「りつ子先生、御結婚おめでとう」

東久留米にあった神学校で一級下だったりつ子先生は、ウイクリフ聖書翻訳協会からフィリピンに派遣され、今日まで27年間、聖書翻訳に献身された。
時には危険な地域でおひとりであることがずっと気になっていたが、今日の「便り」で、この三月に結婚されたとあった。長年にわたる祈りの友人であった牧師夫妻の奥さまの方が、去年、突然亡くなり、その後の祈りのなかで、残されたこの方との結婚への思いに導かれたそうだ。
それこそ、数知れない、いろいろな出会いの中から、今、こうして導かれたことである。パレハ・Y・りつ子先生に与えられた新しい環境を心から祝福したいと思う。本当におめでとう!038.gif
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-04-09 14:42 | Comments(0)