「総会近づく」

総会がいよいよ近づいた。連日のようにガイドブックの印刷、プログラムの印刷等、大量印刷が続いている。私は記録担当なので、私自身がビデオ、写真を撮ったりするわけではないが、奉仕してくださる方々に細かい連絡が必要だ。この、細かい連絡が、結構大変なのだ。そして、日曜日に海外のゲストを6名、お迎えするので、英語で式次第、説教要旨を準備する。ホームステイの手配も…
今週と来週は、泉教会の定例集会をすべて、休みとした。2週間、教会は活動を停止し、総会に向けて全力投球する。1810年以来、200年間で初めて、アメリカ以外でもたれる総会だ。できるだけのことはしたいと思う。

次の礼拝説教…使徒言行録13:1-3

 アンティオキアで教会を生み出したのは、迫害が原因で不本意にも散らされた人々でした。その人たちが、散らされた先で伝道し、そこに教会をつくり、そしてその教会が、さらに次の新たな伝道のため神から召されていったのです。
 迫害を逃れたアンティオキアの人たちは、もう嫌な目に遭わないで済む。苦労しなくてもよい。ようやく落ち着き所を得たと思った。しかし、教会がまだ整っていないのではないかと思うような時機にも、自分たちにとって大事な教師を次の働きのために送り出すのです。
 こうして送り出されたサウロは、その後マケドニアに立ち、そこから当時の世界の中心地であったローマ、さらに西に向かってイスパニア(スぺイン)にまで、伝道の思いを広げていました。彼は、世界の中心地さえも相対化した視野を持っていたのです。これが、教会の姿でした。教会の思いは、人がここまでと言っている範囲よりもずっと先にあるのです。
 アンティオキアの教会は、二人を、聖霊が告げたように「出発させた」(別訳「解放した」)。自分たちのところに(自分たちの思いの中に)、二人を閉じ込めておかなかった。二人を解放したのです! 何よりも、自分たちの思いをこそ、解放したということでしょう。
 教会は、自分たちを、世界に向かって出発させるところなのです。2008年総会(GA)もまた、然り。この総会から私たちは、新しい視野を持って、出発するのです。その時を、今、迎える。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-06-04 23:30 | Comments(0)