「PCUSA、CPCA、そしてCPC」

きょう、さがみ野教会で牧師会があった。帰りは歩いて帰ったが、2時間半かかった。予想は2時間だったが、午後は、会場をさがみ野教会から座間市小松原まで移動したため、歩行距離は30分伸びてしまった。最近は、1時間くらい歩くのは何ともなくなった。いたって健康である。が、月曜日の牧師会のあとの2時間半は、さすがに疲れた、、かな?
それでも、歩けば、面白いものを見つける。途中、「ふれあいの森」という公園の中に、めずらしいものを見つけた。風車である。これは、明治時代、横浜の米国人の居留地で、最初は水汲み用に、その後、発電用として利用されたもので、横浜の風景と一体化していたものである。意外な発見であったが、何で、ここに?
f0086426_22185779.jpg

でも、記事としてはあまり面白くないか、と思っていたら、妻がPCUSAとか、CPCAって? とか聞いてきたものだから、これだと思って、以下、書いておこう。私たちの教会のおおまかな歴史である。
1706年、アメリカ、フィラデルフィアに最初の中会が設立された。アメリカにおける長老教会の始まりである。2006年は、それから300周年であった。

1810年、カンバーランド長老教会設立(CPC。アメリカ合衆国長老教会から分離)。来る2010年は、創立200周年である。そのときの会場になるディクソン教会の副牧師のDean Guyeから、2010年はアメリカに来てください、と言われている。24年前(1984年)、当時その教会の主任牧師であったとき、私はいろいろお世話になった方である。

1862年の奴隷解放宣言後、アフリカ系アメリカ人の人たちがCPCから独立。現在、アメリカ・カンバーランド長老教会(CPCA)と呼ばれる。と言っても、教会憲法はまったく同じ。

1906年、アメリカ合衆国長老教会とカンバーランド長老教会の部分的再合同。

ということで、アメリカ合衆国長老教会(PCUSA)、アメリカ・カンバーランド長老教会(CPCA)、カンバーランド長老教会(CPC)は、2006年には同じ時期に同じ町(アラバマ州バーミングハム)で総会会議を行い、合同プログラムも多く行われた。そういう「仲間」なのである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
Commented by 国立の巨人 at 2008-09-02 11:26 x
あの後歩いて帰られたのですか!!!!
ちょっと驚き! すごい!
来年の24時間テレビの100kmのランナー候補ですね。
Commented by at 2008-09-02 14:15 x
そうなんです、何か最近、時間さえあれば、歩くのは何でもなくなりました。○○時間も歩くのかと言うような道も、目的によっては楽しみにもなる。何事もでしょうけれど、意味付次第で苦痛になるか、楽しみになるか、面白いですね。
by rev_ushioda | 2008-09-01 22:27 | Comments(2)