「牧会30年」

この3月で、私は最初の任地(座間市、栗原伝道所)に立ってから、満30年になる。30年か・・・感慨深いものがある。栗原伝道所は浜崎牧師が開拓され、2年目を過ぎたところだった。古い借家で伝道していた。はす向かいの肉屋から買ってきてくださった「豚漬け」を、「これおいしいのよ」と、お連れ合いのS姉。神学校を卒業してこれから現場に立とうとする私たち夫婦にお昼を振舞ってくれたその味を、今も忘れない。お子さんがまだ小さく、「おしっこ」と言うとS姉はトイレに連れて行く。「会堂は、だれもいなくなるんです。壁に向かって説教するのです」と。ああ、ここに遣わされるのだと、帰り道、歩道橋の上から古びた借家を振り返った。右も左もわからず飛び出していったその秋、めまいで3日間、床に伏した。疲労だった。次の年の3月、牧師任職。借家は狭いので、近くの幼稚園を会場としてお借りした。説教者の朝山牧師がなかなか到着せず、待つ間、奏楽者にずっとピアノを弾いていてもらった・・・
今回、牧会30年を記念?して、4日間の休暇をいただいた。東海道を2日、その後、娘たちからもらった一泊の温泉旅行に、この機会に行くことにした。東海道は、この時に、ちょうど富士にかかるように調整した。そこで矢野先生のお宅(今度の礼拝で伝道所の幕を引くので、あとは「お宅」になる)に、お世話になることにした。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へにほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
[PR]
Commented by 国立の巨人 at 2008-03-29 14:55 x
牧会30年ですか!
私もちょうどさっき説教者として丸4年がたつことをブログに書いたばかりでした。

こういう時ってなんて言葉をかけるのがふさわしんでしょうね^^

よい旅となりますように!
Commented by rev_ushioda at 2008-03-29 19:34
何て言われたら、いいんでしょうねえ。
年数だけは経ちましたが、さあ、ぼちぼちこれからかな、という気持ちです。
しかし、体のほうは気持ちに反比例で、あちこち不具合発生してます。
とりあえず、旅(温泉)ですね。
by rev_ushioda | 2008-03-29 09:36 | Comments(2)