「新しいものが生じた」

「…また思うように進まず」と言われる方に、次のように返事を差し上げた。

そうですか。私は、K兄の作品(下に写真を添付 「風の舞台Ⅱ」)を見て、結構、「足踏み」を大事にしているんだなあと感じます。私がそう感じるのであって、本人はそうではないかも知れません。しかし、やはり時々、マンネリなんて言われることもあったらしいのですが、今回も大賞を取った後、去年からの作品はずっと同じイメージですよね。しかし、同じ作風にしても今回は陶器にしてみたり…。それで、次のチャンスを狙っていく。すごいと思います。
思うように進まないでも、素材を変える。わかりますか?内側を神さまのものにしてしまえば、外側が同じであっても、思うように進まないでも、何かが変わるのです。いえ、もう、変わり始めているのです。

「(K兄の作品を見て)『創造する』ということを考えさせられますよね。」

おっしゃる通りです。洗礼は、神さまの創造なのです。コリントの信徒への手紙二、5章17節。「キリストと結ばれる人はだれでも、新しく創造された者なのです。古いものは過ぎ去り、新しいものが生じた」。

祝福がありますように。
f0086426_16251232.jpg

[PR]
by rev_ushioda | 2007-11-19 16:25 | Comments(0)