「最期の時を共に」

○○さん
祈りをお伝えしようと気になりつつ、日が過ぎていました。
こちらのことは、どうぞ気になさらないでください。大変な中をお過ごしですから、ぜひ今は、ふたりの時を大事になさってください。きっと、今までのなかで最高の時間を共にされているに違いないと、そのように思っています。どうぞ、御主人が寂しくないようによく寄り添ってあげてください。また、主がそこにおられて、最善をなしてくださるでしょう。希望の明日を生きるために。

主の平和
[PR]
by rev_ushioda | 2007-05-25 18:00 | Comments(0)