「子どもへのお話」

クリスマス前になると、保育園でのお話を何回か依頼される。ところが、子どもへのお話は難しい。子どもの関心はすぐに他に移ってしまう。だから、集中させるのに絵を使ったり、歌を使ったり…。お話も、子どもだから簡単であればいい、というわけでもない。ポイントをどこに置くか、毎年のクリスマスのお話でも、1回1回、組み立て直している。ごまかしが効かない。説教者の力が試されているみたいだ。
そして次の日は、今度は大学生の前でのお話となる。牧師って(少なくとも私は)、そんなに器用ではないはずなのに…
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-12-05 09:51 | Comments(0)