「平和に帰りなさい」

今の、この時期は、その日暮らしみたいな感じだ。一日一日を、やっとこなしている。外部でのお話(YMCAいずみ保育園での連続4回のお話、および宮の台幼稚園でのお話)。昨日は、泉区民クリスマス(私の担当は総務で、実質、実行委員長)、そして、今日、アドベント第四主日礼拝であった。ここで転入、洗礼式があった。そして、明日の、クリスマス礼拝と続く。明日まで、何とか明日まで、とやってきた。
そういう中で、今日の転入会、洗礼は、大いに慰めと希望を与えられた。一人はインターネットでの出会いであり、もう一人は英会話の案内を通しての出会いであった。出会いの不思議さを思う。私も、チラシで教会に導かれた人間である。それが、いつか神を信じ、キリストに従う者となる。人間らしい生き方へ出発する。二人のうち一人は、今は転居先から2時間もかけて来られる。それでも、この教会での洗礼となった。洗礼名は「アビガイル」、出典は「平和に帰りなさい」という旧約聖書の言葉。たとえ、「その日暮らし」のような人生であったとしても、あろうとも、そのような言葉で出発できる人生は、何という恵みか。
[PR]
by rev_ushioda | 2007-12-23 21:48 | Comments(0)