「きょうの教会の様子」

礼拝に来た人の手に小さな箱があった。昨日、飼っていたペレットが死んだので、今日、火葬するのだと言う。そうだったのか、ずいぶんかわいがっていたものね。
病気になって、もの言えないペレットの痛みを我がことのように感じてきた家族であった。入院もさせてきた。親戚の方が入退院を繰り返していた時だったので、入院した話を、てっきり、その人のことと思って聞いていたら、ペレットのことだった。
かわいがっていた動物がいなくなって、元気に動き回っていた頃のことを想い起こすと、突き上げてくるものを感じる。わが家の犬は、いまだに埋葬できないままだ。人間は、悲しむものなのだ。神さまが動物を創造されたのは、人間が人間になるためのことだったのだろう・・・

f0086426_11595086.jpg今日の礼拝に、沖縄からS兄が帰ってきた。中学校を卒業して、今度、入学する高校は、広島だ。少し近くなるが、それでも遠い。そこを選んだのは、将来の進路のためだ。志を高く持てるのも、私たちが人間だから。久しぶりに子どもたちがそろった写真。この子どもたちは、教会の未来を築く子どもたちだ。

そしてまた、今日は、3月で閉じられることになっている静岡県にある富士峰山伝道所の礼拝に、泉教会から3人を送った。仲間の教会として、Y牧師夫妻にねぎらいの言葉をかけたかった。妻も同行したので、奏楽者がいなくなった泉教会は、ヒムプレーヤーのお世話になったが、これは、使い方次第でかなりの威力を発揮する。使い方、というのは、もう「奏楽」のレベルである。奏楽者に私の名前を書けばよかった・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
[PR]
by rev_ushioda | 2008-03-16 22:10 | Comments(0)