「勝利者」

小坂忠の歌に「勝利者」がある。
今晩、日本テレビの「誰も知らない泣ける歌」で、小坂本人が出演、クリスチャンと紹介されて、この歌を歌っていた。アトランタオリンピックの女子マラソンで、脱水症状を起こし、ふらふらになりながらも、最後にゴールした選手を見て感動、この歌が作られたそうだ。

何が苦しめるのか 何が喜びを奪い去るのか
心の中にはいつでも 嵐のような戦いがある
勝利者はいつでも 苦しみ悩みながら
それでも前に向かう

君がつまずいた時 失望の波にもまれていた時
君は一人でいたんじゃない 君を支えていた誰かがいた
勝利者はいつでも 傷つき悩みながら
それでも前に向かう

どんな力も神の愛から 君を離すことなどできない

勝利者はいつでも 苦しみ悩みながら
それでも前に向かう
勝利者はいつでも 傷つき悩みながら
それでも前に向かう
それでも前に向かう

テレビを観ながら、私は、H.ヌーエンの「傷ついた癒し人」を思っていた。副題は、「苦悩する現代社会と牧会者」だ。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-10-28 22:17 | Comments(0)