「今年の8月15日に」

8月15日。今年は、この歌をもって記念の日としたいと思う。
何年か前、テレビで、明石家さんま演ずる「さとうきび畑の唄」というドラマがあった。私は、感動して、そのドラマを観た。明石家さんまの配役が、非常に良かった。そのドラマがずっと心に残っていたのだが、今日、たまたまメールで新垣勉について問い合わせがあって、調べるうちに、「さとうきび畑の唄」のページに出会った。そこに案内されていたので、ついにDVDを買ってしまった。大事にしておきたい一本となる。

さとうきび畑(作詞/作曲:寺島尚彦) 
( ↑ クリックすると音楽が流れます)

ざわわ ざわわ ざわわ/広い さとうきび畑は
ざわわ ざわわ ざわわ/風が 通りぬけるだけ
今日も 見わたすかぎりに/緑の波が うねる
夏の ひざしの中で

ざわわ ざわわ ざわわ/広い さとうきび畑は
ざわわ ざわわ ざわわ/風が 通りぬけるだけ
むかし 海の向こうから/いくさが やってきた
夏の ひざしの中で

ざわわ ざわわ ざわわ/広い さとうきび畑は
ざわわ ざわわ ざわわ/風が 通りぬけるだけ
あの日 鉄の雨にうたれ/父は 死んでいった
夏の ひざしの中で

ざわわ ざわわ ざわわ/広い さとうきび畑は
ざわわ ざわわ ざわわ/風が 通りぬけるだけ
そして 私の生れた日に/いくさの 終わりがきた
夏の ひざしの中で

ざわわ ざわわ ざわわ/広い さとうきび畑は
ざわわ ざわわ ざわわ/風が 通りぬけるだけ
風の音に とぎれて消える/母の 子守の歌
夏の ひざしの中で

ざわわ ざわわ ざわわ/広い さとうきび畑は
ざわわ ざわわ ざわわ/風が 通りぬけるだけ
知らないはずの 父の手に/だかれた夢を 見た
夏の ひざしの中で

ざわわ ざわわ ざわわ/広い さとうきび畑は
ざわわ ざわわ ざわわ/風が 通りぬけるだけ
父の声を 探しながら/たどる 畑の道
夏の ひざしの中で

ざわわ ざわわ ざわわ/広い さとうきび畑は
ざわわ ざわわ ざわわ/風が 通りぬけるだけ
お父さんと 呼んでみたい/お父さん どこにいるの
このまま 緑の波に/おぼれてしまいそう
夏の ひざしの中で

ざわわ ざわわ ざわわ/けれど さとうきび畑は
ざわわ ざわわ ざわわ/風が 通りぬけるだけ
今日も 見わたすかぎりに/緑の波が うねる
夏の ひざしの中で

ざわわ ざわわ ざわわ/忘れられない 悲しみが
ざわわ ざわわ ざわわ/波のように 押し寄せる
風よ 悲しみの歌を/海に返してほしい
夏の ひざしの中で

ざわわ ざわわ ざわわ/広い さとうきび畑は
ざわわ ざわわ ざわわ/この悲しみは 消えない


この歌について、新垣勉さんがコンサートでお話したのをまとめられた人がいて、ネットに掲載していたので、紹介したいと思う。 ここ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-08-15 20:17 | Comments(0)