「上か、下か」

先日の教会の会議で、福祉を学ぶことができる大学のパンフレットが配られた。そこに「ひとつ上の介護福祉士を目指すなら…」というように書かれていた。デイサービス事業を準備中のS牧師は、それを受けて、自分は「ひとつ下の介護」を目指したいと言われた。思い付きで反骨的に言った言葉ではなく、日ごろから言われていた彼のスタンスだと思った。
私は、それは彼一人のものだろうかと、聞いていて思った。聖書を読む者は、どちらなのか。そのパンフレットの言わんとする文脈を抜きにして、その言葉だけで云々することは適切ではないが、上とか下とかの発想は、本質にかかわることだと思った。それにしても、うかうかすると私たちは簡単に「上」と言っている。「降りていく生き方」という本があったが、北海道浦河町のキリスト教会の取り組みをレポートした本であった…
[PR]
by rev_ushioda | 2007-11-25 07:32 | Comments(0)