奈川県に入った。今日の行程は、3時間半。日本橋から川崎までは、17.6キロということらしい。

写真は上から
1.小学校前
2.鈴が森刑場 火しゃ台座
3.同 磔台座
4.六郷橋から見た多摩川

f0086426_983849.jpg
f0086426_985323.jpg
f0086426_991789.jpg
f0086426_993458.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2007-04-30 21:16 | Comments(0)

「ペンキ塗り」

教会メーリングリストから。



今日のペンキ塗り、無事に、楽しく、目的を果たすことができて良かったです。
お手伝いくださった方には、本当に有難うございました。
私は、はしごの上で足をつってしまったり、ビニールを巻いたままの はけ で塗ったり、あまり役に立たなかったみたい…今日の作業は、皆さんのおかげです。
何となく手作り感のある教会になりましたね (深い意味はありません)。
とにかく、プロのペンキ屋さんの石澤さんには、お世話になりました。
ペンキから、何から、全部、捧げものです。これからもお世話になるからと。
一日では終わらないからと言って、前日も一人で塗ってくれました。
本当に嬉しいですね。
三橋さんも、今日は泉に行くと決めて(半年ぶりに?)来てくれました。
もちろん、ペンキ塗りの仕事があることを知って、…ですよね?
横須賀から2時間はかかりましたか、うれしかったです。

こうして、皆の教会が、出来上がりました。

f0086426_9261120.jpg
f0086426_9262321.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2007-04-29 15:53 | Comments(0)

「検索トップ」

Yahooで「心を聴く」を検索すると、
「気持ちを聴く、公開勉強会」が第一位。
つまり、「特定非営利活動法人 心を聴く市民ネットワーク」のページが、トップになっていた。
(Googleでは8位だった)
[PR]
by rev_ushioda | 2007-04-29 07:39 | Comments(0)

「 d=(^o^)=b 特別室」

前述の記事の補足である。

インターネットでJTBを検索、宿を探した。
「募集型企画旅行」というところに、ワンランク上ではあったが(私の通常ランクは、8,000円)
かろうじて手が届く 1泊2食11,700円という部屋があったので、今回はちょっと背伸びしてもいいだろうと思い、申し込んだ。

行ってみて驚いた。

ホテルで一番いい部屋(1室しかない特別室/和室)に案内された。
踏み込み(2畳)、次の間(6畳)、本間(15畳)、広縁(8畳のリビング)、室内に廊下まであって、その先に洗面、風呂(檜)、トイレ。並みの1軒の家よりも広いではないか。
妻と二人大感激し、泊まる部屋の中を、ぐるぐる歩きまわってしまった。
ちなみに、ネット上では12畳とあっただけである。
帰宅して通常料金を調べたら、ひとり26,000円だった w(゜o゜)w
(ホテル側の間違いってこともあるだろうか??? まさか)

こんな部屋は、人生、初めにして最後ではないか、と。
思いがけず、大当たりに大満足。
[PR]
by rev_ushioda | 2007-04-24 22:28 | Comments(1)

前任の教会の開拓の初めから、30年間変わらず、献金によって伝道を支えてくださっている方がおられる。
10年前、私が開拓に出たら、今の教会にも献金を届けてくださる。

そのご子息が、昨年、一地方教会に伝道者として就任された。

今年に入って、その先生から、祈りを必要とするメールが入った。
ずっと心に留めていたが、今回、休暇を利用して、訪問することができた。
ぶどう畑の中の教会である。
そのことで何か象徴的なものを感じていたが、まさにそこで、苦闘のゆえに祈りの1年であったと知った。
伝道者には、ヤコブのあの格闘のような、さまざまな闘いがある。
そういえば、私は伝道者としての1年目、めまいで1週間起き上がれなくなった。
つぎは、数年後に中会の責任を負った時の十二指腸潰瘍。
そんなことどもを思い出す。

この友が、遣わされた地、神のぶどう畑の中で、どうか良い実を実らせることができるようにと心から祈る。
[PR]
by rev_ushioda | 2007-04-24 22:05 | Comments(0)

「目指す地に」

礼拝の説教は、個人的なことは触れない。
しかし、困難と、健康が脅かされる仲間がいるとき、それを知らないような説教はできない。

以下、2007年4月22日の説教である。
(ヨハネによる福音書6:16-21 による一つの黙想)

同じ内容を伝えるにしても、ここでは、だいぶ簡潔に伝えている。
すると、伝えたいことが強調されている、ということです。
ここで、聖書は何を伝えたいのかと言うと、
湖の上を渡る主イエスを迎えるならば、目ざす地に着くということです。

湖が荒れ始めたのです。
この「荒れる」という言葉は、起き上がって来た、という意味です。
波が起き上がって、行く手を阻むのです。

私は、西丹沢を歩いたことがある。
雨の中、ひと山越えたところに妻を待たせ、一人で歩き始めた。
1時間くらい歩いたところにあった看板に「熊に注意」。
どのようにしたらいいのか途方に暮れた。
熊と鉢合わせし、大怪我をした、死んだ、というニュースが頭をよぎる。
生きた心地がしないとは、こういうことか。
妻はこの先にいるから、戻るわけにもいかない。
音を出せばいいことは知っているのに、
音を出せば熊に気づかれると思い、反対に、そっと歩くのです。
こうして、おそるおそる歩いて行くと、行く手で「ガサッ」。
「出たっ」・・・様子をうかがうこと数分、それは雨垂れの音だった。
雨だれの音さえ恐ろしい。

湖が荒れる。波が起き上がって行く手を阻まれるとは、そういうものです。

その時に「私だ」と呼びかける声があった、そこに、神がおられるという意味です。
その主イエスを迎えようとしたら、風はまだ止まないにもかかわらず、目的地に着いたのです。
風があっても、その風は、一瞬にして無力になったのです。

主イエスを我が神として迎える者になろう。
あなたは、確かに目指す地に着くのです。
[PR]
by rev_ushioda | 2007-04-23 09:25 | Comments(0)

国立市長選挙に出馬したカンバーランド長老教会・国立のぞみ教会会員の関口博さん(長老)が、1000票の僅差で、しかし石原都知事が応援する候補者を破り、当選した。

本当にうれしい。心から、おめでとう。

任期中は今まで以上にしっかり礼拝をまもり続け、キリストの名によって、正義を川のように流れさせるようなよき働きをされることを祈る。

f0086426_2351049.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2007-04-22 23:51 | Comments(0)

「父の涙」

今朝、ライフラインで「父の涙」を聞いた。

私は、

唐澤先生と今岡さんが、ふたりでギターを手にして泉教会で歌われた、あの時の歌がとても良かったと思っている。

歌詞

心に迫る父の悲しみ
愛するひとり子を十字架につけた
人の罪は燃える火のよう
愛を知らずに今日も過ぎていく

十字架から溢れ流れる泉
それは父の涙
十字架から溢れ流れる泉
それはイエスの愛

父が静かに見つめていたのは
愛するひとり子の傷付いた姿
人の罪をその身に背負い
「父よ彼らを赦して欲しい」と

十字架から溢れ流れる泉
それは父の涙
十字架から溢れ流れる泉
それはイエスの愛
[PR]
by rev_ushioda | 2007-04-22 08:57 | Comments(0)

「矢と歌」

H・W・ロングフェローのこの詩を覚えておきたい。
牧師のつとめのゆえに。

  私は大空に矢を放った
  矢は私の見知らぬ大地に落ちた
  飛び去る矢は余りにも早く
  その行方を追うことはできなかった

  私は大空に向かって歌を唱った
  歌は私の知らぬ大地に消えた
  その歌を追うことができるほど敏感で強力な視力を
  持つ人はいなかった

  幾多の歳月が流れ去り
  一本の樫の木に、折れずにささっている矢を見つけた
  そして、私のあの歌が
  何も変わらずそのまま、
  友の心に宿っていたのを知った

The Arrow and the Song ― H. W. Longfellow

1. I shot an arrow into the air,
It fell to earth, I knew not where;
For, so swiftly it flew, the sight
Could not follow it in its flight.

2. I breathed a song into the air.
It fell to earth I knew not where:
For who has sight so keen and strong,
That it can follow the flight of song?

3. Long, long afterward, in an oak
I found the arrow, still unbroke;
And the song, from beginning to end,
I found again in the heart of a friend.
[PR]
by rev_ushioda | 2007-04-16 19:31 | Comments(0)

「心から応援する」

国立市にある「国立のぞみ教会」会員の関口博さんが、市長選に出馬した。
22日が投票日だ。
このような時代だから、今、出馬する意義がある。
新聞を見たら、3人で争うことになるようだ。
国立市民ではないから投票はできない。
祈りつつ、見守るしかないが、ぜひ頑張ってほしいし、心から応援する。

 ↓
http://www.geocities.jp/minnatohiroshi/index.html
[PR]
by rev_ushioda | 2007-04-16 16:10 | Comments(0)