「婚約式」(説教要約)

何ヶ月かすれば、ふたりは結婚するでしょうが、結婚とは、今まで全く違って生きて来たふたりが、一つになって社会の中で責任を共に果たして行くことです。結婚とは、言うまでもなく、ふたりで一つになるということです。一人で、がむしゃらにできたことも、そうできないということも多くなってきます。逆に、一人でできなかったことが、ふたりだからできる(できることを期待される)ということも、結婚には起って来ます。ですから、ぺースが今までと全く違って来るということです。
そのための準備期間が、婚約期間となります。この婚約期間に、違うぺースを自分たちの中に取り入れる訓練を、誠実にしていただきたいと思います。何が違うのか。違うものをどのように受け止めて行くのか。この作業をおろそかにすると、生涯、取り返しのつかないことにもなりかねません。しっかりと自分たちの違いと、向き合って行きたいと思います。

この準備期間を考えるために、今日は一個所、聖書を開きました。ふたりにとって大事だと思われることを、この聖書の個所から2つ、申し上げておきたいと思います。創世記2:18―24

「父母を離れ」

婚約期間は、離れる訓練の時だということです。親から、家から精神的に離れることができるか、ということです。いわゆる「親離れ」と言われるものです。一つの新しい家庭を準備する時に、今までのように親に依存した状態から、ここからは、独り立ちできるかということです。これは物理的にではなく、精神的、情緒的な意味で言っています。たとえ「同居」という現実があったとしても、精神的にはきちんと独り立ちしているということです。それを聖書では、「父母を離れ」と書いてあります。
今まで親子の関係で持ってきたつながり、甘えは、結婚を境に大きな変化が出て来るわけです。
夫婦は、何より一番大切なものを共有する単位です。今まで親子の間にあった安心感、喜び、悲しみの時の慰め、これらはみな、結婚する以上、今後は夫婦の中でこそ育てられ、成長して行くことになります。それができないと、夫婦はいつまでもひとつになれません。何かあったら、いつも親に頼るようでは、社会のひとつの単位とは言えなくなります。何かあったとき、そこでこそふたりで向き合って行くのです。大人になるということは、ある意味で退路を断つという厳しさも併せ持っているということを知らなければなりません。ふたりは、今までのような甘えや、依存心を持って両親に期待すべきではありません。ふたりは、両親から精神的に、情緒的にも離れるのです。そうしてこそ、精神的に自分の足で立った時にこそ、逆に今までの家としっかりと向き合うことができるようになるでしょう。婚約の期間に、ふたりはしっかりと大人になる訓練をして、こうして結婚に備えていただきたい。

「結ばれ、ふたりは一体となる」

これは、結び合う訓練です。もともと別個の人格が、結婚によって一体となる、と言われているのです。そのために必要なのは、ふたりが「なぜこの人と一緒になるのか」という十分な理解ができていることが大切なことになります。好きだから一緒になるというのは、すばらしいように見えますが、しかし、それではだめなのです。なぜなら、感情はいつも変化するからです。好きだからというのは、好きでなくなった時、あるいは、お互いに嫌なところが見えてきた時、結婚の理由がなくなってしまいます。
なぜこの人と結婚するのか、という問いに、主体的に意思をもって答えられないなら、結婚はできません。好きという感情では、式はできても、結婚はできません。なぜこの人なのか、この人をなぜ生涯の伴侶とするのか、繰り返し繰り返し、この婚約期間に、しっかり自分に問うてください。聖書では、なくてならないふたりとして、自分たちではない第三者、創造者によって結び合わされたのだと、示唆されています。参考にしていただきたい事です。

離れる訓練、結び合う訓練について考えてみました。最後に、婚約は「結婚ではない」ことを注意しておきたいと思います。
つい最近、教会の外壁のペンキ塗りを自分たちで、しました。私は、その日に教会に来たらすぐ、ペンキが塗れるものと思っていました。ところが、その考えは甘かった。まず、養生をしなければならない。窓枠や、その他、ペンキがついてはいけない場所、いたるところにテーピングします。そして植木には、シートをかぶせます。これで半日。その後、ペンキを定着させるシーラーという液体を塗ります。そして初めて、ペンキが塗れるという訳ですが、それは2日目でした。そういう下準備をしないと、形としては塗れたように見えても、まったく長続きしないそうです。準備が大事なのです。よい準備は、良い結果を残します。婚約期間の過ごし方も同じでしょう。
準備ができるというのは、大人のすることです。婚約者としてふさわしく、この期間を過ごしていただきたいと思います。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-05-19 23:37 | Comments(0)