「帰ってきた」

秀子さんが帰ってきた。

ほっ  (^^ゞ

田園教会で、持って行った自分の傘がわからなくなった。
そばで、唐澤先生が (ヒデコサーン) とからかっていた。
まあ、当たっているから、しかたない。
1週間前に田園教会に行こうとして、途中で (あれ、今日だっけ) と思って教会に戻ると、「来週なのに、行くって言うから変だと思った」と。
わかってたら早く言ってくれ、という感じで、方向音痴、時間音痴、ローンのことで銀行に行くにも、胃が痛くなっていた。

ほっ
ほっ
ほっ

(^^ゞ
[PR]
by rev_ushioda | 2006-06-29 21:20 | Comments(0)

「携帯電話が通じる」

ありがたいなあ、秀子さんがアメリカに持っていった、
いつもの携帯電話が、いつものように普通にダイアルして使えるよ!!
メールも普通。日本にいるのと同じだ。
さすがに発信音だけは「あ、国際だ」と感じさせる音だった。
でも、あとからよくよく調べると、日本でいつも携帯に電話する料金と(これはいつもの携帯への料金、かけた人が払う)、海外で「着信した」料金と(これは音声だと1分150円、メール着信100円だって! 受けた人が払う料金だ)この二つが、2重に請求されるらしい。
家族は、かけた人も受けた人も同じだから、家族の場合、2重に払うことになる。便利だけど、高い。
時差は14時間半。礼拝が始まる朝10時30分だと、バーミングハムにいる秀子さんは、土曜日の夕方8時だ。地球は、まわっているなあ…
[PR]
by rev_ushioda | 2006-06-18 07:28 | Comments(0)

今日、秀子さんはアメリカに出発した。
英語がしゃべれないから、不安だ。
特に今回は、大きな役割がある。
無事、つとめてきてほしい。

ところで、妻を送ったあと、さっそく、駐車場に止めた自分の車に、戻れなくなった。
どこに止めたかわからなくなった…
まだ空港内にいる妻に電話が通じて聞けたから良かったが、方向音痴の、この感覚に、毎回冷や汗だ。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-06-15 00:29 | Comments(2)

製作中

f0086426_918277.jpg


毅一さんの指導で、ただいま、懸命に共同作品に取り組んでいる。
前回は、「うちわ」であったが、今年は、「モザイク画」。
時には、ここはこうだ、ああだ、と声も大きくなるが、なかなか細かい作業に、寡黙になることもしばしばだ。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-06-10 09:21 | Comments(0)

「adoishu展」

今月30日から7月3まで、4日間、教会ではいずみ中央のテアトルフォンテで、作品展「いずみADOISHU展」を開催する。
メイン作品は、K兄の作品「風が吹いて'06」。今年の第55回創型会展(上野)で、創型会賞に輝いた作品。
地元の彫刻家の作品を地元で紹介したいというのが、この作品展開催の動機であった。
その他、ジャンル、経験を問わない、様々な作品が集められる、めずらしい作品展である。
10時~6時(最終日は4時まで)ぜひ多くの人に来てもらいたい。
「ADOISHU」 とは、何か。
AD-ZERO-ISH (ゼロ、無から) という深い意味があるが、後ろから読むと、意外と、何かわかることになっている。
[PR]
by rev_ushioda | 2006-06-07 09:47 | Comments(1)