「実は20人」

教会員総会があって、事前に会員の確認を行った。
活動会員が2人減って、24人。
そのうち、転居によって不在の会員が4人。
だから、実際は20人で動いてる教会であった。

一昨年、組織自立はしたが、

教会に多くの物語は生まれているが、

まだ、何をするにも「実力」が、ない。
実力とは何か、と言われるかも知れないが・・・
[PR]
by rev_ushioda | 2007-02-24 00:24 | Comments(0)

17日の朝日新聞の「be」に、ウィキぺディアのことが書かれていた。
利用者が自由に執筆できる(しかし簡単に編集もされるが)ウィキぺディアとは、インターネット上の百科事典である。
検索してみたら、カンバーランド長老教会がなかったので(実は私の検索が下手で見つからなかっただけで、書かれたものはあったが)、さっそく書き込みをした。これで、私も百科事典の執筆者。
誰でも書き込めるというところが少々あやしいものであるが、しかし、それなりにチェックされているらしく、まあ、参考にはなりそうだ。
ノートというところを見ると、編集した人のコメントも書かれている。さっそく、だれかの編集の手が加えられていた・・・こうしてレベルアップしていく百科事典だそうだ。

リンク → ウィキぺディア

ここで「ウィキぺディア」トップページを表示させ、
調べたい言葉、たとえば「カンバーランド長老教会」と入力して
「表示」ボタンを押す。
「検索」ボタンは、関連を調べるときに使う。
[PR]
by rev_ushioda | 2007-02-20 23:21 | Comments(0)

「まだです」

心配してくださった方へのメール:

娘のことを御心配いただき、有難うございます。
今日が予定日でしたが、いまのところまったく兆候がなく、気をもんでいます。
今日出会った方が、うちの娘は初産で2週間遅れましたと・・・
それを聞いて、少し安心しましたが、一番心配しているのは、何と言っても当人でしょう。
2週間も遅れた方は、さすがにお譲さんの不安は大変なものだったとか。
出産は女性の一大事なのですね。娘の大きなおなかを見て、改めて思っています。
(妻の時は10ヶ月間ベッドの上から降りず、ましてや歩き回るということもありませんでしたから、大きなおなかの印象が私には希薄です)
娘の大きなおなかを見て、娘のことなのに、改めて、女性はすごいなあと、偉大さを感じています。
[PR]
by rev_ushioda | 2007-02-20 22:50 | Comments(0)

「円覚寺に」

思い立って、妻とふたりで北鎌倉の円覚寺に行って来た。
1282年の創建だという。
散策するのに1時間はかかるる、その広さといい、その自然景観も、また700年の歴史を感じさせる趣のある建造物といい、植栽といい、どれをとっても、やはり人を集めるだけのものがあると思った。
街中に後から建てられた多くのプロテスタント教会は、さすがに、この「趣き」にはかなわない。

境内に植えられた梅の花が満開であった。
傾いたり、幹が裂けたりして手当ても受けている、大変な老木である。
しかし、その老木に美しい花を咲かせている。
木の前では、たくさんの人がカメラを向けていた。

私たち人間も、そうありたいと思った。

北鎌倉駅から鎌倉駅まで歩き、小町通りの、すっかりリピーターになっている店で食事をして、帰って来た。

f0086426_1748389.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2007-02-12 17:32 | Comments(2)

「風邪ばかりだと」

毎年、11月頃から、おなかの具合が悪くなる。
風邪であることはもう素人でもわかる。
力が入らないままクリスマス、そして、年を越す。
これが恒例となった。
健康にひとたび不安を抱え込むと、あとは雪だるまになる。
この時期には、外部からの大事な依頼は引き受けられない、という思いになる。
無理したら風邪をこじらすのではないか、と消極的になる。
そして、7日に一度、必ず「説教」を産み出す。
その備えに、支障をきたしてはならない。
弱さを抱える人の不安な気持ちが、本当に、本当にわかる気がする。

1月が過ぎたこのごろ、ようやく、そのような不安から抜け出せそうだ。
[PR]
by rev_ushioda | 2007-02-09 12:55 | Comments(0)